Spotifyの2018年まとめ機能が面白い

28日に無事に仕事も納まりまして、ようやっと冬休みに突入しました!
解放感すごすぎて飛んで行ってしまいそうなので、すぐに掃除の続きをしています。いらない雑誌や空き箱とか片づけてスッキリ爽快、一仕事終えたあとのチャイも美味しいですね。

Spotifyの2018年まとめについて!

Spotify(Premiumだけなのかな?)では今年に聴いた曲のまとめを作成してくれる、面白い機能がありまして、(場所は Browse >> ジャンル&気分 >> 2018まとめ)こちらから画面に従って操作していくと、自分の聴いた曲TOP10だったり、
ジャンルなどの統計が自動的に作成されます。

今年一番最初に発見したアーティスト

やはり美人のジャケットに弱いみたい。

今年Spotifyで再生した時間

再生した時間の単位はminなのかな?

トップアーティスト

やっぱり、今年はこの人たち。再生時間にして21時間聴いてました。

トップアーティスト、トップソング、トップジャンル

こういうの知りたかった。ジャンルはインディー>>ロック>>ポップとのこと。For Trace Hydeに次いで揺らぎはもっと聴いていると思ったけど、曲の数が少ないせいかランクが下に。あと、MGMTはかなり聴いていた記憶があります。

冒険プレイリスト

冒険ということでさっそく試して聴いておりますが、これ面白いですね。自分にピッタリな曲ばかりで新鮮に驚いた。

2018まとめ

Spotify2018まとめは、モーショングラフィックで動くので見ているだけでも面白い。最後にはSNSシェア用の画面が出てくる。そういえばLast.FMを全然使っていないことを思い出したけど、似たような機能があったような。

今年は邦楽も結構聴いていたけど、Tricotとかも良かったし、2019年はもっといろんな曲を聴いてみたいと思います。そしてライブにももっと行けるようにしたい。

というわけで、まとまりがないですが、これが今年最後の投稿です。一年間ありがとうございました!皆様も良いお年をお迎えくださいませ。飲んで、食べて、笑って楽しく過ごしましょう!

Spotifyついに日本でサービスイン!

spotify

ついに、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が日本でサービスを開始しました!とはいえ、現在は招待コードが届いた人限定です。私はすぐに届いたのですがUSアカウントだったので日本に切り替え申請中です。なので利用レポートは少々お待ちください。

Spotifyの日本でのサービス開始はもうすぐ!?

spotify

Spotifyが日本のイベントにスポンサー参加 & API提供開始!

2月17日から5日間、東京を含む世界8都市で開催される「ソーシャルメディア・ウィーク」において、あのSpotifyがスポンサーとして参加。しかもSpotifyのAPIを提供するんだとか。正式なアナウンスはないけれど、これは日本でのサービスインを念頭に置いたアクションだと思われるのですが・・・真相やいかに!?

サイトでは現在準備中となっているが・・・!?

以前から、上陸間近と噂されてはいるのですが、昨年は全く進展もなく。iTunes Radio & Music Matchもそうですが、せめて北米地域のサービスインから一年後くらいでなんとかならないでしょうかねぇ。権利関係が複雑だったり、コンテンツ保護で慎重になるのはわかりますが、音楽産業も成長鈍化している昨今、流通形態の多様化や、新規音楽ファン獲得へのアプローチは不可避ですよね?なんて、偉そうに言っちゃいますけど・・・本当にお願いしますっ!m(__)m

Spotifyで音楽の新時代が切り開けるか?

Spotifyは無料で懐かしの曲から最新曲まで数百万曲が無料で聞けるだけでなく、ミュージシャンのライブチケットやグッズも買えたり、知り合いのライブラリをシェアしたり、SNSで共有したり、音楽への興味関心が高まり、エンゲージメントが高まることは間違いないと思います。現在の市場環境で一番問題なのは、若者が音楽自体への興味関心が薄らいできていること。SpotifiyやiTuenes Radioのストリーミングにより視聴者層が拡大していけば、ライブに行ってみよう、パッケージや配信で購入してみようという次なるアクションが期待できます。音楽はもっと身近な存在であるべきなんです!

音楽配信サービス「Spotify」

今注目の音楽配信サービス「Spotify」

Spotify(スポティファイ)をご存知でしょうか?AppleのiTunesの対抗馬として、今最も注目されているクラウドタイプ音楽配信サービスで、1600万曲の楽曲を無料で聞くことが出来ます。現在はヨーロッパ12カ国とアメリカの合計13カ国でサービスを展開中で、PC、Mac、スマホで利用可能。※日本でもサービス開始といわれていますが、現在は利用できません。

サービスプランは以下の3つ

  • Free・・・半年間は聞き放題で利用可能(広告あり)その後は月20時間まで。
  • Unlimited・・・広告、利用時間の制限なし。(4.99ドル)
  • Premium ・・・スマホ(※)での利用可能。データの保存が可能(月額9.99ドル)

無料の聞き放題は半年間のみ、その後は利用の制限があります。Premiumプランはスマートフォンでも利用が出来るようになります。※Spotifyはストリーミングのようなサービスで、基本的には専用プレイヤーでしか再生できません。

Spotifyは単なる配信サービスならず!?

Spotifyは単なるジュークボックスではなく、音楽SNS機能があります。これは、自分がフォローしている人や、Facebookフレンドの詳細ページで、その人のお気に入り曲や、プレイリスト、その人がシェアしているプレイリストなどが見ることが出来ます。SpotifyのアカウントはFacebookと連動しているので、再生中の曲をシェアすることもできます。音楽の新しい発見にピッタリの機能ですね。そして、気になるあの人のプレイリストで音楽の趣味をチェックしたりできます(笑)

音楽アプリでカスタマイズ!

さて、もう一つ。Spotifyの大きな特徴として、音楽アプリケーションが挙げられます。これは「App Finder」に登録されているアプリケーションをインストールしてSpotifyの機能を拡張するというもので、今のフィーリングやムードに合わせた曲をサジェストするアプリや、再生中の曲の歌詞をカラオケのように表示するアプリなど色々あります。なんと、あのLast.fmがSpotifyに音楽をレコメンデーションするアプリを用意していたりします。さらに、企業とコラボしたアプリもどんどん増える模様。

今年は熱くなりそうな音楽配信

かなり面白そうなSpotifyではありますが、日本の展開がいつ頃になるかが気になります。なぜなら、SONYの「Muisic Unlimited」や、Appleの「iTunes Match」も今年、サービスをローンチする予定と言われているからです。プラットフォームとして最強のAppleと、音楽出版で世界最大となったSONY、急成長のSpotifyの今後の行方が楽しみですね!