吉祥寺にカバンを取りに行く

今日は、吉祥寺の「TANDEY」というお店でオーダーした、トラベル・トートが完成したとの連絡があったので取りに行きました。

IMG_8655

TANDEYのバッグは、帆布とレザーの色をセレクト出来るほか、オプションでパイピング処理などを行うことも可能。今回私のオーダーしたバッグは深い緑色の帆布と、表面を擦った加工を施した明るいブラウンのレザー。

IMG_8663

折り返し部分を伸ばすと、結構な容量の大きさになります。また、帆布の表面は蝋引き加工が施されているので、パリっとした質感で、シワの入り方も良い感じです。

IMG_8661

ロゴのアップ、鹿のマークが可愛いですね。

最近買った本

インテリア特集「居住空間学2013」が面白い。

単純にインテリアというより、居住者の考え方・人生哲学的なところが垣間見える貴重な内容であった。なんといってもテキサス州マーファの記事が良かった。日本でも田舎暮らしに憧れる人がいるけど、なぜ人々は都会を離れて終の棲家を目指すのか。そこは興味深いものがある。しかしマーファに住まう人々は別に田舎でオーガニックな生活をしたいわけでなく、美の追求者が多い。どちらかというと益子とかに近いと思った。何もない荒涼とした砂漠の真ん中に形成されるアーティストのコミューン。かっこいいけど、実際の暮らしは意外と大変だと思うのですけどね。

あと特集の冒頭で過去に紹介した人々を5年ぶりに訪れるという記事があって、スタイリストの熊谷隆志さんの家が5年でだいぶ様変わりしていたのだけど、氏いわく、家で仕事が出来るようにとアトリエを作ったけど、家の居心地が良すぎたからアトリエをやめて、リビングにしたとのこと。その心境の変化に、そうだよね、オンオフはっきりしたいよねと共感できるものがありました!

iPad mini用のカバン

iPad miniを持ち運ぶ用にショルダーバッグを購入。インナーケースを使えば一眼カメラも綺麗に収まるサイズ感で、使い勝手が良さそうです。牛革なので使い込むと良い感じになりそう。

_MG_3634
カラーはイエロー。ブラウンだとありきたりかなと思って!

おや、何か届いたようです。

J.CREWの「40% off all men’s shirts & ties」セールで購入したシャツが本日到着。J.CREWのサイトは日本への送料も1500円と利用しやすいけど、商品価格に円高はあまり反映されていないのが残念。セールのときにまとめて買うのが良いかもしれないなー。

YシャツはSサイズ、TシャツはXSで注文しましたが丁度良かったです。(自分は身長178cm・体型ふつうです)アームホールはやや太めですが問題ないレベル。

ちょっと遅くなったX’masプレゼント

やっと到着したJack Spadeのレザーブリーフケース。アメリカのショップから個人輸入してみました。遅くとも25日には到着すると思ってたのに、24日が祝日だったせいか、本日となってしまいました。でも、商品には大満足。深いパープル色が服のコーディネートに合わせやすそうです。

それにしても、円高の現在、海外ブランドは個人で輸入するとかなり安く手に入るんですね。ちなみに海外から個人輸入する場合、送料とは別に関税がかかるのでご注意ください。といっても1600円でしたけど。

【個人輸入の場合】
関税課税対象額 (商品代金×60%)×関税率 =関税額となります。

また、海外のショップは日本への発送をしてない、もしくは日本のクレジットカードが利用出来ないという店舗もあるので事前に確認は必要です。しかし、そういう場合は多少の手数料はかかりますが、個人輸入の代行業者に輸入してもらうと良いと思います。

Hamiltonの交換ベルト

Hamilton Khaki Officer Autoのベルトはヌバック革製なので、毎日使っているとさすがにダメージが目立ってきます。

まだ、しばらくは持ちそうですが、念のために交換ベルトを用意しておこうと思い、国内の取り扱い店などで調べてみると、大体16,000円弱が相場といったところ。もう少し安いお店はないかなと調べていたら、海外の業者はかなり安いことが判明。値段はなんと90ドル。

送料入れても10,000円しない!

なので、今回は海外から取り寄せてみました。いつもはクレジットカードですが、やや不安があったので決済はPaypalで行いました。注文してから3日くらいで品物が無事に到着しました。

今は円高なので海外ブランドはかなり安く手に入りそうです。関税や送料なども高くなる場合があるのでケースバイケースですのでよく確認しましょう。

Hamilton Khaki Officer Auto

ハミルトンのカーキ・オフィサーオートです。ずっと欲しかったんですよね。どちらかといえば古臭さを感じるアメリカンなデザイン。すっきりとして男らしいです。盤面は本当におおげさなぐらいの大きさ。ほどよい重量感が「時計はめてるぞ」て感じになります。ベルトはヌバック皮の柔らかな質感で肌触りがとても良いです。

じつはこの時計、妻が誕生日にプレゼントしてくれたんです。いつも雑誌やWEBで見る度に「欲しいな〜」「かっこいいなぁ」と言っていたからかも。ごめんねぇ。

ずっと大切にしたいと思います。

トートバッグ

新しカバンはレザーのトートにしようと決めていました。しかし、デザインで気に入るものが見つからず、かれこれ1年ぐらい悩むことに。候補にあがったのは、シンプルで使い勝手の良さそうなアニアリのバッグでした。自分がえらんだのは明るいブラウン。見た目は渋いかんじですが、ソフトレザーなので手に持つと軽くて肌触りも良いかんじです。