FUJIROCK 2018行ってきました/ 29日(日)

7月29日(日)

日曜日の天気は15:00くらいまで雨が降ったり止んだりの繰り返しだったので、レッドマーキーをホームベースに。まずはトップバッターのodolを観ることにしました。透明感のある歌声、美しくて重厚なサウンドに包まれて朝から気持ちが良かった。

ちょっとだけSUCHMOS、そのあとはレッドマーキーでスペイン出身のガールズバンドHINDSを見る。女の子4人組だけあって、元気いっぱい。ロリータボイスと軽快なギターサウンドがノリノリでよ良い。そして、ときおり入る日本語のMCが可愛い。

雨が降って寒かったので、ジャスミンタイのタイラーメンを食べて体を温める。ここの料理はどれも本当に美味しい。個人的にはグリーンカレーが一番のおすすめ。

そして夏といえばこの男、ジャック・ジョンソン。グリーンステージの開放的なステージが良く似合う。しかも、あれだけ降っていた雨も予定調和的に晴れてきて、天気の神様もそこはちゃんとわかってる感じ。

相変わらずの歌声でアルファー波が出まくりで何度か夢の世界に連れていかれそうになったけど、サーフでドリーミーな音楽を堪能できた。しかもバンドメンバーの歌唱力が凄すぎて、誰が歌ってもジャック・ジョンソンなのには驚いた。

今回驚いたのはレッドマーキーで観た、SERPENTWITHFEETことジョシア・ワイズという人。初めて聴いたけど、ものすごいヴォイスパフォーマンスに全身鳥肌が立った。ルックスが変わっているから色物かと思われそうだけど、歌声は本物だ。

再びグリーンステージへ戻り、ヴァンパイア・ウィークエンドに備えるためにボブ・ディランをのんびりと観ながら体力を温存。今回、ボブ・ディランは終始ピアノを弾いて、ギターを一切さわっていなかったから、ファンの人には少々物足りなく感じたかもしれないなぁと思った。

時間はあっという間に過ぎて、いよいよVAMPIRE WEEKENDの出番だ。今回はいろいろ複雑な気持ちでいた。あのバドマングリが脱退して、3人でどれだけやれるのか、新しいアルバムがいまだに完成していなくて、彼らのバンドへのモチベーションは続いているのか、、、などなど。

でも、メンバーが登場して、1曲目の「Diane Young」でその不安は払しょくされた。めちゃ軽快で、色鮮やかな、トロピカルなサウンドが会場を一瞬で盛り上げた。いやぁ、ちょっと感動した。エズラ、めっちゃいい声出してるし、バイオは飛び跳ねてるし、クリスも狂ったようにドラム叩いてるし。「Step」聴けて感動しました。

しかし、次のホワイトステージでは本命のCHVRCHESが待っているので「A-Punk」とかは残念ながら聴けなかった(泣)また、単独で来日してほしい。

すでにホワイトステージへの道は規制が始まっていたけど、ステージ正面へ行くことが出来た。CHVRCHESが日本でも人気が出てきたのは嬉しいけど、とくに最近は若い女の子のファンも多くて驚いた。過去に来日公演で2回ほど見てるけど、ここ数年の海外フェスでの勇姿をYoutubeなどで観ているので、どれだけ成長してきたのかこの目で確認できるのを楽しみにしたいた。

開演となり、ステージに現れた3人。その姿にほっとしたのも束の間、ローレンに圧倒的なオーラを感じた。白い衣装を纏ってステージ上でクルクルと回る姿はまさに妖精そのものだった。

ライブは捨て曲なしの神曲ばかりの構成。ローレンの歌唱力は間違いなく素晴らしく、MCはお茶目で可愛いし、マーティンのキレッキレダンスは健在だし、チャーチズここにありと圧倒的な存在感だった。最高の夜になりました。

というわけで、FUJIROCK 2018終わりました。台風の影響もあったけど、それも良い思い出。少しずつ日常にもどるのが辛いけど、楽しんだあとは、また頑張ろうという気持ちになれる。VAMPIRE WEEKENDとCHVRCHESの単独公演も楽しみにしています。

Gorillazライブに行ってきた!

6月21日(木)幕張メッセのイベントホールで行われたGorillazのライブに行ってきました!

