フジロック2016(7/22)

7/22(金)オンリーですがフジロック行ってきました。今回の目当てはJames Blake、Sigur Rós、Disclosureです。会場までは東京駅から上越新幹線で。駅弁とビールでテンションを上げて出発。越後湯沢の天気は晴れ。週間予報によると3日間とも晴れということで最近のフジロックは天気に恵まれているようです。

今年は20周年だからなのか、レッチリとベビメタのせいなのかわかりませんが、とにかく人が多かった。物販も屋台もトイレも行列がすごいのなんの。というわけで一日なんでフルにライブ楽しむ予定です。まずはグリーンステージのトップバッターのBoredomes(ボアダムス)です。即興、ノイズ、実験的なライブパフォーマンスが圧倒的でした。

途中でホワイトステージへ向かい、LA GOSSA SORDAのライブへ。なんと彼らの活動の最後のステージがフジロックとのこと。メンバーも思い入れたっぷりにノリノリの楽しいライブでした。モッシュで砂埃が舞い上がり本当のホワイトステージになってしました。足元が泥々よりはマシだけどね!

昼は美味しいパエリアとサングリアと食べてからBiffy Clyro(ビッフィ・クライロ)のライブへ。上半身のタトゥーが迫力のある彼らですが轟音やシャウトだけでなく、メロディアスな曲や美しいコーラスも魅力的。

続いてはポスト・アデルと注目されている19歳のSSW、Låpsley (ラスプリー)のライブへレッドマーキーへ。すでに会場は人で溢れかえってました。彼女の力強く美しい歌声とメロディーラインにうっとりしている女子が多かったです。

それからグリーンへ戻ってJake Bugg。暑かったので木陰に退避してゆっくりと椅子に座って鑑賞しました。鼻にかかった独特の彼の声質はTom Odellにも似ていると思う。すでに大物感が漂う迫力のライブでした。才能あふれる彼の今後に期待しています。

再びレッドマーキーへ移動してCourtney Barnettのライブを見る。オーストラリア出身の彼女は2015年デビューとのこと。グランジな曲とルックスとのギャップがいいですね!

次はお待ちかねJames Blakeのライブ。やはり大物だけあって人の集まりも早い。ライブが始まり、ルコックのトレーナーというラフなスタイルでジェイムスが登場。デビューアルバムから聴いているけど、どんどん扱う音も音楽の幅も広くなって進化している気がする。彼の美しいソウルフルな歌声とソリッドなサウンドに会場は圧倒されていたと思う。

そのあと、Flight Facilityは少しだけ見て、夕飯を食べながらSIgur Rósのライブまで待機。少しだけ肌寒くなったので上着を着る。

いよいよSIgur Rósのライブ開幕。ステージに神秘的な映像が投影される。ブラインドのような幕があって、裏側にいるメンバーが隙間から見えるような感じ。先日の六本木のMOGWAIのライブみたいだったら残念かなと思いながらも音楽の盛り上がりに合わせて幕が開くと会場は大歓声に包まれた。この瞬間、全身の鳥肌が立った。その後も圧倒的な音楽が続く。美しいメロディと轟音とに包まれた多幸感がヤバイです。映像演出も素晴らしくて、ここ最近の中では一番美しい幻想的なものでした。

そして、ラストはDisclosureです。グリーンから急いでホワイトに移動。すでにエリア一帯が大混雑です。Disclosureの最近の人気は凄いですね!なんとか人をかき分けて前の方へ。海外フェスのようにヴォーカリストのゲスト出演がないのが残念ですが、それでも彼らのライブパフォーマンスは最高。ダンスフロアーと化したホワイトステージが熱気に包まれてムンムン。A Fire Starts To Burnmとか脳汁出ますよね。ステージの演出も海外フェスでも見ないような新しいものになってたように思います。最高でした!

というわけで私のフジロックの一日は終了しました。トータル25,000ぐらい歩いたかな。そのあと、越後湯沢で温泉入ってバタンキューでした。疲れたけど本当に楽しかった。残念なのはDisclosureのTシャツが買えなかったこと!

