佐原に行ってきました

IMG_4598連休の最終日は千葉県は香取市にある、歴史的な街並みが数多く残る佐原に行ってきました。15日から17日までが佐原の大祭夏祭りで大変な賑わいだったようです。18日はお休みのお店も多いので街全体は落ち着いた雰囲気でした。

香取街道と小野川の沿岸には江戸時代に「江戸優り」として栄えた街の歴史的に価値ある建物が多く残っています。その中には江戸時代に日本国中を測量して日本地図を完成させた伊能忠敬の旧宅も。土間や居室などかつての住居の様子を間近に見ることができます。今の日本人と比較するとコンパクトなサイズに驚き。伊能忠敬の記念館には貴重な地図の資料が多数展示されていて、古地図マニアにはたまらない内容となっています。

小野川と香取街道周辺を散策。土産物屋やカフェを巡ってぶらぶら。中にはお洒落なフレンチやイタリアンのレストランもありましたので次回は是非予約してみたいと思います。小一時間ほど歩いてさすがに暑くなってきたので茶屋で宇治金時のかき氷を食べて涼を取りました。あんこも抹茶もたっぷりで美味しかったです。

思い立って出かけたのであまり見る時間もありませんでしたが、北総の小江戸、佐原観光は楽しかったです。機会があれば香取神宮や諏訪神社などの神社仏閣なども巡ってみたいと思います。

江戸時代より水郷の街として栄えたこの町も、テレビなどでも取り上げられることも多く観光地として賑わっていますが、界隈には空き家化して老朽化の激しい建物もちらほら。後継者問題などもあると思いますが、保存計画によって今後もこの佐原の素敵な街並みが維持されることを願ってやみません。

 

新宿・表参道・青山を散策

今日は雑誌で紹介されていた新感覚アイスコーヒー・ニトロブリューを飲みに行ってみた。この珍しいコーヒーが飲めるのは新宿の新しい複合施設「NEWoMan(ニューマン)」にあるVERVE COFFEE ROASTERS。最近、コーヒー界ではコールドブリューが流行ってますよね。これって日本では昔から普通にある水出しコーヒなんですが、海外では新鮮みたい。そして、このニトロブリューとはアイスブリューにニトロ(窒素)の炭酸ガスを注いだもの。見た目は黒ビールのよう。飲んでみると確かにクリーミーな泡の舌触りが面白かった。コーヒーのお供にお店のオリジナルのドーナツを頼みましたが、真ん中に刺さっているスポイトにカプチーノのシロップが入っていて、食べるときに注入するというユニークなものでした。

NEWoMan(ニューマン)は新宿駅や高速バス・タクシー乗り場などと直結し、エキナカとエキソトにファッションやレストランなどのお店が集う商業施設。さすがに新宿駅の改札付近は通行人でごった返しているけど、他のフロアは大人っぽい落ち着いた雰囲気で気に入った。新宿の喧騒を忘れさせる静かな屋外広場や屋上には会員制の家庭菜園があったりして面白いですね。

そのあと、原宿に移動して、表参道を散策しながら今日のもう一つの目的地である「CITYSHOP」へ。ここにあるデリカテッセンで遅めのランチ。お目当ては15種類のデリから5品を選んでプレートに盛り付ける5DELI PLATE。味付けも見た目もおしゃれで美味しかった。かなりのボリュームだから心してかからないと女性には少々きついかも。帰りに子供たちのために表参道のマグノリアベーカリーでカップケーキをお土産にしました。

ゴールデン・ウィーク

皆さんゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたか?

我が家は最近は子供が部活でいないことが多いので近所に買い物に行ったり、ポタリングしてのんびりと過ごしました。昨日は長女と、KITTEにある東京大学博物で剥製などの展示品を見たり丸ビル界隈でショッピングして散策。そして、本日は妻と二人で千葉県は野田市にある関宿城博物館までポタリング。結構な距離ですが、道中は江戸川の長閑な景色を見ながら会話してたらあっという間に着いてしまった。途中、関宿にあるグライダーの滑空場(?)があって、セスナに牽引されて飛び上がるグライダーが気持ちよさそうでした。

関宿城は室町時代に築城された城で、戦国時代は江戸城を守る関東の最重要拠点だったそうです。城は明治維新後に民間に移譲された後に失われてしまったそうですが、平成7年に復元されて博物館として開館したとのこと。城内は資料館となっていて、利根川・江戸川の治水についての歴史的資料や関宿藩の展示品などが並んでいて、歴史好きな人にはたまらない内容です。

春になると家電が壊れるの巻

ご無沙汰しております!

