FUJIROCK 2018行ってきました/ 28日(土)

7月28日(土)、29日(日)とFUJIROCKに行ってきました。

台風12号が本州上陸するということで、フジロックに直撃する不安もありましたが、金曜日のニュースでは進路を大きく西に向けていくという予報を見て、腹をくくって出発です。ていうか雨風ぐらいではフジロックでは当たり前なのだ!(無理すんな)

というか、仕事の鬱憤をはらすのはライブしかないだろ的な。(みんなもそうだろ)

7月28日(土)

土曜日の朝、東京では少しずつ雨が強まっていましたが、新幹線で越後湯沢に近づくにつれ雨雲もなく晴れていました。いつものようにシャトルバスに乗り込み、会場に到着後は速攻でパエリアおじいいちゃんの店でパエリアとソーセージをたいらげて、サングリア&ピニャコラータでテンションを上げてから、会場を見て回ります。

まずはホワイトステージの「ESNE BELTZA」から。スペイン・バスク出身のお祭り系バンドです。暑苦しいおじさんたち(失礼!でも大好き)の熱唱、ときおりブブゼラでにぎやか。「モリガ!モリガ!パエリア!」最後はみんなで肩組んで熱唱みたいなかんじで楽しかったです。

そのあと、フィールド・オブ・ヘブンにて「RANCHO APARTE」というコロンビア出身のこれまたお祭り集団のライブへ。カルディ・コーヒーファームに行ったら店内で流れてそうなユルーい南アメリカのラテンな雰囲気。観客も楽しそうにゆらゆら踊りながら盛り上がってました。Youtubeで彼らの演奏みたけど、普通の人たちすぎて大好きになりました。

昼過ぎは天気も良くてかなり蒸し暑い中、フィールド・オブ・ヘブンからさらに奥の方へと向かいます。アンフェアーグラウンド見て回り、熱気ムンムンのテントの中で「The Pyratrix Circus」ショーを見たり。Cafe De Parisでアイスを食べて一休み。

そして、夕方はセカンド・アルバムが出たばかり、今回はフジロックで会えるのを楽しみにしていたD.A.Nに備えます。彼らも待望のレッドマーキーでのプレイということもあって、相当気合を入れて挑んでいたようですね。演奏開始するとレッドマーキーに洗練されたシャープな雰囲気が漂ってめちゃくちゃカッコよかったと思います。ただもう少し野外ライブ向けのアレンジがあっても良いかもしれない。(余計なことだけどもう少しMCあっても良いかも)完璧すぎるのが物足りない気がした。

グリーンステージのケンドリック・ラマーも気になってたけど、今日は一番の目当てであるMGMTがあるので、レッドマーキーに籠って待機。そのあと台風の影響で土砂降りになってきましたが、屋根つきステージにいて濡れることはありませんでした。

さて、MGMTですが、4年ぶりとあって開始前から楽しみが120%。ステージには観葉植物にギリシャ神殿風な柱とかが立ち並び、怪しい雰囲気が漂っています。周りの人たちも開演前から楽しそうに待機していて、このバンドに対する期待度の高さがうかがえます。(酔っぱらいの外人も多いけど!)

そして開演となり、アンドリュー&ベンとバンドのメンバーが入場するとひときわ大きな歓声。「Of Moons, Birds & Monsters」からスタート。その後もおなじみのキラーチューンの連続でbe happy。「Electric Feel」からの「Me And Michael」そして「Kids」という強力なコンボでノックダウン。MGMTのフジロックのセットリストはこちら。観客も盛り上がり方がしっかりわかっていて素晴らしいよね。アンドリューがエアロバイクに乗って歌ったり、グロ可愛くて意味不明だけどMGMTのライブでは大切な構成要素なVJとか。相変わらず無心で踊れる楽しいライブでした。

幸せな時間はあっという間に過ぎてしまったけど、ライブが終わったらあんなに激しく振っていた雨も上がっていて、観客もびっくりな展開。MGMT大満足。

そんなわけで、土曜日のフジロックは終了。会場で軽く夕飯を食べて、温泉に入ってくつろぐことにしました。

さて、ここでフジロックのプチお得情報ですが、ほとんどの店舗がsuica、楽天edyなどの電子マネーに対応していて食事などの買い物で財布や現金を出したりしまったりすることがなくなって便利すぎ。(iPhoneでピッってやるだけ)

さらに、ID、QuickPayに登録している人は苗場食堂付近にあるテントでモバイルバッテリーが2時間借りられます。これおすすめです。

29日(日)編に続く。

MGMTの新アルバム「Little Dark Age」の評判が良くてホッとしました

MGMTの真骨頂、おサイケポップな一枚が完成

MGMTの新しいアルバム「Little Dark Age」やっと出た!2年間の活動休止から復帰して、新アルバム制作に取りかかったと聞いたときは嬉しかったけど、予定よりかなり遅れていたのでホッとした気持ち。

アルバム制作中に先行発表された新曲「Little Dark Age」ですが、なんとなくMVなどから、今回のMGMTはポップさを封印してダークネスな方向に進むのかなとも思ったけど(それはそれで良いけど)蓋を開けてみたら予想外にポップでキャッチーな曲が多くて、かなりサイケデリックで、MGMTってやっぱり面白いなぁという一枚に仕上がってました。原点回帰なのか、新しい境地なのかわからないけど、まさに、「こう来たか!?」ってかんじ。

MGMTの方向性についてはアルバムが出るたびに賛否両論あるけれど、まさしく彼らは本物のアーティスト(芸術肌)ですね。ポップなのにトレンドの音とか取り入れないですしね。わざと時代を外した感じが面白い。

MGMTが再び動き始める!

