映画「オデッセイ」観ました!

自分ってつくづくSF映画が好きなんだなと思った。スター・ウォーズは言うまでもなく、プロメテウス、ゼログラビティ、インターステラーと最近観た作品はどれもSFばかり。もともとSF小説好きというのはあるけど、さすがに偏りすぎなので次は恋愛やコメディ映画でも見ようと思います。

さて、肝心な「オデッセイ」の感想ですが、これまた期待通りの面白い作品でした!物語は火星探査の宇宙飛行士6人のうち、たった一人で火星に取り残された男の話。演じるのはマット・デイモン。人間が世界で独りきりという孤独感と戦いながらときにはジョークを交え淡々と記録用のビデオにしゃべりかける演技が素晴らしいですね。

主人公は救助が来るとしても4年後、31日分しかない食料でどう生き抜くのか?科学の力を駆使してサバイバルする姿に刮目しましょう!本当に驚きの連続でございました。科学の力ってすごいです。映画は二時間半で物語の進み方は単調ではありますが途中流れるBGMにはABBAなど懐かしのディスコソング満載でなぜかノリノリな雰囲気に。(なんと先日亡くなったデヴィッド・ボウイの曲「スターマン」も挿入歌として使われていました!)

この映画を見て強く感じたこと。諦めないで困難と戦うことって大切だなぁと。絶望するようなことであっても、目の前にあることを一つずつ解決していけば、道は開けるということ。最近、自分も仕事で悩ましいことが多いんだけど、この映画から勇気をもらいました。「自分の人生を生き尽くせ、人生万歳!」Viva la Vidaですよ。

スター・ウォーズEP7「フォースの覚醒」観ました!

ついについに、この日がやってきた!

J・J・エイブラムス監督による新作スター・ウォーズ「フォースの覚醒」見てきました。EP3からすでに10年の歳月が過ぎていることに驚きだけど、中学生となった長男と親子二人で見に行けるなんて感慨深いものです。

ネタバレは絶対にしてはいけないと思うので感想だけを述べたいと思いますが、それすら禁句という方はこの先読まないようにね。

スター・ウォーズは自分にとって特別な作品。スター・ウォーズEP4「新たなる希望」を父親に連れられて映画館に観に行った時から30年余りにわたって、その世界観や登場人物に魅了され続けてきた。他の映画作品とは比べ物にならないくらいに何度も見返したり、関連書籍やグッズなどもいろいろと集めてきた。

結婚して子供達が生まれてからもスター・ウォーズ熱は冷めやらず、子供達もにSW作品を見せて育ててきたから、熱狂的なファンとなってくれた長男だけでなく女子高生の長女までも大抵の登場人物は覚えているし、ジェダイマスターの名前すら言える。子供達には半ば親の押しつけ強制的だったので申し訳ないと思いつつ、今再び映画のこの話題で盛り上がれるので良かったと思いたい。

さて、映画を見終えた感想は一言で言うと「スター・ウォーズ」だった。J・J・エイブラムス監督も相当なプレッシャーがあったかと思うけど、彼は製作者として、いちスター・ウォーズファンとして相当楽しんで取り組んだに違いないと思った。だって映画のどこを切り取っても、どこもかしこもスター・ウォーズの愛に溢れているのだから。この作品はJ・J・エイブラムス監督の「新たなる希望」への完全なトリビュートな作品だと思う。

新旧の登場人物との絡みも見事なまでに自然で違和感がなかった。(旧作の英雄達が次々に出てきて胸が熱くなったけど)伝説は新たな世代に受け継がれていくんだろうなと思った。そう思わせる光景は映画館にもあった。高校生や大学生と思しき若者達が大勢見に来ていた。彼らがこの作品を観てどう思ったのか聞いてみたいところだけど、少なくとも何割かの人達はこのスター・ウォーズという神話を語り継いで行ってくれるのだろう。

とにかく素晴らしいスター・ウォーズ映画だった。だが最後は今までにない終わり方だった。次作は2017年とのことだが、もう待ちきれない自分がいる。

新たな伝説が始まった。

 

映画「エール!」観ました!

フランスで4週連続でNO1となり、750万人を動員した作品。

ストーリー

フランスの片田舎で酪農を営む一家の物語。一見どこにでもある平凡な家庭だけど長女以外は全員が聾唖で全く耳が聞こえない。高校の合唱コンクールの練習で音楽教師に歌の才能を見込まれ、パリにある音楽学校への進学を勧められるのだけど、彼女の声すら聞こえない家族は大反対。自分の夢と家族との間に立たされた少女は一度は歌を諦めるのだが・・・。

前置きはさておき、とっても良い映画ですね!

以下ネタバレあり

続きを読む 映画「エール!」観ました!

スター・ウォーズEP7「フォースの覚醒」予告第三弾!!