今回は家族ではなくて、娘と二人きりということで、初デートだ!と父は待ち合わせからソワソワ落ち着かない感じでしたが、ライブ会場で会えば、なんのことはなく、いつもの父娘でした(汗)

ゴリラズは私が家で良く流していた(元々はブラー)影響もあって娘が大ファンになり、いまや私よりも詳しいほどです。

さて、今回のライブはアリーナのAブロック前から数列目で、揉みくちゃでしたが、デーモンも間近で見ることが出来ました。(デーモンがアリーナに降りて来たとき、もう少しで握手出来そうでした!)プレイした曲もお馴染みの曲もたっぷりで、デラソウルも登場しFeel Good Inc.も演ってくれて盛り上がってました。新しいアルバムも楽しみ!

というわけで、娘もライブを堪能したみたいでよかった。ライブ後に駅前のサイゼリアで娘とライブの感想を語らいましたが、次、ブラーが来たら絶対に行きたいねということで。

物販では目当ての品物が早々に売り切れてしまったけど、公式サイトで買えることがわかったので、一安心。

CHVRCHESのニューアルバム「Love Is Dead」出た!

お待ちかね!CHVRCHESの2年半ぶり、通算3枚目のアルバム「Love Is Dead」がリリースされました!!今までと変わらずポップでキャッチーな曲なんだけど、大物プロデューサーによってスケールがアップしていて、チャーチズも大物感が出てきた。捨て曲なしの素晴らしいアルバム。ドライブにもBGMにもぴったり。そして、フェスが楽しみですぞ。

それにしても、自分の活舌の悪さに驚く。google homeで「spotifyでチャーチズのラブイズデッドを再生」ってやったら「おっぱいのチャーチズは見つかりませんでした」とか、かのチャーチルの演説(なぜかspotifyにはこんなのまである)が再生されたり・・・

家族で朝から大笑いだよw

作業にぴったりな静かな音楽

最近はポストクラシカルな音楽を良く聴いています。静かなピアノの曲は作業用のBGMにピッタリ。

Ólafur Arnalds

オーラヴル・アーナルズと呼びます。アイスランド出身のポストクラシックのアーティスト。アイスランドの自然を想起する神秘的な美しいピアノの旋律を奏でるオーラヴル・アーナルズですが、意外なことに音楽のキャリアのスタートはヘヴィメタルバンドのドラマーだったとか。そして、今後はエレクトロなんかもやってみたいんだとか。多才(多彩)な人なんですね。

Jóhann Jóhannsson

ヨハン・ヨハンソンは映画音楽などでも有名なポストクラシックの作曲家なのですが、実は今年に入って亡くなっていたんです。48歳という若さで。全然知らなかった。オルフェというアルバムは彼の最後の作品なのですが、本当に美しくて、素晴らしい作品です。彼もアイスランド出身ということで、気が付くとアイスランド出身のアーティストばかり聴いている気がするのは偶然ではないようですね。

シガー・ロスの実験的なプロジェクト、アンビエント・プレイリスト「Liminal」がスタートしました。

シガーロスのアンビエント・プレイリスト・プロジェクト「Liminal」が公開されました。シガー・ロスや他アーティストの過去の楽曲や新しい曲が随時追加・更新されていくエンドレスなプロジェクトなんだそうな。「Route One」もそうだけど、シガーロスは音楽で実験的で面白いことするね!

GW家でリラックスしたい人向け音楽

GWはみなさんいかかがお過ごしでしょうか?私は連休前半に遠出は済ましていて、益子の陶芸市に行ってきました。なかなか良さげなカレー用の器を発見して購入しました。後半は家で片づけをしたり、散歩がてらに近所のカフェにいったりとのんびり過ごしています。

さて、そんなゆっくりとした休日におすすめのアルバムを2つ紹介します。一枚目はJon Hopkinsの5年ぶりのニューアルバム「Singularity」です。ゆったりと心地の良いエレクトロニック。当初はビジョンをもって進められていたアルバム制作ですが、いったん破棄して新たに直観的に作り直していったそうな。たしかにスピリチュアルなものを強く感じるかも。ちなみにm2の「Emerald Rush」はiOSのSpotifyで再生すると映像が見れて面白い。

そして2枚目はSigur Rósの「Route One」です。こちらは以前行われたアイスランドをドライブしながら24時間配信する企画で使用したBGMをアルバムにしたもの。あらためて、この動画を見ると、荒涼とした草原地帯や何もない海岸線ばかりでアイスランドって本当に何もない国なんだけど、そんな環境でもヨンシーのようなアーティストを何人も輩出しているわけで。いや、むしろ北欧こそ独創的な音楽が多いですね。人間の創造力ってすごいんだなと稚拙な表現ですが、あらためて思います。夜のBGMにおすすめの一枚です。