2014のツアー以降目立った活動をしていなかったMGMT。2016年再始動といわれていたのですが何もなくて、もう、バンドでの活動飽きちゃったのかと思っていたら、春先に突如再始動のメールが。ワクワクしていたら、先日、新しいアルバム「Little Dark Age」のリリースが発表されました。すでにライブでは新曲も披露され、Soundcloudに音源がアップされていました。

もうレコーディングは終了していて最後の編集段階とのことなので発売も間近のようです。またまたサイケでダークでポップな内容なんでしょうね~。前回のアルバム「MGMT」は否定的な反応も多かったみたいだけど、個人的には「Alien Days」や、「Cool Song No.2」のように良曲も多かったし大好きでした。MGMTはちょっと外しちゃったなぐらいが良いんですよ。今から楽しみ!

MGMTのライブに行ってきた!

写真2

MGMTのライブに行ってきました。まだ興奮が覚めやらず、フワフワと余韻に浸りながらブログを書いておりますが、いやいや、本当に良かったー。

前座のバンドの演奏で、寝ていた体を無理やり起こされたような状態になりましたが、MGMTのライブが始まって、いきなり1曲めから「Congratulations」とかヤバすぎでしょう?その後、続けざまに「Time to Pretend」がきてテンションアップ。ここちの良いメロディにすっかり気分が良くなりました。自分の好きな曲「Electric Feel」では没入して踊ってました。

極めつけは「Kids」でしたね。長い長い間奏パートから大きく盛り上がり、皆が一体になった瞬間は最高でした。(同行者が間奏パートで、手を下ろすタイミングを失って、ずっと頑張っていたのが可愛らしかったw)そして、ラストは「Your Life is a Lie」だったのですが、カウベルを叩く権利を獲得した女の子がステージに登場し、皆で鐘の音にあわせて腕を挙げたり踊ったり。本当に、あっというまの2時間でした。

それにしても、イケメンのアンドリューのせいなのか、女子が多いライブでしたが、美人な外人モデル集団やアメリカンハイスクール的な若い外国人グループも多かったように思います。

ちなみに東京公演のセットリストはこんなかんじ。

  1. CONGRATURATIONS
  2. TIME TO PRETEND
  3. COOL SONG NO.2
  4. FLASH DELIRIUM
  5. THE YOUTH
  6. OF MOONS, BIRDS AND MONSTERS
  7. INTROSPECTION
  8. WEEKEND WARS
  9. SIBERIAN BREAKS
  10. ELECTRIC FEEL
  11. MYSTERY DISEASE
  12. KIDS
  13. ALIEN DAYS
  14. YOUR LIFE IS A LIE

Jack JohnsonとMGMTの新しいアルバム出た!

待望のJack Johnsonの新作は全編アコースティック!

Jack JohnsonはiTunesでも早速チャート1位に君臨しております。先日のiTunes Festivalのライブもめちゃくちゃ良かったですよ。本作品は全編にわたりアコースティックの落ち着いた雰囲気の曲ばかり。間違いなく名盤となる予感!

 

MGMTの渾身のセルフタイトルの3rdアルバム!

なんといってもセルフタイトルのアルバムですからね。全編に渡ってMGMTらしいアナーキーでポップなサウンドが満載!一度聴いただけだと?ってな曲なところがMGMTらしい(笑)

 

Your Life Is A Lie – MGMT

もうすぐリリース予定の新アルバムより。公式HPにはPre order now!とあるのだけど、日本だとまだダメみたい。しかたがないのでVEVOの動画で憂さ晴らします。

しかし、この曲、ジワジワくるね!映像がサブリミナル。

http://www.whoismgmt.com/us/ylial

MGMTの新アルバム発売は9/17

MGMTAdmat_mockup_6.7.13

残念なお知らせ

今朝ほど、MGMTのメールマガジンが来て発売が9/17に決定したことを知りました。ちょっと先になってしまって残念。(何故か日付が9/15になっていました。失礼いたしました!)

MGMT are back with their self-titled third studio album – MGMT  – set to be released on September 17.  The successor to 2008’s Oracular Spectacular and 2010’s Congratulations, MGMT finds Andrew VanWyngarden and Ben Goldwasser continuing to push themselves to expand the boundaries of modern pop music. Returning to Tarbox Road Studios to work with longtime collaborator Dave Fridmann (Co-producer and mixer of Oracular Spectacular and Congratulations, The Flaming Lips, Tame Impala), Andrew and Ben experimented with various in-studio writing processes, allowing the music to tell them where it wanted to go. The result is a diverse and powerful collection of 10 songs (including a cover of “Introspection” by 1960’s psych band Faine Jade) that directly mirrors the duo’s encompassing surrealist view of the everyday (see below for full track listing).

Alien Days – MGMT

もうすぐニューアルバムが登場ですね!

「RECORD STORE DAY」でカセットシングルでリリースされた新曲「Alien Days」がYou Tubeにアップされていました。新しいアルバムのタイトルはその名も「MGMT」。ハウス、サイケデリック、シンセ多用というのがキーワード。アンドリューいわく、「初めて聴いた時に誰でもわかる音楽を作っているわけじゃないから」とのことなので、かなりアーティスティックな内容になりそうです。発売が待ち遠しいですね!(ちょっと加筆しました)