益子の陶器市

土曜日は益子の陶器市と、友人の相馬君の個展に行ってきました。

今回は真岡鉄道のSL機関車に初乗車。下館から益子まで30分ほど乗車したのですが、線路の振動、汽笛の音、風にたなびく煙。ゆったりと進む汽車の行く先々では線路脇のお子さん連れの家族が手を振ってくれたり、楽しいひと時でした。計器類がいっぱいの機関室はメカ好きにはたまらないですね。

益子に到着し、すぐに友人の相馬君の個展へと向かう。彼は靴や鞄を作る作家で、手作業の温もりを感じる個性的な作品を作る。どの作品にも、物をいつまでも大切に使い続ける彼の精神が宿っているようです。残念ながら館内は撮影禁止とのことだったので彼の愛車のバイクだけ撮影。稲穂が飾られているのが何気にお洒落だなと思ったが、これは彼が実際に収穫したものなんだとか。

さて、お次は陶器市。先日、つくばのクラフトフェアに出店していて、素敵な作品を作る作家さんが陶器市に出店しているとのことで見に行きました。素敵な器がいっぱいで目移りしてしまう。初日は相当混雑していたようですが、土曜日は比較的空いていたようです。ブラブラと散策しながら直感的に気になったものを手にとって品定め。娘にご飯茶碗を購入。

その足でふらっとstarnetを覗いて、きた道を戻りながら陶器探しのテント巡り。結構歩いた!疲れたのでクラフトビールを飲んで一休み。帰りは高速バスに乗って帰りました。バスは益子と秋葉原間を二時間半。寝て帰れるので楽チンですね。

陶器市、充実した一日でした。普段、私たちは誰かがセレクトしたもの、お薦めされたものを買うことに慣れてしまっているけど、物の価値は自分で決めることって大切だなって最近はつくづく思います。自分の審美眼を頼りに物を選ぶことはすごく難しいですけどね。時には失敗もしながら素敵な出会いを楽しみたいと思います。

Pocket

相馬くんのレザークッション届いた

昨年の展示会で注文した相馬紳二郎くんのレザークッションが到着。1年待ちと言ってたけど、本当にその通りだった。展示会で一目惚れしたこのクッションが自分の手元にやってきて、とにかくうれしいです。

なめした革の匂いが好き。
どんな色に変化していくか楽しみ。
背面は滑らないように裏皮を使用しています。

サイズとか相談して決めたんですけど、ピッタリでした。市販のクッションだと柔らかすぎるのですが、このレザークッションは沈まないのがとても良いです。毎日使う道具だからこそ、日々、愛情を込めて大切に使って行きたいと思います。

2011-09-25 相馬くんの名刺入れが届いた
2011-08-06 相馬くんとの再会

Pocket

相馬くんの名刺入れが届いた

先日、相馬くんの展示会で注文した「名刺入れ」が完成し、昨日無事に届きました。(ポストに入っていたので気がつくのが遅くなったかも)

アシンメトリーなデザインが気に入ってます。ヌメ革、グリーンの染革のコンビが可愛らしいですね。縫製は手縫いなのですが、しっかりと丁寧に仕上がっています。

相馬くんの作品にはどれも、相馬くんのアイコンが焼印されています。

彼の作った作品と一緒に手紙も入っておりました。温かい文面にほっこりとした気持に。いろいろと他人を気遣う彼は昔から優しくて、真っ直ぐです。これからも自分の信じた道を真っ直ぐに進んでね。ささやかではありますが、応援しております。

Pocket

相馬くんとの再会

今日は学生時代の友人、相馬紳二郎くんが出展する「くつくつくつく2」に行ってきました。場所は大江戸線勝どき駅より徒歩2分のところにある倉庫。キッズルームもあるのでお子様連れでもOK。喫茶コーナー「八百コーヒー店」が併設されていてくつろげますよ。

続きを読む 相馬くんとの再会

Pocket

くつくつくつく2

我が友、相馬紳二郎くんが参加する展示会。勝手に宣伝しちゃう。
第二回、靴作家4人による受注・販売・大展覧会「くつくつくつく2」

作業場は物が満ちている。頭の中は、命題でみちている。
足の事、デザインの事、材料の事、技法の事、修理について、販路について、納期について、お客様の事、仲間の事、家族の事、自身の事、時代の事、住みかの事、景色の事、美について、4人展について、考えすぎだとか、考えねばとか。
都度々々向き合い、一歩々々進めていくうちに、なんと次の座標軸が現れた。それぞれが作ったのは靴。それは今日につながる解の最上部。
靴とそれを取りまく暮らしからの命題に向き合った4人の靴作家が、2004年から7年を経て再び展覧会を開く。

2011年 8/6 (土)・7(日)・8(月)
AM11:00〜PM20:00

公式HP:くつくつくつく2

Pocket