WordPressのセキュリティ強化「SiteGuard WP Plugin」

siteguard_wp

契約しているホスティング会社のロリポップより、WordPressを使用しているユーザーに対して「SiteGuard WP Plugin」のインストールを推奨するメールが来ていたので早速導入してみた。いままでは個人的にセキュリティプラグインを複数組み合わせて使ったり、.htaccessファイルでホスト以外の接続を除外したりしていたけど、このプラグインは管理ページへのアクセスやログインまわりに特化したオールインワンのプラグインとのことです。

続きを読む WordPressのセキュリティ強化「SiteGuard WP Plugin」

Pocket

iTunesのミニプレーヤー切り替えがわかりづらい

iTunesがバージョン12になり、ミニプレーヤーとフルウインドウの切り替えが変更になって、かなり使いづらくなったと、周りでも評判が悪かったのですが、よくよく調べてみると、以前と同じように操作出来ることがわかったのでメモ。

ミニプレーヤーに切り替える

まず、iTunesをフルウインドウからミニプレーヤーに切り替える方法ですが、曲名が表示される領域にマウスオーバーすると、左上に最小化出来るよアイコンが表示されます。これをクリックすると、ミニプレーヤーに切り替えることが出来ます。これって、マウスオーバーしなければ気がつかないよね!?

itunes01

フルウインドウに切り替える

そして、ミニプレーヤーからフルウインドウに戻す方法ですが、ミニプレーヤーの左上、×のボタンをクリックすると、フルウインドウに戻ります。これって、閉じるだと思ってた!わかりづらいというか、UIの統一性がないというか・・・。これ考えた人は元に戻してくださいm(_ _)m
itunes02

Pocket

【解決】Yosemiteで日本語の入力が遅くなる件について

OS X 10.10 YosemiteのSafariで、日本語入力の変換時にフリーズやレイテンシーがちょくちょくあって、困ったなと思っていたのですが、ちょっと設定を変更したら嘘のように快適になったので紹介します。もちろん、私の環境でしか再現性がないかもしれないという点はご了承ください。

まず、キーボードのユーザー辞書で「英字入力中にスペルを自動変換」をオフにする。

nihongo01

その下、スペルチェックが「言語ごとに自動」となっていますが、Englishだけにします。

nihongo02たったこれだけ。私はSafariで、Wordpressのブログの記事を入力中しているときに、レイテンシー問題に度々見舞われていたのですが、嘘のようにサクサクとした入力になりました。

ヨカッタヨカッタ。

Pocket

古いMacをBT4.0/LEに対応させる

OS X 10.10 Yosemiteの目玉機能の一つにiPhoneとMacのコンティニュイティ機能(連携ですね)があります。例えば、SMSをMacでも送受信したり、iPhoneで入力中のメールの続きを、そのままMacで続きを入力したり、iPhoneのインターネット共有をMac側から手軽に行なうetc。

しかし、これらの機能を利用するにはMacのBluetoothが4.0/LEに対応している必要があります。

対応機種

  • iPhone 4S以降の機種
  • iPad (iPad 2以降の機種)
  • MacBook Air(2011 mid以降)
  • MacBook Pro(2012 mid以降)
  • Retina MacBook Pro(2012 mid以降)
  • iMac(2012 Late以降)
  • Mac mini(2011 mid以降)
  • Mac Pro(2013以降)

ということで、残念ながらこれより前の機種では使えないのです。しかし、以前、USBドングルを使って、古いMacを4.0/LEに対応させたという記事を読んだので、もしかしてコンティニュイティ機能も使えるかもしれないと思い、実験してみました。

続きを読む 古いMacをBT4.0/LEに対応させる

Pocket

Adobe CCが起動時にエラーで困るの巻【解決】

先日、CCをアップデートしたあとに、「製品のアップデートに必要な Adobe Application Manager が見つからないか、破損しています。」というエラーが出現するようになって困っていました。

cs55_aam

CCのトラブルシューティングを見て、アプリをアンインストーラーで削除後、Cleaner ToolでCC関連ファイルを全部削除して、再インストールを試してみるも、状況変わらず。

