BUCKUP2リリース

やっと出ましたね〜。いまひとつ使い勝手の悪かったBuckupのバージョン2がリリース。かなりの機能改善となった。

今回のバージョンアップで一番の変更は他社製のDVDやCD-ROM、外部ドライブ、iPodなど様々な保存先を指定できるようになったことだ。これは誰もが望んでいただけに非常に嬉しい。それから自動バックアップ機能や前回保存したデータに変更があった場合、更新された部分だけを更新する差分バックアップなど細かい改善があり、市販のバックアップソフトに近いものとなった。(褒めすぎ?)
早速、I-O DATAの外付けFireWireハードディスクにバックアップしてみたが保存先を指定してボタンを押してサクッと完了した。以前のバージョンがかなり挙動不審だっただけに今回のバージョンアップは評価に値する出来映えである。

REPORT OFコメントシステム導入

はすかわ氏 の作成したコメントシステムReport ofを利用させていただけることになった。そして、TrackBackも利用できるようになる!はすかわ氏に感謝。

今までHaloscan、Enatationとコメントシステムを渡り歩いてきたがどれも満足がいかなかった。サイトが激重になることが多かったり日本語が文字化けしたり…。勿論ドネーションウエアなので無料で利用している身分で偉そうなことはいえないのだけどね。

百寺巡礼のなぞ

毎週土曜日の午前10時20分、テレビ朝日で放映している百寺巡礼という番組をご存知だろうか。ロングセラー作家の五木寛之氏が心のふるさとをさがして日本列島を北から南へと寺院巡りをするという内容なのだけれど、見ているだけで我々の奥底にある日本人の心というものを呼び起こしてくれる…。そんなシブい番組なのだ。

なぜか毎週といっていいほど見てしまう不思議な番組だ。五木氏の淡々とした語り口と日本の古寺の美しい映像が、俗世の煩わしさを忘れさせ、どこか懐かしいその光景がすべてを包み込むように癒してくれる。会社や学校でいやなことがあったなら、心に孤独を感じたならば、是非この番組をご覧になってほしい。

と、ここまでアツく語ってしまったが、この番組を見ていて気がついたことがある…。制作者の意図なのか偶然なのか知る由もないが、五木氏が巡る道中は毎回といっていいほど雨なのである。雨にうたれる茅葺きの屋根や石畳、傘をさして寺院の門をくぐる五木氏の映像はもうベストマッチング。絶対に偶然ではないと思うのだけど。この番組のなぞである。

XBOXお前もか!

次期XBOXのメインCPUがインテルからIBMに変更されるようだ。マイクロソフトとインテルのウインテル連合の関係もこれにより微妙な変化が訪れるかもしれない…!?

そういえば、以前インテルCEOが「アップルがインテルプロセッサを使用しないのは愚かな選択だ」といっていたのを思い出した。これには多いに意義あり。パワーPCのどこがけないのだ。

世間的にもアップルがインテルを採用するほうがメリットがあるという意見が多い。安価なマックの登場やソフトや周辺機器の対応が広がるということだろうけど…。でも、実際はアップルがOSを供給しないかぎりPCのような低コストMacは作れないし、周辺機器についても標準化技術をマックが採用することが多くなったし、ソフトについてもウインドウズのような幅広さはないものの、Macでも殆どの作業は出来る。だからMac=インテルというのは皆がいうほどメリットがないように思える。MacOSがインテルプロセッサで動作し、かつ、ウインドウズとのハイブリッドが可能となれば話は別だけど。(これについてはインテルの次世代プロセッサでは複数のOSをエミュレーションではなく、ネイティブで動作する技術を開発中しているらしいので実現するかもしれない。あくまでもジョブズが納得すればの話だが。)

おっと、かなりMacの話になってしまったので元に戻すとしよう。なぜに次世代XBOXがパワーPCを採用したのかというところだが、今後PS2とゲームキューブの次世代機にはIBMプロセッサを採用することになっているので、その潮流を意識したことが考えられる。それからパワーPCの性能が良いという単純な理由。まだ明らかにはされていないが次世代XBOXで採用されるのはG5に近いものではないかということだ。MSにしてみればXBOXは単なるゲーム機ではなく家庭におけるメディアハブ製品となる可能性があるわけで、ここで一気にブレイクスルーを目指す可能性はある。また、MSがインテルプロセッサの将来を見据えて、G5のような急激な革新は当分ないと判断したのかもしれない。

