古いiMacにSSDを内臓して高速化してみる

昨日の今日でコレ。

SSD速いね〜!と感激したのもつかの間。どうにもこうにも気に入らないのが外付けHDDケースのブルーのランプ。ピカピカ眩しくて寝室にあるiMacが就寝中でも青く光ってます。HDDは自動電源オフタイプではなく、スイッチ式なので勝手に消えてくれるわけでもなく。眩しくて本当に困ったもんだ。いろいろ考えた結果、SSDをiMacのHDDと交換してしまえばすべてを解決できるという結論にたどり着く。善は急げということで早速iMacの開腹手術を行いました。

iMacの分解についてはネットで色々と情報が出ているので分解手順についてはそちらをご覧ください。私は注意点だけまとめようと思います。

  1. 必要なのはトルクドライバー(T10)とピンセット。注意したいのは、ドライバーの軸部分が太いと、iMacのディスプレイを取り外す時に隙間にドライバーが入らない。100円ショップなどで差し替え式のトルクドライバーが売っているが、ちゃんと隙間に入るものなのか確認が必要。また、外したネジを戻す時にマグネットが強いので、ピンセットなどがあると便利。
  2. SSDを内臓HDDと交換する場合には3.5インチに変換するマウントなんかもあったほうが良いかも。私は直接両面のスポンジテープで貼り付けました。
  3. また、開腹手術中はホコリがディスプレイに着いてしまいます。エアダスター(スプレータイプ)は必須です。私はお風呂場でやったのであまりホコリは舞いませんでしたが、もし間に入ったままだとドット欠けのようになってしまう。
  4. ディスプレイのガラス取り外しには100円ショップの吸盤式フックで問題なし。真空式など高価なものは必要ないです。iMacの画面上部の左右に取り付け、少しずつ引っ張れば簡単に取れます。(新しいiMacは粘着テープで固定されてる?)
  5. ディスプレイ本体の取り外しは注意が必要です。上側と下側に基盤へと繋がる配線があるので、勢いよく開けてしまうと千切れてしまう可能性が。10cmほどそーっと開けて、まずは上部の細いケーブルを外します。コツはケーブルの根元を持って手前に引く感じです。くれぐれも上に引っ張らないでください。HDDだけの交換であれば上部のケーブルだけ外して、ディスプレイを本体から浮かせたまま、ペンなどで支えてあげれば作業が楽になります。
  6. HDDは固定してあるネジ2か所を外して上に持ち上げれば簡単に取り外しができます。この時、向かって左側に3本ほどケーブルがあるので全部抜いてしまいましょう。SSDを取り付け、ケーブルを差せば交換完了です。
  7. iMacにはHDDに温度センサーのケーブルが取り付けられていたので、SSDに交換すると温度センサーケーブルが使えないため、ファンが勢いよく回ることになります。ケーブルをショートすればファンが低速で回るようになる裏技もありますが、私はファンの回転数をコントロールするアプリをインストールしました。1時間もあればSSDへの交換作業は完了です。(新しいiMacは温度センサーケーブルなし)

それにしてもSSDは内にすると当然のことながら外付けより超高速になりました。そしてパソコンの電源と連動するので便利。というわけで、やっぱり内蔵ですね。朝令暮改ではないけれど、今回はやってみていろいろなこと勉強できたので良かったです。

Pocket

古いiMacを外付けSSDで高速化してみる

我が家のiMac 2009年モデルの内臓HDDがやたら異音を立てるようになったので、こりゃ危ないかもね、と言っていた矢先にクラッシュ。幸いにして大切なデータはiCloudと外付けHDDにバックアップしていたので大丈夫でしたが、もうHDDは寿命が近そう。初期化したら普通に使えたが、iMacもだいぶ古い。Bluetooth Low Energyも使えないし、ThunderboltもUSB3.0もない。

とりあえず、HDD交換すれば使えそうだけど、ご存知iMacは開腹手術が面倒なマシン。ディスプレイの取り外しは吸盤使えばすぐ空くようだけど、ガラスに埃がついてしまったり、温度センサーの取り付けが必要だったりと面倒。

HDDよりはSSDの方が高速になるだろうと思い、いろいろと調べているとどうやら外付けににして使っている人が多いので、早速真似してみることにした。iMac 2009はThunderboltやUSB3.0という高速なI/Oが搭載されていないけど、FW800があるので、このFWのインターフェイスが備わった外付けのケースを探してみることにした。