さらにサポート情報を見ていると、Creative Suite 5バージョンのTIPSを発見。まずは下記リンクを御覧ください。

Adobeサポート:起動時に「Adobe Application Manager が必要です」エラーが発生する(Creative Suite 5)

http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_84685.html

説明の中ほどにある、パッチがありまして、これはCS 5用かなと思いましたが、リンク先を確認すると、下記のように書いてある。

FILE INFORMATION

Product Adobe Application Manager
Version CC
Platform Macintosh
File Name ApplicationManager8.0_all.dmg
File Size 66.4MB

なんだ、CCにも対応しているじゃないか!というわけで、早速ダウンロードしてインストールしたら、見事、エラーダイアログは出なくなりました。めでたしめでたし。

一応、これは私の環境での話なので、必ずしも同様な結果になるとは限りませんが、削除しても再インストールしても状況が改善されない人は試してみても良いかもね。

Pocket

iPhoneを買取に出すときに

古いiPhoneを買取に出す

みなさんは新しいiPhoneに機種変更するとき、古いiPhoneはどうしていますか?

私は、新しい機種の費用に少しでも充当するために買取に出しています。少しでも高値で売れる方がよいので、ソフマップじゃんぱらなどの業者さんに買取してもらい、買取価格が上乗せされるキャンペーンなどを利用しています。また、ソフマップなどはキャリアの本体代金が完済していない場合は買取が出来ないのですが、じゃんぱらでは分割払いで買取してくれます。

キャリアの下取りサービスもありますが、ポイントでの提供だったり、SBのように月々の支払いに還元するものだったりで、メリットが少ないのでおすすめはしません。

ヨドバシなど家電量販店でも、機種変のときに古い端末を下取りしてくれるサービスがあります。こちらは現金一括支払いなので良いと思いますが、買取値段はやや下がるかと思います。

本体の支払いが残っている状況は、キャリアのホームページなどでiPhoneの「設定」>「一般」>「情報」にある15桁のIMEIを入力することで確認出来ます。(「◯」は完済、「▲」は支払いが残っている、「✕」は利用停止など。)

softbank

iPhoneを買取に出す場合の注意点

iPhoneを買い取りに出す前に、データのバックアップと、データの初期化を忘れずに行いましょう。そして、「iPhoneを探す」などの機能をオフにするのも忘れずに!

  1. iPhoneを買い取りに出す前には使用していたデータを削除する必要があります。まずは、データのバックアップをとっておきましょう。
  2. iPhoneのバックアップ後、「iPhoneを探す」をオフにします。これがオンになっていると、新たに使用する人がiPhoneをアクティベーションする時に、以前使用していた人のApple IDが必要になってしまいます。
  3. 最後に「設定」>「一般」>「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」で消去すれば完了です。reset

心配な人はiCloudでログイン後、使用していたデバイスが登録されていないか確認すると良いと思います。マイデバイスにApple IDにひも付けされたハードウエアの一覧が出てきます。

iPhoneの買取相場をチェック

iPhoneを買取に出す場合、相場をチェックしましょう。ちなみに、現在、iPhone 5s 32GBだと、高いところだと買取価格35,000円〜37,000円くらいでしょうか。ネット上では高額な買取価格を提示しているところもありますが、ソフマップなどの相場を目安にされた方が良いと思います。

細かいキズが目立つと15%オフぐらいでしょうか。フィルムを貼って、ケースに入れて使用していれば、ほぼ満額になると思います。

そして、面倒でも買取は店頭に持ち込みましょう。郵送は、到着後に減額されたり、返品で高い代引きを請求をされる場合があるようなので、やめておいたほうが良いと思います。

Pocket

【想定外】iMacが修理完了、発送したとの連絡アリ!