桜の花も完全に葉となってしまいましたね。少しずつ陽気になり、春のコートすらいらなくなってきました。まさに春爛漫といった感じ。毎年おなじみの通勤電車のフレッシャーズの姿を見つけては一年の始まりを感じるとともに、また今年も頑張るぞという気持ちになるのでした。我が家でもこの春から息子も高校一年生に、娘も高校三年生となり、朝の支度の時間も重なってなんだか慌ただしい日々となりました。いろんな始まりを感じる春です。

さて、そんな高揚する気持ちを一気に下げる出来事が。まず、我が家の掃除機が突如使えなくなりました。まだ買って数年しか経ってないのに!そして一つ壊れると連続して壊れるという法則が発動してしまい、メインマシンである27インチiMacが突然起動しなくなってしまいました(泣)

⌘+Rキーで起動してみると、なんとかボリューム自体は認識しているものの、ディスクユーティリティでの修復も出来ず。これはシステムファイルが完全に壊れているのか。こうなったらMacが起動しているうちにデータをサルベージしようと、もう一台のiMacにターゲットディスクモードでコピーしようと思い、よくよく調べてみたらもう一台のパソコンはThunderboltケーブルが使えなかった・・・。こうなったらFireWireケーブルを用意するしかないと思い、とりあえずAmazonで注文しておきました。

その間、ネットで友人とやり取りをしていたら、外付けHDDにOS Xインストールして起動して、データ取り出してみれば?と。そうだ、その方法もあった。OS Xをインストールするのは面倒だけど、とりあえず外付けのHDDにEl Capitanをインストールし、壊れたiMacに接続して起動すると、起動しない内臓HDDもマウントされ中のデータもすべてバックアップ取ることが出来ました。

それにしても、iCloud便利ですな。新規インストールしたiMacに再びiCloudでログインすれば、ブックマーク、キーチェーン、辞書、メールのデータすべてが元通りに。iCloudストレージにしまっておけば書類もバックアップできちゃいます。

というわけで、無事に復旧が完了。iMacもそろそろリプレースかもなぁ。ハード的に寿命が近い気がします。バックアップはマメに行うべし!

しかし、忙しい時に限ってトラブルとか起きるもので、今年も注意深く行動しなきゃいけないなぁと自戒の念にかられるのでした。FireWireケーブル無駄な買い物しちゃいましたしね!

中国出張中


水曜日から土曜日まで、中国は広州にある某日本企業さんの工場に来ています。過去の出張は深センと香港ばかりだったので新しい景色がとても新鮮です。

日中は仕事で観光は出来ませんが、空き時間は何か食べてるかメールのやり取り。GoogleやFacebookだけでなく、TwitterやInstagramも使えないのでデジタルデトックスが出来てます。

こちらの天気は雨。到着日こそ蒸し暑かったですが、あとは雨のせいか寒い日が続いてます。それにしても中国は広いですね。広大な敷地、大勢の人。特に若者が多くてエネルギッシュ。工場ではおよそ数千人の従業員がいるのですが、地方から来ている若い女の子も多くてかなり活気があります。

滞在ホテルの近くに大きな広場があるのですが、夜になると若者が社交ダンスをしてますね。インラインスケートやBMXなどのスポーツしてる人が多いです。

そして、食事は言わずもがな、中華料理の毎日。湖南、四川、広東と色々食べてます。仕事ですので写真などはほとんど撮りませんでした。少し仕事が落ち着いたら市内観光でもして、ローカルな店にも、入ってみたいですね。

というわけで、今日頑張れば明日には帰国できます。家族と味噌汁と美味しい白米が恋しい今日この頃なのでした。

追伸

ホテルのセーフボックス早速壊れた。もう今後は使わないようにしよう!

先読みする力

自分が仕事をする上で大切にしていること、それは「先読み」することです。いついかなる時でも仮説を立てて動くようにしています。なんていうと誤解されがちなのですが自分の仮説なんて完璧ではありません。仮説が当てはまらない場合が多々ありますが、正しくない場合でもすぐに思考停止しまわないで、次の仮説を実行すれば良いだけです。

その経験値が積み上がってくると、いろんなパターンの仮説が思い浮かぶようになってくるので、自分の夢や目標への到達のシナリオが最短距離で描けるようになります。ですので、どんな時でも「先読み」して行動することが大切だと思います。