MSの最近の様子をみていると、どうも後追いスタイルなのが気になるけどね。(前からそうだったというツッコミもありそうだが…。)以前のようなパワーが全く感じられない。独禁法裁判の影響なのかタブレットPCでコケた後遺症なのか…。

というわけでしばらくはパワーPCの未来は安泰なのである。

アップルストア銀座オープン

来る11月30日、アップルストア銀座店がついにオープンする。当日は先着2500名にTシャツのプレゼントやセミナー(有料)も開催される。

イベント・インフォメーション

●11月30日「グランドオープニング」午前10:00より (先着2,500名に記念Tシャツプレゼント)
●12月02日「Super Deluxe Showcase」午後7:30より
●12月05日「Macで音楽制作」午後7:00より
●12月10日「.Macメンバーの夕べ」午後7:00より
●12月13日「ユーザグループWelcomeイベント」午後4:00より

FAVICONの作り方

Faviconという小さなアイコンについて質問された方もいるので解説。

SafariではWindows版のIEのようにアドレスバーやブックマークにサイトの小さなアイコンを表示できるようになった。これはWindowsのアイコン形式「.ico」で作成されている。Windowsだとこの形式で作成できるアイコンエディタも多いと思うけどMacではそんなにない…。
自分が作成に使用したのはIconGrapherX というソフト。Favicon自体の仕様は16×16ピクセル、256色でマスクは1bitで作成すれば問題ないので、この形式であればどんなソフトでもよいと思う。作成方法はIconGrapherのMemberウインドウのsmall32-bit Iconのところにアイコンを作成(他の画像加工ソフトからペーストしてもいい)して、保存するときにWinXP(.ico)形式で保存してあげればOK。
さて、このicoファイルをサーバーへアップロードするときに、HPの第一階層であればそのままファイルを設置すればOK。任意のディレクトリに格納する場合はHTMLファイルのHEAD部に以下のタグを記述する必要がある。

<link href="favicon.ico" rel="shortcut icon" type="image/x-icon" />

favicon.icoパスは自分が設置したディレクトリへの相対パス、もしくは絶対パスで記述すればよい。ちなみにfavicon.icoというファイル名も任意で変更できる。本当はfaviconじゃない方がいいみたい…。

君は覚えているか、真の男の物語を…

なんと、東芝・東映ビデオ・東映アニメーションが夢のコラボレーション として「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」LIMITED SETを発売する!

HDD&DVDレコーダー(RD-XS41)に宇宙海賊キャプテンハーロックのDVD-BOXがセットになって869(ハーロック!)個の限定発売。(価格は178,000円)HDD&DVDレコーダーはRD-X41だがこの商品ではCH-869とハーロックにちなんだ型番と天面にハーロックのロゴマークが印刷された特別仕様。もちろん、起動画面や編集ナビの画面にもハーロックらキャラクターが登場するぞ!

MSとGOOGLEが合併!?

米GoogleがIPO(株式公開)に向けて動いているというニュースが注目を集めているが、そんな中、MSとGoogleが合併や協業を模索するべく話し合いをしているというニュースが。

共同創設者のセルゲイ・ブリン氏は8月にSerch Engine Strategiesというカンファレンスの中で株式公開は近日ではないがいずれはそうなるという姿勢を表した。そのときにインタビュアーのジョークとして「GoogleがMSを買収する可能性は?」という質問で会場の笑いを誘ったそうだが、そのジョークは現実となるかもしれない。

10月31日のNewYorkTimesの報道によると実際に同社はMSからのアプローチにより、協業もしくは合併を含めた話し合いを持ったということが、この会合に出席した企業幹部の話で明らかになったそうだ。会議ではGoogle側はIPOを進めるスタンスは崩していない姿勢を示したそうだがMSはあきらめていないようだ。ZDNN 参照

Googleが登場したとき、その検索精度の高さと検索一本道の内容に非常に感銘を受けた。Googleというサービスもいずれは変化していくのだろうが(実際にBLOG企業の買収や広告サービス立ち上げなどで変化はしている)、MSやほかの企業との合併などはしないほうがいいと思う。