映画「ダンケルク」を観た感想

多少のネタバレがあるのでご注意ください。

先週、クリストファー・ノーラン監督の映画「ダンケルク」を観た。第二次世界大戦のフランス・ダンケルクでドイツ軍に包囲されたイギリス・フランス軍の撤退戦を描いた作品だ。小学生の頃から第二次世界大戦をテーマにしたボードゲームをやっていたので、ダンケルクの戦いは知っていたが、普通の人はノルマンディ上陸作戦をかろうじて知っているぐらいだと思うので、この作品を知ったときはクリストファー・ノーラン監督はチャレンジャーだなと思った。

しかし、半年くらい前にトレイラーが公開されたとき、砂浜に整列する兵士がスツーカ爆撃機の迫る音に身を屈めて逃げ惑う映像をみて、この作品がとても面白いものになることを直観した。どこか、今までの戦争映画とは違った視点で描かれるのではないかと期待が膨らんだ。

そして、公開された映画は想像以上の内容だった。これは今までの戦争映画とは明らかに一線を画すものだ。

よくある戦争を題材にした映画では、激しい爆発や破壊のシーン、残酷な描写や、飛び交う銃弾の中をくぐりぬけ、敵兵をなぎ倒したり、仲間をかばって戦死したりする英雄などが描かれることが多かったけど、このダンケルクで描かれるのは敵の攻撃に恐怖し、逃げ隠れる兵士の姿ばかりだ。どの兵士も、ただの人間であって、それ以上の何者でもない。戦場で起こる出来事に巻き込まれるだけなのである。だから作品では一人一人の背景はほとんど描かれない。

作品では、脱出する兵士たち、それを支援する英国空軍のパイロット、そして民間救助船の船員という3つの立場の人間の視点から描かれているのだが、物語の始まりではそれぞれの時間の経過が違う。それが最後にダンケルクで会するときに時間が重なるようになっているのだ。まるで拍子の違う3つのパートが最後に一つの音楽となるように。戦場を舞台にした単なる群像にならないように、緻密な計算でまとめている。

インセプションではパラレルワールドだったし、インターステラーは時間超越をテーマにした内容だった。ノーラン監督の時間や空間の描き方は上手だと思う。

そして、ノーラン監督により淡々描かれる映像を盛り上げるのがハンス・ジマーの音楽だ。シャープで緊迫感が半端ない。どうやらこれは音がいつまでも上がり続けているように聞こえる「無限音階」という手法が使われてためなんだとか。

とにかく、面白かった!これは映画館で観ることをおすすめする。

はい、このタイミングですがiPhone Xとか、iPhone 8とか色々出たので感想

iPhone X

ついに出た!というか、やっと出たというかんじ?かなり前からTouch IDじゃなくて顔認証搭載の新型iPhoneが出るらしいと噂になっていたので、直前のリーク情報もそんなに驚きはなかったけど、やっぱり発表されて感じたのは、Appleはハードウエアのデザイン(フィニッシュ)と、iOSならではの機能の盛り込み方が上手なんだなぁということ。この機種より前にサムソンのGalaxy S8といいうベゼルレスのホームボタンなしの機種が発表されたけど、Appleのように話題に持ち上げらることはない。Appleというだけで、やれ「未来を感じさせる」とか「かっこいい」と話題になるのである。ブランド力って大事なんだなと思いました。というわけで、発売はまだまだ先なのですが、早く実物を触ってみたいなぁという感想。ステンレスのフレームもいいよね。

iPhone 8

そして、iPhone 8とiPhone 8 Plusも何気にかっこ良い。アルミの筐体にガラスのエッセンス。艶やかな見た目が美しい。以上です。

Apple Watch

Apple Watchの新しいモデルは通話のできるLTE対応ということで、やっと本格的に未来の時計になった。 iPhoneと電話番号を共有できるらしい!・・・買わないけど。

Apple TV

最後に、こちらも噂通りの4K対応のApple TV。いま、うちのApple TVがOSが古いので新しいApple TVに買い替えたいと思ってます。最近出てきたAmazonやgoogleなどのスマートスピーカービングでの主役を奪われそうなApple TV。

最後に

新しいiPhoneは以前ならすぐに飛びついていたけど、最近はエコロジーに目覚めまして・・・というのは嘘ですが、まだiPhone 7の支払いが残っているので見送ります。モバイル決済のほうで進展があるかなと期待してたけど、そのへんは何も発表されなかったのかな?そんなわけで、未来を感じるためにiOS 11を使ってみてます。通知やコントロールセンターのカスタマイズとか地味に便利。これはいい!