特に仕事において大事なのはリスクの先読み。プロジェクトを開始する前に懸念されるリスクを洗い出し潰しておくことで、大きなトラブルに巻き込まれることは軽減出来ます。いくつかのパターンを想定しておけばトラブルが起きた時も素早くリカバリーが可能ですが、それができていないと、実際にトラブルが起きた時も後手の対応になってしまい対応に追われて時間を浪費してしまいます。先読みすることで様々な問題に柔軟に対応できるようになるのです。

先読みと言っても、具体的にどうすればいいの?という話ですが、これは目的までのプロセスをしっかり理解することです。プロセスごとのタスクを把握して、懸念する事項をリストアップ。それを整理して文章化すればシナリオとなります。実行しながら検証していけば確実に前に進んでいけます。

実際の仕事においては、仮説を実証するためにプロジェクトを企画する力や、企画を提案するプレゼン力、プロジェクトを統括する管理能力なども求められますが、その辺の話はまた今度!

質問することの大切さ

仕事の話です。

最近会社にデザイナーの新人が入社しました。2社目ということで、まだ年齢も若くデザイナーとしての経験値も少ないのですが、とにかく好奇心が旺盛で業務のこと、会社のことなどいろいろと質問してきます。先日は一緒に外出したのですが道中では数分おきに質問をしてくるのでいささか話に疲れてしまいましたが、久々に新鮮な気持になり楽しかったです。

ふと自分の若いころを思い出しました。自分は入社したての頃は新人のくせにプライドが高く、先輩に質問することをためらいがちでした。結果、コミュニケーション不足から仕事で失敗をしてしまった苦い経験があります。その時しっかり反省して自分を正すことが出来たのですが、最近の若い人は自己完結型タイプが多いような気がします。皆頭も良くて仕事は出来るのですが、コミュニケーション不足から肝心なところが抜け落ちてたりする。

もちろん、人に頼らず自立しようという意識も大切だとは思いますが、こと仕事においては相手側の説明不足も大いにあり得るわけですから、トラブルを回避するためにも懸念される問題点や課題を出し尽くす必要があります。懐疑的な思考、好奇心が旺盛な人の方がトラブルも少ないですし、どんどん成長していくと思います。

また、上司から見れば自己完結型で他人とのコミュニケーションを面倒がる部下より、なんでも質問をしてくる部下の方が可愛く見えるもんなんです。なので若いうちの特権だと思って色々と上司に質問をするようにしてみてください。

何となく思ったこと書きましたが、新人が入ってきて嬉しいということでした。

築地・銀座ちょいと散策

「寿司+散策+コーヒー」と言うキーワードから思い立ち妻と二人で築地へ。築地駅から市場までの途中にある築地本願寺に立ち寄ってお参り。お香の香りって癒されますね。今日は仏前結婚式を挙げているカップルが。観光客も皆静かに見守っていました。本堂での合掌礼拝はとても荘厳で美しいものでした。

本願寺を後にして築地場外市場へ。日曜日にもかかわらず観光客で賑わってます。どこも混んでいるのでその辺の寿司店へ入ります。久々にカウンターで美味しい寿司を堪能しました。食事の後は商店街で佃煮などのお土産を購入し、腹ごなしの散策に浜離宮恩賜庭園へ。

浜離宮は歴史を感じさせる趣のある静かな日本庭園。背後に見える高層ビルとの対比が面白い。歳をとったせいかこう言った日本庭園がすごく落ち着くのです。入り口すぐのところにある樹齢300年以上の歴史を持つ松の木が立派だった。あれが一本の木なのだから驚く。花畑にはすでに菜の花や早咲きの梅の花が咲いていて、少しだけ春を感じさせてくれました。途中、江戸時代の鷹狩りの様子の説明のパネルがあったけど、昔の人々の知恵にえらい感服しました。

IMG_4163

浜離宮での散策を終えてそのまま銀座方面へ。少し喉が渇いたので途中カフェドランブルで珈琲タイム。私はブレンドコーヒーをいただきました。ちょい苦のすっきりとした味わいで美味しかった。その後、中央通りの歩行者天国を京橋方面へぶらぶらと。リニューアルした伊東屋へ立ち寄りました。文房具って見てるだけでも楽しいんですよね。特に好きなのは筆記具のフロア。ポールスミスとコラボしたカラフルなカランダッシュが可愛かった。また、ファインペーパーの売り場は紙がグラデーションにディスプレイされていてオシャレ。仕事柄、普段よりいろんな紙を取り扱っているだけに、用紙の質感と名前が一致した時は思わずニヤリ。

というわけでよく歩いた。最近よく来るな銀座。築地も楽しかった。今度は移転してしまう前に場内で美味しいものを食べたいなと思います。