候補はこの二つ。

アミュレットの商品は安いけどUSBが2.0としょぼい。結局迷った挙句USB3.0も備わった OWC Mercury On-The-Go Pro USB3.0 & FIREWIRE 800にした。(将来的にUSB3.0でも使えるようにと思ったので)こちらOWCはアマゾンで¥ 13,980であるが、海外で直接購入してUSPSで送ってもらえば本体$72.99、送料$13.91で送ってもらえる。というわけで早速ポチっ・・・。

さて、購入してから数日後、発送しましたメールが来たのですが、中身を見てかなり焦る。Paypalで決済をしたんですが、登録言語が日本語になっていたので、送付先の住所がもちろん日本語になってしまった。郵便番号と番地の数字部分は問題ないのだが、漢字の部分が全て「???」と文字化けしているではないか・・・。英語でサポートにメールするも「商品は昨日送っちゃったので変更できないのでゴメンなさい!何かあれば遠慮なく言ってちょ!」という返事が。とりあえず、もう少し様子を見守るにした。

ちなみに4/25に買い物してからTransit Post office到着が4/28、アメリカ出発は4/29だった。日本への荷物到着は5/1である。そしてなんと、5/6に荷物は無事に到着した。少し時間がかかった気もするけど、送料も安いので仕方ない。それにしても宛先住所の日本語部分が「???」でよく届いたなと感心。まさか郵便番号と番地と名前だけで届くなんて。素晴らしい!

早速、到着したHDDケースにSSDを装着してみる。基盤上にSSDを差し込んでネジで固定。さらにアルミの冷却台に固定して、プラスチックケースに取り付ければ完成である。iMacとの接続は付属のWireWireケーブルで行う。

そして、SSDの初期化作業。内臓HDDのリカバリーボリュームから起動してSSDにOS Xをインストールすれば完了。FireWire800とSSDの組み合わせはデータのコピーも早い。Macの起動時間やアプリの起動も劇的に速くなり、PhotosやiTunesのファイルの表示もかなり高速になった。

購入したSSDはコレ。480GBでこの値段、安いね!

というわけで、わずかな費用で快適な動作になったので嬉しい。もちろん、SSDとの接続もThunderboltやUSB3.0が搭載されたMacであればもっと速くなるだろうけど、今はこれで十分。あとは内臓HDDが自動でマウントされないようにするだけ。ターミナルから自動マウントをオフにできるらしいのだけど。もう少し調べてみようと思う。

PS.こうやったら自動マウント解除できた

$ sudo nano /etc/fstab
UUID=(自分のHDDのUUIDを調べて入れる) none hfs rw,noauto
Pocket

新しいカバン

来年用にJACK SPADEで新しいカバンを購入しました。レザーも布地も好きですが、今回はナイロンをチョイス。軽いし雨濡れなどにも強そうです。ストラップを付ければ自転車の時にも使えそう。

IMG_9981
開封の儀。クラフトの可愛いバッグが付いてきます。
IMG_9991
ナイロンは軽くて使いやすそう。
IMG_0003
内側の収納も多くて機能的。細部もしっかり作り込まれています。
Pocket

新しい靴で気分転換

コールハーンのオックスフォードを購入。ここの靴は軽くてフィット感も素晴らしいですね。私は靴のデザインはプレーントゥよりもウイングチップの靴が好きで、いつもこのタイプを購入しているのですが次はこちらのローファーを買ってみようと思いました。

Pocket

Embossed Anchor Iphone 6 Plus Case

IMG_9642 IMG_9639

iPhoneケースを新調しました。これ、前からずっと欲しかったんだけど品切れだったんですよね。直営のオンラインストアではなくZOZOのほうにラスト1の在庫を発見したので即カートに入れました。レザーにエンボスされた錨マークが可愛いのです。これで財布とお揃いになった!

