FUJIROCK 2018行ってきました/ 28日(土)

7月28日(土)、29日(日)とFUJIROCKに行ってきました。

台風12号が本州上陸するということで、フジロックに直撃する不安もありましたが、金曜日のニュースでは進路を大きく西に向けていくという予報を見て、腹をくくって出発です。ていうか雨風ぐらいではフジロックでは当たり前なのだ!(無理すんな)

というか、仕事の鬱憤をはらすのはライブしかないだろ的な。(みんなもそうだろ)

7月28日(土)

土曜日の朝、東京では少しずつ雨が強まっていましたが、新幹線で越後湯沢に近づくにつれ雨雲もなく晴れていました。いつものようにシャトルバスに乗り込み、会場に到着後は速攻でパエリアおじいいちゃんの店でパエリアとソーセージをたいらげて、サングリア&ピニャコラータでテンションを上げてから、会場を見て回ります。

まずはホワイトステージの「ESNE BELTZA」から。スペイン・バスク出身のお祭り系バンドです。暑苦しいおじさんたち(失礼!でも大好き)の熱唱、ときおりブブゼラでにぎやか。「モリガ!モリガ!パエリア!」最後はみんなで肩組んで熱唱みたいなかんじで楽しかったです。

そのあと、フィールド・オブ・ヘブンにて「RANCHO APARTE」というコロンビア出身のこれまたお祭り集団のライブへ。カルディ・コーヒーファームに行ったら店内で流れてそうなユルーい南アメリカのラテンな雰囲気。観客も楽しそうにゆらゆら踊りながら盛り上がってました。Youtubeで彼らの演奏みたけど、普通の人たちすぎて大好きになりました。

昼過ぎは天気も良くてかなり蒸し暑い中、フィールド・オブ・ヘブンからさらに奥の方へと向かいます。アンフェアーグラウンド見て回り、熱気ムンムンのテントの中で「The Pyratrix Circus」ショーを見たり。Cafe De Parisでアイスを食べて一休み。

そして、夕方はセカンド・アルバムが出たばかり、今回はフジロックで会えるのを楽しみにしていたD.A.Nに備えます。彼らも待望のレッドマーキーでのプレイということもあって、相当気合を入れて挑んでいたようですね。演奏開始するとレッドマーキーに洗練されたシャープな雰囲気が漂ってめちゃくちゃカッコよかったと思います。ただもう少し野外ライブ向けのアレンジがあっても良いかもしれない。(余計なことだけどもう少しMCあっても良いかも)完璧すぎるのが物足りない気がした。

グリーンステージのケンドリック・ラマーも気になってたけど、今日は一番の目当てであるMGMTがあるので、レッドマーキーに籠って待機。そのあと台風の影響で土砂降りになってきましたが、屋根つきステージにいて濡れることはありませんでした。

さて、MGMTですが、4年ぶりとあって開始前から楽しみが120%。ステージには観葉植物にギリシャ神殿風な柱とかが立ち並び、怪しい雰囲気が漂っています。周りの人たちも開演前から楽しそうに待機していて、このバンドに対する期待度の高さがうかがえます。(酔っぱらいの外人も多いけど!)

そして開演となり、アンドリュー&ベンとバンドのメンバーが入場するとひときわ大きな歓声。「Of Moons, Birds & Monsters」からスタート。その後もおなじみのキラーチューンの連続でbe happy。「Electric Feel」からの「Me And Michael」そして「Kids」という強力なコンボでノックダウン。MGMTのフジロックのセットリストはこちら。観客も盛り上がり方がしっかりわかっていて素晴らしいよね。アンドリューがエアロバイクに乗って歌ったり、グロ可愛くて意味不明だけどMGMTのライブでは大切な構成要素なVJとか。相変わらず無心で踊れる楽しいライブでした。

幸せな時間はあっという間に過ぎてしまったけど、ライブが終わったらあんなに激しく振っていた雨も上がっていて、観客もびっくりな展開。MGMT大満足。

そんなわけで、土曜日のフジロックは終了。会場で軽く夕飯を食べて、温泉に入ってくつろぐことにしました。

さて、ここでフジロックのプチお得情報ですが、ほとんどの店舗がsuica、楽天edyなどの電子マネーに対応していて食事などの買い物で財布や現金を出したりしまったりすることがなくなって便利すぎ。(iPhoneでピッってやるだけ)

さらに、ID、QuickPayに登録している人は苗場食堂付近にあるテントでモバイルバッテリーが2時間借りられます。これおすすめです。

29日(日)編に続く。

夏だ!「アサシンクリード・オリジンズ」で古代エジプトを散策して楽しもう!