imac_repair

予想を裏切る、超スピード修理

だって、電話口では1週間から、10日ほどかかるかもしれないと言っていたし、つい先日の16日(月)に修理のために集荷に来てもらって、工場への発送は水曜日になるといわれ、まぁ気長にやるかとのんびりと構えていたところなんです。そしたら、本日18日(木)に、Appleの修理工場に到着したという連絡があり、その4時間後には、なんと、製品の修理完了して、発送したという連絡がありました。

早い・・・早すぎる!十万石・・・

すみません、喜びのあまり、ちょっとテンションが上ってしまいました。いやはや、これは予想外のスピードで驚きを隠せないのであります。

到着して使用してみるまでは油断は禁物だけど!

Pocket

OS X 10.9でメールの文字化け解決

OS X 10.9 Marvericksになってから、標準メーラーが文字コードの変更が一切できなくなる仕様になり、私の1997年〜1999年に受信した一部のメールが文字化で読めない状態になっていました。(以前はメールの文字コードを自動にすると適切な文字コードに変更されていたと思います)

文字化けメールを解決する「LetterFix for Mac OS X Mail.app」というプラグインがあったりしますが、受信や閲覧時の変換には対応していないそうなので、ライブラリにある「mail」フォルダ内のメールをエディターで開き、文字コードをISO 2022-JPにした後、文字化けの原因となりそうな機種依存文字を削除or変換して保存し直したら、見事表示されるようになりました。

そんなわけで、昔のメールを覗いていたら、結婚当時のお祝いの言葉とか、ネット仲間との出会いの頃とか、いろいろあって懐かしい思い出に浸っていたのですが、一通妹からの謎のメールが。

sayjobs

・・・どういうこと!?

当時はパソコンの初心者だった妹がメールで質問攻撃を繰り返していた頃。なのに、突然、スティーブ・ジョブズの言葉を引用したちょっと上から目線のような、意味ありげなメールが。どういう意図で送ってきたのさっぱりわかりませんが、今度聞いてみようと思います(笑)

Pocket

Contact Form 7が送れない場合の対処法

最近、会社のHPで問い合わせが少ないなと思って調べたら、Wordpressの「Contact Form 7」に問題発見の巻。コンタクトフォームのメールが送信出来なくなっているのである。赤いボーダーに囲まれた「メッセージの送信に失敗しました。間をおいてもう一度お試しいただくか、別の手段で管理者にお問い合わせ下さい。」のメッセージが出てくるやつです。いつの間に・・・?と思いながらもContact Form 7の設定を確認してみるも特に問題はなさそうなのだが、ネットで調べてみるといくつか対処法が見つかったので試してみた。

sendmailがダメならば外部smtpサーバーで!

ひとつは、Wordpressの設置されているサーバーのsendmailが、何らかの理由で利用できなくなっている場合。この場合、外部のsmtpサーバーを利用することで解決できる。「WP Mail SMTP」というプラグインを導入して外部smtpサーバーを設定するだけ。

phpのセーフモードをオフに!

PHPがセーフモードで動作しているサーバーで稀にこういった問題が起こるらしいけど、その場合「php.ini」のセーフモードを「オフ」にするだけ。ただそれだけで解決したそうです。php.iniが変更できない場合は wp-includes/class-phpmailer.phpというファイルを修正する方法も。

コンタクトフォームの宛先が違う?

Contact Form 7の宛先の書式が問題で送れない場合があるらしい。この場合、

宛先<br />
&quot;[your-name]&quot;[your-email]<br />

以下のように変更する。

宛先<br />
[your-email]

実は、私の場合はこれだったのです。わからないよねぇ。Wordpressをアップデートしたことが原因なのだと思うけど。最初はパイプを使用していたせいかと思ったけど。とにかく・・・解決してよかったのである。

Pocket

ブログの問題点を見なおしてみた!

今日は丸一日フリーなので、前から気になっていたブログの回遊率や、コメント機能、ソーシャルブックマークなどの利用率を向上すべく、ちょこっといじってみました。

続きを読む ブログの問題点を見なおしてみた!

Pocket