Radiohead「A Moon Shaped Pool」

Radioheadの新しいアルバムをこの2週間くらいヘビロテして聞いてます。トムヨークの心象風景というか、現在の心境を紡いでいるんでしょうけど相変わらずの不惑なダークネスに心躍りますね。美しい音楽ではあるのは間違いないけど、不穏なメロディと歌詞は間違いなく聞く人を不安な気持ちにさせてくれる、でも聞いているうちになんだか落ち着いてしまう中毒性がヤバいです。PVも可愛いパペットが出てきたと思ったらテーマは魔女狩りだったというね。一見平和な村でも他者(異教徒)へは残虐なことも平気で行ってしまうという世の中の恐ろしさをさらっと描いています。いつもながら風刺がきいてるRadioheadでした。

Pocket

MOGWAI と The Lumineers の新しいアルバム出たよ

お待ちかね!フォーク・ロックバンドのThe lumineers(ザ・ルミニアーズ)のセカンドアルバム「Cleopatra(クレオパトラ)」がリリース。なんと全米・全英のヒットチャートで初登場1位となったそうです。デビューアルバムがいきなりのミリオンヒットだったのですが、このアルバムはさらなる大ヒットとなりそう。この人たちの音楽ってシンプルだけど魂に響いてくる。そして、ライブはパフォーマンスも素晴らしくて楽しいです。こんなに素晴らしいバンドなのに日本語の情報が少ないのが寂しいところ。

続いて来月に来日ライブを行う、もはや伝説のポストロックバンドだと自分では思っているMOGWAIの新アルバム「ATOMIC」です。なんでもこのアルバムは広島の平和記念公園を訪れてインスパイアされた作品なんだとか。もともとはBBCのドキュメント番組のサウンドトラックだったものを作り直したんだそうです。音の揺らぎと静かな旋律がまるで鎮魂歌のようにも思える。今回のアルバムはなんとも心穏やかになるアルバムだ。今までのMOGWAIは「夜」というイメージがあったが、今回は「朝霧」というぐらい正反対な印象。MOGWAIならではの壮大さがあって素晴らしい。

Pocket

BIRDYちゃんの新アルバム「Beautiful Lies」

ちょっと遅くなってしまいましたが、バーディーちゃんの3枚目となる新アルバムをじっくりと聞いてます。彼女も19歳、雰囲気もかなり大人っぽくなりましたね〜。声も表情も艶っぽくなりました。アルバム全体を通して感じた印象では、少女から大人の女性へと変わる境界を感じさせます。自分の人生の新しいステージへの第一歩を勇気を持って踏み出す。そんなポジティブなメッセージを強く感じさせます。彼女のしっとりと絹のような美しい美声から曲調が変わり、アップテンポなメロディで力強く歌い上げるサビの部分が鳥肌が立つ感じで良いです。大傑作です!

Pocket

Underworldの新アルバム、TOMATOの25周年企画展など。

Underworldの6年ぶりのアルバム「Barbara Barbara」が発売になりました。皆さんはもう買いましたか?私はすでにヘビロテ中ですが、相変わらずのオシャンティなサウンドが最高ですね。アルバムのアートワークはイギリスのデザイン集団「TOMATO」が手がけているのですが、土曜日に渋谷のパルコPART1で開催されているTOMATOの25周年記念展「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY」を見に行ってきました。なんとジョン・ワーウィックのライブパフォーマンスやってました。デザイン・タイポ好きな人にオススメです。

展示会の後は渋谷のロフトをちょっと覗いてから神南エリアをブラブラ。渋谷ファッションウィークとかやってました。ジャックスペードのお店ではインストアライブでジャズを演奏していて素敵な昼下がりでしたね。その後は学生の時の友達と昼間から飲み会でした。あいかわずのまったりとした会でしたが楽しかったなー。

Pocket

CHVRCHESが「Clearest Blue」のMVを公開

まだこの前のライブの興奮冷めやらぬ私。さて、我らがCHVRCHESの新しいMVが公開されました!(本家見れないのでHostessさんがアップしたやつです)路上に倒れこむ謎の男。そして映像は森の中。ローレンが中世の甲冑を纏っている。そこへフードをかぶったイアンとマーティンがやってきて・・・まるでファンタジーのよう。現実の世界の謎の男の話もパラレルに進行していく。そしてライブハウスでオーディエンスが踊っている映像。現実なのか夢の中なのか??はたまた続きがあるのか?最近DisclosureのMVのようにストーリー仕立てのものが多いですね。こういうの好きです。

Pocket

2年ぶりのCHVRCHESは強力に進化していて見どころ満載でした!

IMG_4238

今日は赤坂BLITZで行われたCHVRCHES(チャーチズ)の単独ライブに行ってきました!2年ぶりのCHVRCHESのライブということで、どれだけ待ち遠しかったことか。私も相当に気合いが入りました。

残念ながら今回のライブは東京だけということですが、16日に到着したメンバーは東京観光も楽しんだようで、秋葉原に行ったり、ラーメンを食べたり、猫カフェに行ったりしたそうですね。そして、昨晩行われたファンイベントには本人たちが突如参加したそうです!(羨ましい〜)そしてミーグリでファンと写真撮影なども行うなど、ファンとの絆を深めることも今回は精力的に行っていた模様。(明日も都内のどこかに出没するかも?)

今日のライブは1stと2nd合わせて17曲ほど演奏。時間にして1時間ちょっとでしたが、ローレンがキュートで、マーティンもキレッキレのダンスでイアンのコーラスも聞けて最高でした!とてもパワフル充実感のあるライブでした。海外のフェスやツアーで彼らが大きく成長したことを感じました。ローレンもステージ上もかなり激しく動き回るようになりましたしね。(以前はマイクケーブルを肩に担いで振り回す独特のパフォーマンスが印象的でした。)

というわけで、本当に楽しかったライブ。まだまだ余韻に浸ってます。また近いうちに来日して欲しいですね!出来ればフジロックやサマソニに来て欲しいゾ!

