Philips Hue&Google Homeで家電スマート化計画【照明編】

先日、赤外線コントローラーのネイチャーリモとGoogle Homeの連携により、無事エアコンとテレビなどを音声コマンドで操作できるようになり、快適に利用しています。たまに、テレビのチャンネルを誤認識することもありますが、まったく問題ないレベルです。

さて、当初はエアコンやテレビと同じように照明に赤外線のレシーバーをつけてリモコンで操作できるようにして、ネイチャーリモとGoogle Homeの連携により音声コントロールしようと考えておりましたが、調べてみると、「Philips Hue」のホワイトグラデーションランプ(カラー電球ではない白色)とブリッジのセットがAmazonで1万円ほどで購入できることがわかりました。

どうせコストをかけるなら、赤外線が届かない複数の部屋の照明をそれぞれ制御できて、照明の光量や色味までコントロール出来るHueを導入することにしました。

設定は本当に簡単。Hueブリッジを付属のLANケーブルでルーターに接続してHueの設定を行い、あとはGoogle HomeからHueを認識してあげるだけで音声操作が可能になります。

Hueのアプリを使用すると照明の細かい設定が出来ます。光源色だったり、明るさだったり、自分の居場所やタイマーでライトをオン・オフしたりするルーチンをプログラムすることもできます。ホワイトグラデーションランプでは白色から電灯色まで4段階選択が可能でした。

自分
OK、Google、ライトをオンにして
Google Home
はい、わかりました。Hueをオンにします。

デフォルトでは音声コマンドで電源のオン・オフの他、光量も調整が可能です。IFTTTを使えばHueのさまざまなコマンドを読みだせますので、よりカスタマイズした音声操作も可能となります。

感想

照明をこんなに簡単にスマホや音声でコントロール出来るようになるとは!光源の色だけでなく、明るさの変更はすごい便利ですよ。というわけで、普段よく使う部屋は電球をHueに差し替えていこうと思います。

 

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【音声操作編】

ネイチャーリモでリモコンをスマホに登録しまくったら、いよいよ本題のGoogle Homeで音声操作できるように設定します。

公式ページはこちら

こちらも公式の動画を一度ご覧ください。

【Google Homeとネイチャーリモの連携】

自分
ねぇGoogle 、ネイチャーリモに繋いで
Google Home
「ネイチャーリモとリンクされていません。Google Homeアプリでネイチャーリモとグーグルアカウントをリンクできます」

ここでスマホのGoogle HomeアプリにNature Remoとリンクすると出ているので許可をすればリンクの設定完了です。

さっそく、エアコンやテレビを音声で操作してみます。

自分
ねぇ、Google。ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて!

【ネイチャーリモ音声コマンド】

音声コマンドは以下のようになっています。

エアコン オン・オフ 「ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて(または消して)」
モード 「ネイチャーリモを使って暖房(他モード)にして」
温度 「ネイチャーリモを使って◯度にして」「ネイチャーリモを使って温度を下げて」
テレビ オン・オフ 「ネイチャーリモを使ってテレビをつけて(または消して)」
チャンネル 「ネイチャーリモを使って◯チャンネルに変えて」
音量 「ネイチャーリモを使って音量を上げて、下げて」

「ネイチャーリモを使って消音にして(または音を消して)」

ライト オン・オフ 「ネイチャーリモを使って明かり(ライト、照明、電器)をつけて(または消して)」

便利なショートカット機能を活用しよう

毎回、「ネイチャーリモを使って」というフレーズを言うのは面倒なので、Google Homeの便利なショートカット機能を使ってシンプルなフレーズで操作できるようにしておきましょう。下のように設定すればOK。

ショートカットはテレビの設定は大変だけど、一度設定してしまえばOKなので気合で頑張りましょう。登録するとこのように。

自分
OK、Google、フジテレビにして!
Google Home
テレビを8チャンネルにしました

というわけで、家電のリモコンをスマートにまとめるネイチャーリモと、Google Homeを連携させて、無事、家電を音声でコントロールすることが出来るようになりました。エアコンの温度設定はもとより、テレビはチャンネルや音量まで音声操作が出来るようになって、自分の理想としていた家電スマート化はほぼ実現しました。

IFTTTで連携したり、使いかたいろいろ

ネイチャーリモでは、自分のスマホのGPS機能を利用して家に近づいたらエアコンをオン、出勤時に距離が離れたらオフにするなどの操作のほか、IFTTT連携なども可能。例えば、ウィジェット化してホーム画面にボタン化したり、google homeだけでは操作できないこともことも操作可能になります。(例えば外部スピーカーの音量操作。ネイチャーリモにリモコン操作を登録し、IFTTTの「this」でGoogle Assistantにシンプルフレーズの音声コマンドを登録。そこから「that」でネイチャーリモのリモコン設定を呼び出すで可能となります。)

【感想】

スマート家電ってまだまだ現実的ではないかなと思っていましたが、思っていたよりも簡単に、低予算で実現できるので、試してみるのはアリ。最終的には照明を音声でオン/オフすることができるようにしたいと思います。音声登録など、思うように作動しない場合は認識しやすいフレーズを変えてみると良いと思います。

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【設定編】

さて、ネイチャーリモの設定ですが、画像で説明するより、公式の説明動画をご覧いただければ一目瞭然。公式サイト説明はこちら

いかかでしょうか?設定も簡単ですね。レビューなどをみると、一番最初のWi-Fiの設定でつまずく人が多いようです。私も最初に数分間何も応答がなかったので焦りましたが、一度、ネイチャーリモの電源を入れなおしてみたらできました。