いやはや、暑い夏日が続いておりますね。夏らしく海や山に出かけるのも良いですが、あまり無理をせずクーラーで冷やした家の中でゲームするのも良いものです。

ゲームは最近ではLoL>PUBG>Fortniteという流れで遊んでいましたが、STEAMのセールで50%オフでお安くなっていたUbisoftの「assassin’s creed origins(アサシンクリード・オリジンズ)」をポチってみました。

もともと、アサシンが主人公のアクションゲームなのですが、最新作はアサシンのルーツ?であるエジプトを舞台にしたシリーズでして、CGで描かれたリアルなエジプトの世界が美麗で素晴らしいのですが、このゲームの開発陣のエジプト研究レベルがすごくて、世の中の古代エジプト研究者を驚かせたというエピソードがあります。

そんなアサシンクリード・オリジンズですが、じつは一切戦闘などをやらない「ディスカバリーツアーモード」というのがあります。エジプトの市民の暮らしを観察したり、ミイラづくりを見学したり、ピラミッドについて学んだり、といった具合に楽しいミッションがいろいろとあります。昔から世界ふしぎ発見!のエジプト編を楽しみに見ていた私にとっては、まさに神コンテンツ!

一通りツアーをまわると、古代のエジプトについてかなり詳しくなること間違いなしでしょう。もちろん、アサシンですので建造物は可能な限り登ってしまうことが可能なので、ピラミッドの頂上から市内を一望するなんてことも出来ちゃいます。また、キャラクターもエジプト市民やギリシャの貴族、女王や兵士など様々変更できるので、なりきって楽しむのも一興。

メインのゲームの方も楽しいですが、しばらくはこのディスカバリーツアーモードをお酒でも飲みながらまったり楽しみたいと思います。

Gorillazライブに行ってきた!

6月21日(木)幕張メッセのイベントホールで行われたGorillazのライブに行ってきました!

今回は家族ではなくて、娘と二人きりということで、初デートだ!と父は待ち合わせからソワソワ落ち着かない感じでしたが、ライブ会場で会えば、なんのことはなく、いつもの父娘でした(汗)

ゴリラズは私が家で良く流していた(元々はブラー)影響もあって娘が大ファンになり、いまや私よりも詳しいほどです。

さて、今回のライブはアリーナのAブロック前から数列目で、揉みくちゃでしたが、デーモンも間近で見ることが出来ました。(デーモンがアリーナに降りて来たとき、もう少しで握手出来そうでした!)プレイした曲もお馴染みの曲もたっぷりで、デラソウルも登場しFeel Good Inc.も演ってくれて盛り上がってました。新しいアルバムも楽しみ!

というわけで、娘もライブを堪能したみたいでよかった。ライブ後に駅前のサイゼリアで娘とライブの感想を語らいましたが、次、ブラーが来たら絶対に行きたいねということで。

物販では目当ての品物が早々に売り切れてしまったけど、公式サイトで買えることがわかったので、一安心。

Kindle Fire HD 8の動作が重く感じたら!?

利用頻度の低い、我が家のKindle Fireはですが、つい先日使ってみたら、なぜか全体的にもっさりした動作になってました。立ち上がっている複数のアプリのタスクを終了してみたけどあんまり変わらず。購入した当初はかなりキビキビと動作していたはずだよなぁ・・・というわけで、調べてみたところ、googleプレイをインストールしたことにより、メモリが少し足りないのではないかということだった。

そこで、「Swapper & Tools」というアプリを導入してみました。

これは、タブレットの物理的なストレージ(SDカードなど)の空き容量を仮想メモリーとして使用するというもの。試しに使用してみたところ、劇的に早くなりました。ネットではroot化がどうとか、いろいろ意見が分かれていますが、root化は必要ありませんでした。大成功!(環境や端末によっては効果が得られない場合があるのでご注意ください。)

CHVRCHESのニューアルバム「Love Is Dead」出た!