PS.ライブと全然関係ない話ですが、ライブが混雑していたのもあるけれど今回、赤坂BLITZのコインロッカーが建物の外側からしかアクセスできないのはちょっと不便だと思いました。寒い中上着も着ないで立つ人の身になって欲しいと思います。ドリンクを手に持ってたから余計に冷えてしまいました。

Pocket

カープール・カラオケが面白い!

アメリカの深夜番組「ザ・レイト・レイト・ショー」の人気司会者、ジェームズ・コーデンの「カープール・カラオケ」というコーナーがすっごく面白い!

ジェームズ自らが車を運転し、その同乗者として大物アーティストが乗り込み、車の中でトークをしたり、熱唱したりという内容なんだけど、普段見ることができないアーティストたちの姿がとても新鮮。

アデルは気さくなお姉さん。でもちょっとお下品だし。マライヤなんか最初は歌わないと言ってたのに、いつの間にかノリノリになってたり。クリスは仲の良い友達のように一緒に熱唱。「Viva la vida」でコーデンが歌詞を間違えて突っ込まれて赤面するところが可愛らしいですね。

コーデンが「ザ・レイト・レイト・ショー」の司会者に抜擢された当初、不安視する声もあったらしいですが、蓋を開けてみれば一躍大人気に。当初2年だった契約を延長して5年18億円で契約したんだとか。今ではこのコーナーに出たいってアーティストからのリクエストが殺到しているらしいですよ。

他にもワンダイレクション、エルトンジョン、ポール・スチュアートなど大物アーティストたちの動画も面白いので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/user/TheLateLateShow

Adele編

クリス・マーティン編

マライア・キャリー編

Pocket

第50回スーパーボウルのハーフタイムショーはコールドプレイ、ビヨンセ、ブルーノ・マーズがコラボ!

第50回となるスーパーボウルのハーフタイムショーはコールドプレイで始まった!LAユースオーケストラの演奏による「Viva La Vida」を披露してくれました。そのあと「Paradise」と「Adveture of a Lifetime」を続けて演奏。ノリノリになったところでブルーノ・マーズが登場し、ファンキーな「Uptown Funk」で会場大盛り上がり。そしてビヨンセが大勢のダンサーを従え、花火とともにド派手に登場し「Formation」の豪華なパフォーマンス。みんなのステージが派手すぎてコールドプレイが前座っぽいぞ!最後は3人揃ってステージはお祭り騒ぎ!やっぱりクリスが服装のせいか地味に見える。。。でも、最後は過去のハーフタイムショーの映像に合わせて「Fix You」の大合唱で感動的なフィナーレ。面白かったです!

Pocket

グライムスのライブは何度も驚いた

IMG_4137

昨晩は赤坂BLITZのグライムスのライブへ。世界的には有名な彼女だが単独公演はどんなかなと思っていたけど、そんな心配は無用の超満員でした。客層はNYLON JAPANとかに出てそうなオシャレな女の子やお洒落メンズも多かったけど、私のようなボッチなアラフォーおじさんたちもチラホラで一安心。

開演となり私を驚かせたのは前座のAristophaneだった。仕事帰りの人には前座があるのはありがたいけど、明らかにみんな固まってたかなぁ。後ろの女の子たちが最初にAristophaneの女の子が登場したときにグライムスだと思ったらしく、ツアーで食べ過ぎたのかと思ったとヒソヒソ話が聞こえて飲み物を吹きそうになった。

ステージチェンジが終わり、いよいよグライムス。大歓声の後、サングラスに赤いリボンの女性がステージに飛び込んできて激しいダンス。はい、この人をグライムスだと間違えた人は手を挙げてください。私はグライムスはダンスもキレッキレなんだなと思いました。(すぐに髪の毛の色が違うと気がつきましたけど!)

いよいよ本物が登場。「Flesh without Blood」で会場は序盤から盛り上がりを見せて前の方は最初から最後までモッシュ状態。グライムスは想像していたより小柄だった。小顔で大きな赤いリボンがキュート。MVでは奇抜な衣装が多いグライムスだけどステージ衣装はスポーティーでお洒落。私はこっちの方が断然好きだ。ステージで彼女が日本語で「オッハヨウゴザイマス!」と挨拶。近くから「夜だよん」と声が聞こえてきたがこれは社会人としては正しい。とにかくよく笑う子でウフウフと可愛らしい。

途中、サポートのHANAさんがソロで歌うところがあったんだけど、グライムスは自分のキーボードのところにちょこんと正座して彼女の歌を応援していたのが可愛らしかった。妖怪ウォッチのキャラクターの被り物も披露して会場大ウケ。

IMG_4129

メンバーはバックダンサー二人とサポートメンバー1人とシンプルな構成でしたが音もダンスパフォーマンスも迫力があって楽しいライブでした。「Realiti」も聴けたし大満足な夜となった。また彼女のライブがあったら行きたい。

Pocket

Ra Ra Riotの新しいアルバムも楽しみですな

Ra Ra Riotの新しいアルバム「Need Your Light」は2月19日に発売決定。ということで早速予約しちゃいました。このリリックビデオ「Absolutely」とってもポップで良いですね。ドライブとか通勤時に聞けばテンションアップ間違いなし。

12573153_10154424920068265_4630555456788471053_n

そういえばRa Ra Riotの公式サイトで売っているグッズが可愛いですね。レコードは半透明の水色だったりデザインもこだわってる。最近海外のデザインとか見てて思うのはフォントのFuturaが流行ってる気がする。(今さら?)

Pocket