日曜の朝、バインミー

IMG_9431

先日行ったベトナム料理店でランチのバインミーがとても美味しそうだったので今日のブランチは久々にバインミーにしてみました。我が家はパクチーたっぷり入れる派です。そして私はナンプラーも多めにかける。チリソースも好き。コーヒーはベトナム式ではありません。

Pocket

ピーナッツバター&ジェリー

IMG_9418

土曜日の朝食はコーヒーとパンという組み合わせが多い我が家です。本日はゴリラコーヒーで食べたランチを真似して作ってみました。タマゴサンドと、その下が通称「ピーナッツバター&ジェリー(PB & J)」というアメリカ人なら誰でも知っているソウルフード的なサンドイッチです。たっぷりのピーナッツバターとイチゴやラズベリージャムを2枚のパンにそれぞれ塗ってサンドするだけのお手軽さ。ジャムの甘酸っぱさとピーナッツバターのしょっぱさが絶妙です。ピーナッツバターは当然「スキッピー」ですね。これだけは外せません。というわけでハイカロリーな朝食でした。

Pocket

エッグベネディクトを作ってみた

本日は子供達も部活やら何やらでいないので、妻と二人で小洒落た朝食をと思い、エッグベネディクトを作ってみました。レシピは「たかシェフのおうちごはん」さんや、ファッションポストのレシピなども参考に。ポーチドエッグは案外と上手に作れるものですが、オランデーズソースが重要なので、このソース作りに命をかけましょう。家はちょっとダレてしまいました。もっとホイップさせねば。

IMG_8303

ポーチドエッグを割る瞬間が幸せですね。1分半〜2分ぐらい茹でるのが良さそうです。

IMG_8319

Pocket

コンプレット・ガレット

IMG_7972

日曜日の朝食はちょっと変わったもの作りたくなります。今朝はフランスではポピュラーなコンプレット・ガレット。というとお洒落に聞こえますが、いわゆるクレープです。

そば粉の生地のタネを一晩寝かしておいて、あとはフライパンでハムと卵とチーズを載せて焼くだけ。生地は出来る限り薄く焼くのがポイント。ガレットはジャムを塗って巻いて食べたり、焼いたバナナを載せても美味しいです。

Pocket

英国の朝食といえばクランペット

休日の朝食にクランペットというものを作ってみました。私も初めて知ったのですが、このクランペットとはイギリス発祥の料理で、生地をイースト菌で一晩発酵させて、フライパンで焼くパンなんだそうです。フワフワ、モチモチとした食感でとても美味しくて、NAVERではパンケーキ、フレンチトーストの次に流行る?なんていうまとめも立ち上がっていました。

IMG_7045

出来上がり、食感もフワフワ、モチモチで美味しかったのですが、これは本当のクランペットではないのです。じつはクランペットの特徴として表面に穴が開いてないと駄目なんですね。

本場の「クランペット」を参考にしようとGoogleで調べたら・・・。
うひゃぁ!!これは見ないほうが良かった。

クランペット、とても美味しいけど日本で流行るのはちょっと難しいかも!?

Pocket

日曜の朝はパンケーキ

本日はブルーベリーとバナナをトッピングしたパンケーキ。もちろんクリームたっぷりで。

_MG_6135

Pocket

お子様にはちょっと早いジャム

先日、ヒルサイドパントリー代官山にて、ジューン・テイラーさんのジャムを2本購入した。しかし、「普通のパンじゃ勿体無い!」ということで、しばらくお預けになっていました。本日、ついにその封印が解かれたわけですが・・・!?

_MG_4449

見た目は濃厚そう。しかし、口の中に入れると果物の爽やかな食感が広がります。厚切りのオレンジピールも、ほどよく煮詰めたのか、とても柔らかい。そして、ミントの清涼感ある香りが広がり、最後にはなんとも言えない苦味で美味しい。

_MG_4454

これはジャム・マイスターによる相当こだわったジャムとおみうけしました。うちの子供達は、美味しいと食べていましたが、いやいや。この稀少なジャムはお子様に食べさせるにははもったいない!そう、心の中で思ったのでした。

このジャム、賞味期限を見たら、4月までとあった。ジャムなのに?

Pocket

コメダでモーニング

コメダ珈琲のモーニングが大好きです。モーニングはドリンク料金でトースト&ゆで卵が付いてきます。トーストに単品で小倉を注文して小倉トーストするとグッド。コメダに来るとなんか居心地が良くてリラックスしてしまうんですよねー。(写真はミックスサンド)

Pocket

ホットケーキで朝食を

沖縄フェアで買った、黒砂糖から作った黒蜜をたっぷりとかけたホットケーキ(上)と、バナナたっぷりのバナナパンケーキ(下)でサンデーブランチ♪

Pocket