カキモリの万年筆

先日、蔵前に出かける用事があったので、カキモリ文具店でショップオリジナルの万年筆と「Slumber」というくすんだブルーの顔料インクを購入。通常、万年筆は水性インクがほとんどですが、カキモリでは耐水・退色性能に優れた顔料インクを顔料絵具メーカーのターナーと共同開発したんだとか。水性しか使ったことがないので少々不安がありますが、ブルーの色が気に入ったのでいろいろと書いてみようと思っています。インクは全部で12色ありますが、色ごとにストーリーがあって面白いです。

さて、肝心の万年筆ですが、透明のプラスチックのボディでカジュアルな見た目ですが、ペン軸やクリップなどがゴールドの部品が使われていて、そこそこ雰囲気あります。普段はLAMYやKakunoなどの安価な万年筆を使用している私の個人的な感想では、こちらの製品も書き味滑らかで良いと思います。ふたの閉まりもしっかりしているし、何より軽いのが良いですね。

藝祭2017へ行ってきました

本日は長男の高校の文化祭に立ち寄ってから、東京藝術大学で開催している学生の芸術祭「藝祭2017」に行ってきました。藝祭が楽しみなのはもちろんのことですが、公園から藝大まで続く学生が作品を販売している露天は見ているだけでも楽しいです。

さて、藝祭ですが、今年で70回目となるそうです。そういう節目だからかわからないけど、昨年より来場者がかなり多かったように思います。(外国人や藝祭ツアー客の人々もいました。)そういえば、今年の藝祭みこしは個性的でした。いつもは龍とか動物なんかが多いのですが、ヴィーナス誕生やバイクetc。

というわけで、今年の藝祭もユニークな作品が多くて楽しかったです。学生は作品に元気と勢いがあって良いですね。しかし、今年は作品の数が昨年より少なかったと思うのは単なる気のせいでしょうか。

夏は終わったけど、ジャック・ジョンソンの新アルバムで夏思い出しながらユルっとしようかね。

ジャック・ジョンソンの4年ぶりとなる新アルバム「All the Light Above It Too」がリリースされました。もう、夏終わっちゃったけど、休日の朝なんかにはこのアルバムを聴いてユルく過ごすのが気持ちよさそう。ジャックジョンソン好きの期待を裏切らない安心のド定番な一枚です。

Daughterの新作「Music From Before the Storm」が秋の夜長に心地よい

ポタリングの道中の景色も、田んぼの稲も黄金色に色づいたり、赤とんぼが飛んでいたりして、もう、すっかり秋の様子。だいぶ涼しくなった夜は音楽を聴きながら珈琲と小説でのんびりするのがよいですね。最近はMOGWAIばかり聴いておりましたが、先日リリースされたDaughterの新作がなかなかドリーミーで心地良い感じで、秋のヘビロテの1枚になりそう。なんでもこのアルバムはDaughter初となるサントラらしいです。一曲目の「Glass」の最初のとこ、誰かの曲に似ているんだけど思い出せない。

MOGWAIの新アルバム「Every Country’s Sun」

MOGWAIの新アルバム「Every Country’s Sun」がリリースされ早速ヘビロテ。過去の名作「Come On Die Young」の時のプロデューサー、デイブ・フリッドマンと手を組んで製作したとのこと。MOGWAIでは珍しい声付きの曲「Party In The Dark」や、前作の印象を残している静寂と轟音の美しい曲「Coolverine」ありで楽しい1枚です。

Appleのスペシャルイベントが9月12日開催決定!

Appleが新型iPhone発表になると思われるスペシャルイベントを9月12日(現地時間)に開催すると発表しています。場所はついにメディア初お披露目となるAppleの新本社、スティーブ・ジョブズ・シアター。

今までの噂によれば、iPhone7s、7sPlusのほか、iPhoneの10周年にふさわしいプレミアムなモデルが登場するのではといわれています。何がプレミアムなのか。価格は999ドルからと相当高くなるとも。

リーク情報を整理するとプレミアムモデルはこんなかんじ。

  • ベゼルレス
  • ホームボタンなし
  • 3D顔認証機能
  • ワイヤレス充電

ホームボタンなくなって、背面のリンゴにタッチID機能が付くに一票。

そのほか、Apple WatchやApple TVの新製品も出るかもしれません。

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER行ってきました

土曜日はサマソニの深夜の部、「HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER」略して「HCAN」に行ってきましたぜ!