Pocket

父の日(アゲイン)

昨晩は学生時代の友人と新宿で飲んで朝帰り。そして昼は妻とクラシックコンサートに行くというちょっと肉体的にハードな週末でしたが、コンサートから帰ってみると何やらでかい荷物が届いていました。

IMG_9559

続きを読む 父の日(アゲイン)

Pocket

Sueki Ceramicsのコーヒーマグ

徳島県鳴門市大麻町にある大谷焼の窯元、矢野陶苑の5代目矢野耕市郎さんが新たに立ち上げたブランド「Sueki Ceramics」のコーヒーマグを買ってみました。私の大好きなHeath Ceramicsっぽいシンプルで厚みのあるデザインとマットな質感と優しいアースカラーの配色がとても気に入っています。

IMG_9398

磁器土で作られているため丈夫。Heath CeramicsのCoupeシリーズのマグより持ちやすくてサイズも日本人向けだと思います。良くできているけどHeath Ceramicsの特徴に似すぎているのが気になった。販売は今のところ西日本のみ。都内ではPho 321(ランドスケープ・プロダクトの系列みたい)というベトナムのヌードルショップでこのお皿たち使われているみたいですよ。
IMG_9359

マグの裏側には「SUEKI」のマークが刻まれていて可愛いです。

SUEKI CERAMICS

http://sue-ki.com

Pocket

Heath Ceramicsのコーヒーカップ

IMG_8715

わが家のHeath Ceramicsに新しい仲間が追加されました。クーペシリーズのコーヒーカップです。色はセージ・グリーンといって薄い灰緑。とっても好きな色。

陶器もさまざまですが、Heath Ceramicsようにやさしいアースカラーの配色で、マットでさらっとした手触りの質感のものはあまりないと思います。そして、かなり丈夫なんです。食洗機でガシガシ使っても全然平気。ただ、日本の陶器に比べると、サイズも大きくて、ずっしりと重たいです。大サイズのディナープレートは女性では重たく感じることでしょう。

そんなわけで、本当にお気に入りのHeath Ceramics。日本では売っているところも少なくて、なかなか買えないので、少しずつ買い足して楽しんでいます。

Heath Ceramics

http://www.heathceramics.com

Pocket

吉祥寺にカバンを取りに行く

今日は、吉祥寺の「TANDEY」というお店でオーダーした、トラベル・トートが完成したとの連絡があったので取りに行きました。

IMG_8655

TANDEYのバッグは、帆布とレザーの色をセレクト出来るほか、オプションでパイピング処理などを行うことも可能。今回私のオーダーしたバッグは深い緑色の帆布と、表面を擦った加工を施した明るいブラウンのレザー。

IMG_8663

折り返し部分を伸ばすと、結構な容量の大きさになります。また、帆布の表面は蝋引き加工が施されているので、パリっとした質感で、シワの入り方も良い感じです。

IMG_8661

ロゴのアップ、鹿のマークが可愛いですね。

Pocket

urBeatsイヤホン買いました!

Welcome to the family.

べつに、BeatsがAppleの傘下に入ったからではないです(笑)アキヨドで1万円前後のイヤホンをいろいろと試聴してみて、やっぱり一番良かったなと。娘がAKGのヘッドホンを購入したときに、聴き比べて、Beatsは低音重視かなと思っていたけど、イヤホンは意外と低音から高音までバランスが良いと思いました。まさに、自分の好きなアーティストの曲もバッチリな音質だったのです。

というわけで、早速開封レポートをば。

IMG_8635

最近の家電製品はオシャレなパッケージ多いですよね。一番外側のスリーブケースを外すと、マグネットで開閉する蓋があって、開くとイヤホンが鎮座してお出ましです。

IMG_8627

付属品は、本体のほか、イヤホンを収納するストレージポーチ(右)と、イヤーチップ(上)

IMG_8620インラインコントロールのマイクケーブルで、電話着信にも対応。マイクはちょっと上付きなのでAppleのイヤホンに慣れた人には違和感を感じるかも?でもすぐに慣れるでしょう。
IMG_8621シングルビレットのメタルハウジングのボディなので丈夫とのこと。ホワイトはグロッシーな仕上げ塗装されているのでメタルのソリッド感がまったくないです!

そして、通称「きしめん」ケーブルですが、Beatsはケーブルが断線しやすいというレビューをいくつか見かけますが、じつは他の製品と比べると丈夫な方なのだとか。それに、1年間保証付いてるんだから、気にせずガシガシ使ってみたいと思います。

追記:ベースラインが凄くクッキリと聞こえる!これはベーシストの人喜ぶー。

現在、エイジング中♫

Pocket