【初期設定フロー】

ネイチャーリモを電源と接続

スマホにアプリをインストール

アプリを起動してユーザー登録

Wi-Fiのセットアップ

・Nature Remoに接続(マニュアル記載のパスワードで接続)

・家庭のWi-Fiネットワークに接続

という流れで完了です。

続いてネイチャーリモへ家電のリモコンを登録していきます。

【テレビのリモコン設定】

こちらもネイチャーリモ公式サイトの動画が非常にわかりやすいです。テレビのリモコンについてはこんなかんじで登録していきます。

ネイチャーリモ本体に向けて、赤外線リモコンのボタンを操作して一つずつ登録していきます。たぶん、ボタンが多いテレビが一番大変です。自分はチャンネルボタン、BS、CSなどの切り替え、入力切替、音量、チャンネル切り替え、番組表を登録しました。BSなどは一度赤外線リモコンでテレビをBSに切り替えしてから、チャンネルボタンを登録してください。

エアコンやサーキュレーターなど、赤外線リモコンで操作できるものはすべて登録していきます。これで、スマホを使ってリモコン操作ができるようになります。(お使いの機器によっては操作できない場合もあります。)

続いて【音声操作編】へ続く!

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【開封編】

というわけで、我が家のスマート家電コントローラはNature Remo(ネイチャーリモ)に決定!早速Amazonでポチっとしました。お盆休み中で運送会社の人には恐縮だけど、注文した翌日にネイチャーリモ届きました。

【開封の儀】

Google Home的なシンプルな外箱

本体と、USBケーブル、マニュアルだけのシンプルな構成

手のひらにのるコンパクトで薄型なサイズ

【設置】

ネイチャーリモをエアコンやテレビなどがリモコンで操作ができる距離に設置します。本体に付属のUSBケーブルで電源供給できる装置に接続すれば設置完了。

自分はUSBケーブルが壁に垂直にのばせるのでこれを使いました。

【設定編】に続く!

ネイチャーリモ

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【導入編】

以前、紹介したGoogle Homeですが、意外と活用しています。毎日テレビのON/OFFとSpoitifyの曲をかけるのに使ってますからね。でも、もう少しスマート家電らしい使い方ができても良いんじゃないの?と思っていたところ、家のTVのリモコンがおかしくなってきたので、赤外線リモコンを集約してコントロールできる機器を導入して、Google Homeで操作してみようということになりました。

続きを読む ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【導入編】

Google Home MiniとChrome Castを買ってみた。

音声コマンドで音楽やラジオの再生、家電のコントロール、スケジュール管理、計算などいろいろと便利な操作ができるスマートスピーカー「Google Home Mini」と、スマホやパソコンなどのデバイスから動画や音楽をキャストできる「Chrome Cast」を購入しました。

Google Homeはそれなりに音質が良いとのことですが、やっぱり音楽はリビングのスピーカーの方を使いたいのでミニにしました。ちなみに、いま、ヨドバシカメラでは5,000円以上の商品を購入するとGoogle Home Miniが3,240円で購入できる特割キャンペーンやってますよ!

開封して取り出したGoogle Home Miniですが、大きさは手のひらサイズ。Chrome Castもかなり小さいですね。いやはや、昔に比べるとハードウエアの小型化はすごいですね。

セットアップはかなり簡単。Google Homeアプリをインストールして画面の操作にしたがって1~2分で完了しました。

じつはGoogle HomeとChrome Castを連携すると、テレビの電源オンオフも出来るんです。

残念ながらチャンネルの切り替えまでは出来ないですが、自分にとってはこれだけでも十分に便利です。最初、テレビの電源のオンができるのに、オフにできない状態だったのですが、これはテレビの方でHDMI電源連動機能をオンにしてあげれば出来るようになりました。

まだ1日しか使用していないのですが、スマートスピーカー面白いですね。主に使用する機能はラジオ、音楽の再生ですが、タイマーや計算機として使えるのも地味に便利だと思います。そのうち家電のコントロールなんかもやってみたいと思います。

追記;20日ぐらい使ってみて、Google Homeの便利なところと、オマヌなところが見えてきた。まず、音声認識自体は優秀だけど、どうしても音声認識しない場合などがある、その場合、ショートカット機能(音声コマンドと音声のセットをあらかじめ登録)を使って、わかりやすいフレーズで呼びかけて、発動させるやり方が良さそうだ。ただし、デバイスまたいでの音声コマンドはうまくいかない。また、音楽のプレイリストなど、認識するものと絶対にしてくれないものがあるのだけど、これは将来ぜーーったいに改善してほしい。思い通りの音楽が再生できないのは正直イラッとする。SpotifyがApple Musicみたいに読み方の登録できると良いのかもしれないね。そう、プレイリストを認識させるやり方とか用意してほしい。それと同様に、デバイスや、コマンドもショートカット用にキー登録できるとより確実だと思う。あと、タイマー機能は地味に便利だなぁと。ショートカットで、ゆで卵、ラーメン、コーヒーの抽出などのショートカットをあらかじめ作っておいて、「ラーメンタイマー」みたいなフレーズで発動できるのも良い。

音声操作の一例

音楽を再生する場合

OKグーグル!MGMTを再生して!
google
SpotifyでMGMTを再生します

ラジオを再生する場合

OKグーグル!ラジオでJ-WAVEをかけて
google
ラジコでJ-WAVEをストリーミングします

計算させる

OKグーグル!525×38は?
google
19,950です

翻訳させる

OKグーグル!こんばんはを英語で言うと?
google
Good Eveningです