ARVE HENRIKSENを聴きながら想いを巡らせる

最近良く聴いているのがArve Henriksen(アルヴェ・ヘンリクセン)です。ノルウェー出身のミュージシャンで、ジャンルはモダンジャズといわれているけど、アンビエントミュージックですね。

彼の奏でるかすれたトランペットの音色はまるで尺八のようなんですが、サンプリングされた打楽器などの音源と美しく調和して、静かで、緊張感のある独特な世界観を醸し出しています。夜、静まり返った空間で、うっすらとこの音楽を流していると、とても癒されます。

今年の初ライブはMOGWAIです

まだまだ寒い日もありますが、だいぶ春らしくなってきましたね!この季節、花粉はつらいですが、春は新しいことが動きはじまるソワソワした感じがして大好きです。年度末に向けて仕事も慌ただしくなってきましたが、気合いで乗り切りたいところ!

さて、今年は1月はライブに行けず、2月もbonoboのチケットを手に入れるも、行けなかったりで全然ライブ行けませんでしたが、昨日やっと初ライブに行くことができました。毎度おなじみ、安定のモグワイです。

前回の、オールナイターでの演奏が記録的な爆音でしたので、用心してイヤープロテクターなるものを用意しましたが、今回は必要ない適正な音圧でした。新木場コーストは広さ的にも丁度良いと思います。

そういえば、モグワイはドラムのマーティン・ブロックが病気療養中なので、代打のキャット・マイヤーズだったのですが、彼女のパワフルなドラムプレイは良かったですよね。刈り上げた金髪のショートヘアがカッコいい。マーティンいないのは寂しいけど、彼女も時折参加してくれたら良いかも。

というけで、毎度同じ感想で恐縮ですが、モグワイのライブ最高でした。大阪でやったRANO PANOも聴きたかったけど、JIM MORISONも演ったしね。轟音、ノイズそれらの残響、光、影、全てが渾然一体となって、無心になれるライブは自分にとって必要な心のデトックス。次のライブが楽しみです。

MGMTの新アルバム「Little Dark Age」の評判が良くてホッとしました

MGMTの真骨頂、おサイケポップな一枚が完成

MGMTの新しいアルバム「Little Dark Age」やっと出た!2年間の活動休止から復帰して、新アルバム制作に取りかかったと聞いたときは嬉しかったけど、予定よりかなり遅れていたのでホッとした気持ち。

アルバム制作中に先行発表された新曲「Little Dark Age」ですが、なんとなくMVなどから、今回のMGMTはポップさを封印してダークネスな方向に進むのかなとも思ったけど(それはそれで良いけど)蓋を開けてみたら予想外にポップでキャッチーな曲が多くて、かなりサイケデリックで、MGMTってやっぱり面白いなぁという一枚に仕上がってました。原点回帰なのか、新しい境地なのかわからないけど、まさに、「こう来たか!?」ってかんじ。

MGMTの方向性についてはアルバムが出るたびに賛否両論あるけれど、まさしく彼らは本物のアーティスト(芸術肌)ですね。ポップなのにトレンドの音とか取り入れないですしね。わざと時代を外した感じが面白い。

Slowdive好きなら絶対におすすめなMinor Victories

最近はずっとSlowdiveをヘビロテで聞いています。私は昔からのSlowdiveファンではなくて、むしろ再結成後のセルフタイトルのアルバムのような、ノイジーだけど美しいメロディ、壮大でエモい雰囲気が好きなんです。

そんな私にぴったりな一枚が見つかりました。それは、Slowdiveメンバーのレイチェル・ゴスウェル、これまた大好きなMOGWAIのスチュアート・ブレイスウェイト、Editorsのジャスティン・ロッキー、Hand Held Cine Clubのジェームズ・ロッキーらが結成したバンドMinor Victoriesが、2016年に発表したセルフタイトルのデビューアルバムです。これまたノイジーで骨太なサウンドとコーラスが美しくて素晴らしいです。お気に入りの曲はm2、m4、そして最後に壮大な雰囲気となるm10がとくに好き。彼らが継続的にこのバンドの活動を続けるのかは不明ですが、2ndアルバムが楽しみです。