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」予告編の最新作にして最後(らしい)の予告編が本日公開されました!今までの予告と違って戦闘シーンや人物描写も多く、ストーリーがなんとなくわかるようなわからないような。

すでに公式HPなどで公開されている情報ではヒロインと思われる若い女性はレイと呼ぶそうですね。そしてストームトルーパーのヘルメットをかぶっていた黒人の青年がフィン。なんと今回の映像ではライトセーバーを手に、十字の赤いライトセーバーでシスと思われる人物カイロ・レンと対決しています。私が個人的に注目しているのが特殊なアーマーをまとったストームトルーパー、キャプテン・ファズマです。めっちゃカッコイイからフィギュア買っちゃう!

予告を見た限りだと帝国軍と反乱軍は戦争状態の様子。そしてダースベイダーの跡を継ぐ人物も現れて、まだまだ銀河の平和は先が遠そうです。ストーリーの中でハンソロやレイア、そしてジェダイマスターになったと思われるルークはどう関わってくるのか。きになるところですが、何れにしても公開までのお楽しみです!!

Star Wars: Episode VII The Force Awakens

http://www.starwars.com/films/star-wars-episode-vii-the-force-awakens

映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」観ました!

ずっと見たいと思っていたけどなかなか行けずにギリギリセーフ(?)で見に行けました。

この映画は予告編の通りビル・マーレー扮するチョイ悪オヤジと、隣に引っ越してきた母子家庭の12歳の少年との奇妙な交流を描いたハートフルコメディ。映画ではありふれた題材だけど、この映画の中の主人公ヴィンセントは老成円熟な老人像とはかなりかけ離れていて、どちらかというと老害といわれてもおかしくないレベルの人物。そんな老人と少年が心を通わせていく過程が面白い。物語が進むにつれて老人の知らざれる過去や他人に対する優しさ、そして次第に希望を取り戻していく姿にいつしか共感を覚える。コメディータッチではありながらも孤独な老人や母子家庭の問題など世の中の問題も描きつつ、最後はとても感動的で、観る人全ての人々を幸せな気持ちに包んでくれる脚本が素晴らしいと思った。

とにかく枯れた感じが素敵なビル・マーレーが良い味出してます。ビルマーレーと言えば私は小学生の頃に見た映画「ゴースト・バスターズ」や「3人のゴースト」などのコメディ映画で有名な俳優さんで、最近では「グランド・ブダペスト・ホテル」に出演していました。なぜか最近、若者の間で人気らしく、あのテイラー・スウィフトも「Bill Murray」と文字がプリントされたスエットを着てハイムの3人と仲良く写真を撮っていた模様。サービス精神も旺盛でTV番組には変なコスチュームで登場したり、ファンのリクエストで誕生日パーティに出席したり、一緒にカラオケしたりとなかなかお茶目な人のようですよ。

スター・ウォーズEP7の特別メイキング映像きた

https://youtu.be/3yXSVtlKvs4

アメリカのサンディエゴで開催されたコミコン2015にて「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の特別メイキング映像が公開されました。

やばい興奮する!わずか3分半の映像ですが見応え十分ですね。CG全盛の時代なのに旧三部作のように本物のセット、クリーチャーのコスチュームなど、スター・ウォーズ映画の原点はしっかりと守られているようです。

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック

001

カート・コバーンの幼少期の貴重な映像や家族や親しい友人へのインタビューなどで構成された公式なドキュメンタリー・フィルム。144分とはかなり長い作品ですね。6月27日より1週間だけの限定公開とのこと。若い頃は毎日のように聞いていたニルヴァーナだけど最近はあまり聞かなくなった。やはり心境の変化なのかな。たまに懐かしんで聞くぐらい。このドキュメンタリー見たらしばらくはニルヴァーナをヘビロテしちゃうでしょうね。

http://liveviewing.jp/contents/cobain/

スター・ウォーズのティザー第2弾公開!!

https://youtu.be/ngElkyQ6Rhs
おおっ!スター・ウォーズのティザー第2弾が公開です!

以下ネタバレあり

タトゥーインのような惑星にスターデストロイヤーが墜落して朽ちている映像から始まって、ダースベイダーのマスク登場。続いてR2D2!!そして新たなシスの姿も。ゲーム「オールドリパブリック」のシスのデザインっぽいですね。新しい帝国の勃興なのか、新デザインのストームトルーパー達。最後にはハン・ソロとチューイまで。涙

アメリカンスナイパー観ました!

昨晩、レイトショーにて話題の新作「アメリカンスナイパー」を観てきました。本作品の主人公はイラク戦争でアメリカ海軍特殊部隊「SEALs」の狙撃手として160人の武装勢力を殺害し「伝説」と呼ばれたクリス・カイルという実在する人物。彼がイラク戦争に従軍した自伝書をクリント・イーストウッド監督が映画化しました。

少しネタバレあり

続きを読む アメリカンスナイパー観ました!

フューリー観ました!

朝イチで「フューリー」見てきました。

舞台は第二次世界大戦の末期のドイツ。ベルリンを目指して進軍するアメリカ軍とそれを迎えつドイツ軍。ブラッド・ピットが演じる戦車長、愛称「ウォーダディ」の名でクルーから絶対的に信頼されるコリアーら戦車小隊5人の奮闘を描く戦争映画。

ちょいネタバレあり

続きを読む フューリー観ました!