お待ちかね!CHVRCHESの2年半ぶり、通算3枚目のアルバム「Love Is Dead」がリリースされました!!今までと変わらずポップでキャッチーな曲なんだけど、大物プロデューサーによってスケールがアップしていて、チャーチズも大物感が出てきた。捨て曲なしの素晴らしいアルバム。ドライブにもBGMにもぴったり。そして、フェスが楽しみですぞ。

それにしても、自分の活舌の悪さに驚く。google homeで「spotifyでチャーチズのラブイズデッドを再生」ってやったら「おっぱいのチャーチズは見つかりませんでした」とか、かのチャーチルの演説(なぜかspotifyにはこんなのまである)が再生されたり・・・

家族で朝から大笑いだよw

作業にぴったりな静かな音楽

最近はポストクラシカルな音楽を良く聴いています。静かなピアノの曲は作業用のBGMにピッタリ。

Ólafur Arnalds

オーラヴル・アーナルズと呼びます。アイスランド出身のポストクラシックのアーティスト。アイスランドの自然を想起する神秘的な美しいピアノの旋律を奏でるオーラヴル・アーナルズですが、意外なことに音楽のキャリアのスタートはヘヴィメタルバンドのドラマーだったとか。そして、今後はエレクトロなんかもやってみたいんだとか。多才(多彩)な人なんですね。

Jóhann Jóhannsson

ヨハン・ヨハンソンは映画音楽などでも有名なポストクラシックの作曲家なのですが、実は今年に入って亡くなっていたんです。48歳という若さで。全然知らなかった。オルフェというアルバムは彼の最後の作品なのですが、本当に美しくて、素晴らしい作品です。彼もアイスランド出身ということで、気が付くとアイスランド出身のアーティストばかり聴いている気がするのは偶然ではないようですね。

また、一つ歳をとりました

46歳です。もう、50歳も射程圏内ですね。ホントに月日の経つのが毎年早く感じる今日この頃。油断していると、あっという間に1週間なんて終わってしまいますね。最近はブランディングやデジタルマーケティングなど、もっとしっかり勉強したいと思っていまが、なかなか進まず。忙しい毎日に言い訳をしてはいけないのだけどな。それでもinoreaderを使用して情報収集と、instapaperへの分類といったことはルーチンワークとして毎日かかさずやっています。

さて、本日は家族でささやかに誕生日をお祝いしてもらったけど、インラインスケートをプレゼントしてもらいました。これで3足目。スラロームとかを趣味の程度にやるだけですが、インラインは体幹を鍛えられるので良いスポーツだと思います。

シガー・ロスの実験的なプロジェクト、アンビエント・プレイリスト「Liminal」がスタートしました。

シガーロスのアンビエント・プレイリスト・プロジェクト「Liminal」が公開されました。シガー・ロスや他アーティストの過去の楽曲や新しい曲が随時追加・更新されていくエンドレスなプロジェクトなんだそうな。「Route One」もそうだけど、シガーロスは音楽で実験的で面白いことするね!

GW家でリラックスしたい人向け音楽

GWはみなさんいかかがお過ごしでしょうか?私は連休前半に遠出は済ましていて、益子の陶芸市に行ってきました。なかなか良さげなカレー用の器を発見して購入しました。後半は家で片づけをしたり、散歩がてらに近所のカフェにいったりとのんびり過ごしています。

さて、そんなゆっくりとした休日におすすめのアルバムを2つ紹介します。一枚目はJon Hopkinsの5年ぶりのニューアルバム「Singularity」です。ゆったりと心地の良いエレクトロニック。当初はビジョンをもって進められていたアルバム制作ですが、いったん破棄して新たに直観的に作り直していったそうな。たしかにスピリチュアルなものを強く感じるかも。ちなみにm2の「Emerald Rush」はiOSのSpotifyで再生すると映像が見れて面白い。

そして2枚目はSigur Rósの「Route One」です。こちらは以前行われたアイスランドをドライブしながら24時間配信する企画で使用したBGMをアルバムにしたもの。あらためて、この動画を見ると、荒涼とした草原地帯や何もない海岸線ばかりでアイスランドって本当に何もない国なんだけど、そんな環境でもヨンシーのようなアーティストを何人も輩出しているわけで。いや、むしろ北欧こそ独創的な音楽が多いですね。人間の創造力ってすごいんだなと稚拙な表現ですが、あらためて思います。夜のBGMにおすすめの一枚です。

ARVE HENRIKSENを聴きながら想いを巡らせる

最近良く聴いているのがArve Henriksen(アルヴェ・ヘンリクセン)です。ノルウェー出身のミュージシャンで、ジャンルはモダンジャズといわれているけど、アンビエントミュージックですね。

彼の奏でるかすれたトランペットの音色はまるで尺八のようなんですが、サンプリングされた打楽器などの音源と美しく調和して、静かで、緊張感のある独特な世界観を醸し出しています。夜、静まり返った空間で、うっすらとこの音楽を流していると、とても癒されます。