今回はMOGWAIはじめTHE HORROES、ST.VINCENT、RIDE、Blanck Mass、Cigarettes After Sex、BEAK>、Matthew Herbertなど豪華なメンバーが勢ぞろい。

今回の自分のお目当てはもちろんMOGWAIですが、普段あまり聴かないアーティストのライブはとても楽しみ。音源ではわからないパフォーマンスでファンになることも多いですよね。

さて、当日は少し小雨がぱらついていましたが、24:00ちょい前ににメッセに到着。ゲートのところのパイナップルでお約束の記念撮影。

足早にソニックステージへ。THE HORRORSがすでにはじまっていたので後ろのほうでまったり聞くつもりでしたが、結構な熱気でいきなりスイッチオン。音も迫力あっていいですね。ライティングが暗めなのが残念。メンバー顔よく見えない。

そして途中でRIDEのステージへ。1996年に解散してから18年後の2014年に再結成したとのこと。彼らの演奏ははじめて見るのですが、ノスタルジーを感じさせるメロディとゴージャスなサウンドがとてもよかったです。とにかく演奏も上手。

途中、ST.VINCENT姐さんを覗きにいってきました。日本でのライブが世界初公開となるというライブセットということでしたが、今までのバンドスタイルではなく、ステージ中央に設置されたお立ち台に彼女が直立不動で唄うというもの。足の長さが際立ってました。(見るとこちがう?)

そのあとはRIDEを最後までみて大いに盛り上がり、いよいよ本命のMOGWAIへ。セットチェンジのときからステージ前方で待機して準備万端。

今回のMOGWAIはギターのジョンカミングスが脱退して初めて見るライブということもあって期待と不安が混ざっていたのですが、始まってすぐにそんな不安は払拭されました。かつてない爆音で一気に序盤からライブはハイテンションに。かつてない音圧に度肝を抜かれたファンも多かったようです。しかし、一言ではかたりつくせぬのがMOGWAI。爆音とはいえ美しメロディがきちんと存在し、心臓に響くドラムと空気を引き裂くようなうねるギターとが織りなすサウンドは圧倒的。あの空間の緊張感たまらないですね。

セットリストは新しいアルバムの曲が多くて意外。でもHelicon 1とかRano Panoもやってくれたしうれしかった。そして一番の盛り上がりはなんといってもSATAN。お約束のように、みんなビクッする瞬間が見れて良かった。轟音に包まれて心のリフレッシュもできたかな。

明け方のBLANCK MASSはウトウトしながら聴いてたのであまりよく覚えていません。。。すごく良かったとの評判が多かったので、もったいないことしたなぁ!

というわけで、HCAN無事終了。超楽しかったです。フジロックとかに比べたら体力的にはまだまだ余裕かな。と言いつつも、明け方の電車に乗って爆睡しながら帰路についたのでした。

新しいワイヤレスイヤホンはJBL E25BTに決定!

ショックな出来事。モンスターのイヤホンは低音の迫力があって、とても気に入っていたけど、洗濯機にかけてしまいお亡くなりに。ジップロックにいれて乾燥剤でしばらく放置してたけど復活ならず。。。というわけで、新しいイヤホンを購入することに。毎年買い替えているので、コストパフォーマンスを重視します。

Amazonなどでレビューを見てからアキヨドやe-イヤホンでいろいろと視聴してみました。まずはヨドバシの女性店員さんイチ押しされてオーディオテクニカの新商品。

さすがのAUDIO-TECHNICAというかんじで中高音域も繊細でとても綺麗な音でした。ただ低音は少し迫力が不足しているかんじ。上位モデルも試してみましたがあまり差がなかったのでこのモデルでも良いかも。

そして、発売時から一番気になっていたのはコレ。しかし、ショーウインドウから取り出してもらってびっくり、レビューでも書いてあった通りケーブルが長い。長すぎる。首の後ろにかけてたわませる感じの装着が、ちょっと見た目的に気になりました。音に関しては今までのBeatsにしてはフラットで大人しい音という印象。

最後に試したのはランキングで上位に入っていたJBLE25BTという製品。低評価も気になるけど視聴してみると、低音の迫力がある。繊細という感じではないけど中高音域の再現性もあって非常にバランスの良い音だと思います。ペアリングしたときのギターの音がかっこいいし。試聴するときはMOGWAIのMOGWAI FEARSATANという曲で試すけどドラムのバスドラとギターのノイズ、最後のほうの笛の高音で判断してます。個人的なこだわりですが。。。あと、ファブリックケーブルってのもポイント高いですね。断線しにくいですから。

というわけで、値段もお手頃、音も良いということでJBLにしました!エイジングして2~3日聴いていますがどんどん良くなっている気がします。

【番外編】コストパフォーマンス重視モデル

学生さんなどでガシガシ使う人、はじめてワイヤレス買う人はこういうモデルもおすすめです。音は意外と良いです。

おそらくこの二つはブランドが違うだけで、中のユニットはまったく同じっぽい。