息子と2人でフジロックの巻

25日金曜日、フジロックフェスティバル2014に参戦してきました!FOSTER THE PEOPLE好きな中学生の長男と2人旅です。

駅弁とビールを買って、始発の上越新幹線で越後湯沢まで1時間。あっという間に会場に到着。

フジロックといえば雨。前日も雨とのことだったので、防雨対策は準備万全だったのですが、当日朝は少し霧がかかっていたものの、みごとな晴天。日焼け止めは入念に塗ったにもかかわらず、かなり日焼けしてしまった(汗)

25日のMYタイムテーブルはTHE LUMINEERS → FOSTER THE PEOPLE → DISCLOSURE → FRANZ FERDINANDです。なので、基本的にグリーンステージが本拠地。木陰に椅子を設置して食事をしたり休憩を取りながら他のステージを覗いたりして過ごします。野外フェスならではのゆっくりとした時間が楽しい!初っ端の「THE LUMINEERS」のライブすごく良かった。彼らの掛け声が会場全体に気持よく響き渡ってましたね。

FOSTER THE PEOPLE の時間になり、椅子も片付けてステージ前に移動。息子にモッシュピットに入るかと聞いたら、前が見えなくなるかもしれないからと、サイドの柵のところで見ることに。でもステージとの距離も近くて良かったかも。いよいよライブが始まり、息子は初めてのライブだから手の挙げ方も遠慮がちで、見ていて可愛らしかったのですが、最後の方にはノリノリで踊っていました。それにしても、フォスターのライブはカッコ良すぎる。本人もノリが良いオーディエンスに終始笑顔でした。

そして、フジロックといえばグルメ!世界各国の料理が楽しめるワールドレストランをはじめ、いろいろと美味しい料理が数多く出店しています。とりわけおすすめなのが、オアシスにあるレッドカレー、もち豚丼、ところ天国の天国バーガーです。とろろ飯も美味しかった。結構食べたけど、炎天下だしエネルギー補給は重要。

その他、かき氷や、アイスを食べたり、川べりで水遊びしながら一休み。夜はホワイトステージでDISCLOSUREのライブを見てから、最後はグリーンステージでFRANZ FERDINAND。フランツはオーディエンスを盛り上げるのが上手で、「Do You Want To」も大合唱♫

本当は翌朝、息子を新幹線に乗せて見送って、2日目のDamon AlbarnとArcade Fireも見るつもりでいたのですが、隣でぐっすりとお疲れの姿を見ていたら、やっぱり心配な気持ちになって一緒に帰ることにしました。今回は、ライブ初参加の息子をエスコートすることが最重要任務だし、本人が何度も楽しかった、また来たいと言っていたので良かったです。

翌日、TwitterのArcade Fireのライブの感想を見ながら、会場で買ったArcade FireのTシャツを眺めて一人寂しく音楽を聞いてました(泣)今度は単独来日を期待してますよ!

フジロック装備

フジロックまであと9日!

持ち物チェックというわけで、私のフジロック装備はこんなかんじ。軽量、防水、コンパクト。

IMG_8412
ポンチョ。ちょっとかわいい迷彩柄!
IMG_8409
日本野鳥の会の折りたたみレインブーツ。
IMG_8407
ヘリノックスの超軽量折りたたみチェア。約900gの驚異的な軽さです。
IMG_8393
広げると背もたれつきの立派な椅子になります。アウトドアにおすすめ。

フジロック2014のタイムテーブル発表!

開催まで、あと3週間!
フジロック2014のタイムテーブルが発表されました!

絶妙なタイムテーブルですね。というわけで、私は金曜日に行くのですが、THE LUMINEERS、FOSTER THE PEOPLE、DISCLOSURE、FRANZ FERDINANDが見たい。電気グルーヴも見たかったけどDISCLOSUREと被ってる・・・。金曜日はFOSTER THE PEOPLEとTEMPLESが被ってるのが残念って人が多そう。

公式HP

http://www.fujirockfestival.com