ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【音声操作編】

ネイチャーリモでリモコンをスマホに登録しまくったら、いよいよ本題のGoogle Homeで音声操作できるように設定します。

公式ページはこちら

こちらも公式の動画を一度ご覧ください。

【Google Homeとネイチャーリモの連携】

自分
ねぇGoogle 、ネイチャーリモに繋いで
Google Home
「ネイチャーリモとリンクされていません。Google Homeアプリでネイチャーリモとグーグルアカウントをリンクできます」

ここでスマホのGoogle HomeアプリにNature Remoとリンクすると出ているので許可をすればリンクの設定完了です。

さっそく、エアコンやテレビを音声で操作してみます。

自分
ねぇ、Google。ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて!

【ネイチャーリモ音声コマンド】

音声コマンドは以下のようになっています。

エアコン オン・オフ 「ネイチャーリモを使ってエアコンをつけて(または消して)」
モード 「ネイチャーリモを使って暖房(他モード)にして」
温度 「ネイチャーリモを使って◯度にして」「ネイチャーリモを使って温度を下げて」
テレビ オン・オフ 「ネイチャーリモを使ってテレビをつけて(または消して)」
チャンネル 「ネイチャーリモを使って◯チャンネルに変えて」
音量 「ネイチャーリモを使って音量を上げて、下げて」

「ネイチャーリモを使って消音にして(または音を消して)」

ライト オン・オフ 「ネイチャーリモを使って明かり(ライト、照明、電器)をつけて(または消して)」

毎回、「ネイチャーリモを使って」というフレーズを言うのは面倒なので、Google Homeの便利なショートカット機能を使ってシンプルなフレーズで操作できるようにしておきましょう。下のように設定すればOK。

ショートカットはテレビの設定は大変だけど、一度設定してしまえばOKなので気合で頑張りましょう。登録するとこのように。

自分
OK、Google、フジテレビにして!
Google Home
テレビを8チャンネルにしました

というわけで、家電のリモコンをスマートにまとめるネイチャーリモと、Google Homeを連携させて、無事、家電を音声でコントロールすることが出来るようになりました。エアコンの温度設定はもとより、テレビはチャンネルや音量まで音声操作が出来るようになって、自分の理想としていた家電スマート化はほぼ実現しました。

ネイチャーリモでは、自分のスマホのGPS機能を利用して家に近づいたらエアコンをオン、出勤時に距離が離れたらオフにするなどの操作のほか、IFTTT連携なども可能です。(ウィジェット化してホーム画面にボタン化したり、ツイートの内容によってエアコンのコントロールしたりetc)

【感想】

スマート家電ってまだまだ現実的ではないかなと思っていましたが、思っていたよりも簡単に、低予算で実現できるので、試してみるのはアリ。最終的には照明を音声でオン/オフすることができるようにしたいと思います。音声登録など、思うように作動しない場合は認識しやすいフレーズを変えてみると良いと思います。

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【設定編】

さて、ネイチャーリモの設定ですが、画像で説明するより、公式の説明動画をご覧いただければ一目瞭然。公式サイト説明はこちら

いかかでしょうか?設定も簡単ですね。レビューなどをみると、一番最初のWi-Fiの設定でつまずく人が多いようです。私も最初に数分間何も応答がなかったので焦りましたが、一度、ネイチャーリモの電源を入れなおしてみたらできました。

【初期設定フロー】

ネイチャーリモを電源と接続

スマホにアプリをインストール

アプリを起動してユーザー登録

Wi-Fiのセットアップ

・Nature Remoに接続(マニュアル記載のパスワードで接続)

・家庭のWi-Fiネットワークに接続

という流れで完了です。

続いてネイチャーリモへ家電のリモコンを登録していきます。

【テレビのリモコン設定】

こちらもネイチャーリモ公式サイトの動画が非常にわかりやすいです。テレビのリモコンについてはこんなかんじで登録していきます。

ネイチャーリモ本体に向けて、赤外線リモコンのボタンを操作して一つずつ登録していきます。たぶん、ボタンが多いテレビが一番大変です。自分はチャンネルボタン、BS、CSなどの切り替え、入力切替、音量、チャンネル切り替え、番組表を登録しました。BSなどは一度赤外線リモコンでテレビをBSに切り替えしてから、チャンネルボタンを登録してください。

エアコンやサーキュレーターなど、赤外線リモコンで操作できるものはすべて登録していきます。これで、スマホを使ってリモコン操作ができるようになります。(お使いの機器によっては操作できない場合もあります。)

続いて【音声操作編】へ続く!

ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【開封編】

というわけで、我が家のスマート家電コントローラはNature Remo(ネイチャーリモ)に決定!早速Amazonでポチっとしました。お盆休み中で運送会社の人には恐縮だけど、注文した翌日にネイチャーリモ届きました。

【開封の儀】

Google Home的なシンプルな外箱

本体と、USBケーブル、マニュアルだけのシンプルな構成

手のひらにのるコンパクトで薄型なサイズ

【設置】

ネイチャーリモをエアコンやテレビなどがリモコンで操作ができる距離に設置します。本体に付属のUSBケーブルで電源供給できる装置に接続すれば設置完了。

自分はUSBケーブルが壁に垂直にのばせるのでこれを使いました。

【設定編】に続く!

ネイチャーリモ

揺らぎ「Still Dreaming, Still Deafening」ヘビロテ中!

揺らぎの新しいアルバム「Still Dreaming, Still Deafening」が出たので、ここ数日間ヘビロテして聴いている。

1曲目「B/C」から2曲目「Horizon」へとのつながり、切なげなクリアヴォイスに轟音が重なっていく様がドラマティックでなんとも言えない。繊細さと大胆さ。静と動。ヴォーカルとサウンドの絶妙なアウトプットバランス。

彼らのサウンドは一言では表現できない。シューゲイザー、ドリームポップ、ポストロックなど様々なジャンルのミクスチュア。メンバーの音楽のバックグラウンドは相当に幅広いんだろうなと思う。彼らのようなバンドが日本にいるのが嬉しい。はやくライブで会いたいし、次のアルバムが待ち遠しい。

Kindle Fire HD 8の動作が重く感じたら!?

利用頻度の低い、我が家のKindle Fireはですが、つい先日使ってみたら、なぜか全体的にもっさりした動作になってました。立ち上がっている複数のアプリのタスクを終了してみたけどあんまり変わらず。購入した当初はかなりキビキビと動作していたはずだよなぁ・・・というわけで、調べてみたところ、googleプレイをインストールしたことにより、メモリが少し足りないのではないかということだった。

そこで、「Swapper & Tools」というアプリを導入してみました。

これは、タブレットの物理的なストレージ(SDカードなど)の空き容量を仮想メモリーとして使用するというもの。試しに使用してみたところ、劇的に早くなりました。ネットではroot化がどうとか、いろいろ意見が分かれていますが、root化は必要ありませんでした。大成功!(環境や端末によっては効果が得られない場合があるのでご注意ください。)

また、一つ歳をとりました

46歳です。もう、50歳も射程圏内ですね。ホントに月日の経つのが毎年早く感じる今日この頃。油断していると、あっという間に1週間なんて終わってしまいますね。最近はブランディングやデジタルマーケティングなど、もっとしっかり勉強したいと思っていまが、なかなか進まず。忙しい毎日に言い訳をしてはいけないのだけどな。それでもinoreaderを使用して情報収集と、instapaperへの分類といったことはルーチンワークとして毎日かかさずやっています。

さて、本日は家族でささやかに誕生日をお祝いしてもらったけど、インラインスケートをプレゼントしてもらいました。これで3足目。スラロームとかを趣味の程度にやるだけですが、インラインは体幹を鍛えられるので良いスポーツだと思います。

夜のインターネッツ遅い!って人にパブリックDNSの変更のススメ

最近、夜のインターネット回線がラグいと感じていたのですが、プロバイダのDNSサーバーが重たいようなので、パブリックDNSに変更したら、とたんに改善しましたので、同様の症状でお悩みの方がいらっしゃったら、ぜひ一度お試しください。

パブリックDNSは何ぞや?という説明につきましてはググってお調べいただければと思いますが、必ずしも高速になるわけではないですし、場合によっては遅くなることもあるようです。いくつかパブリックなDNSがありますが信用のある運営会社のものを使用した方が安心です。

さて、ではどちらのパブリックDNSが良いかというと、googleが今まではおすすめだったのですが、最近はCloudflareがおすすめです。自分はCloudflareの「1.1.1.1」「1.0.0.1」を設定したところ、12Mbpsだった光回線が、なんと55Mbpsまで改善されました!ちなみにCloudflareはIPアドレスを保存しない高速なサービスらしいです。

設定画面(Macの場合)

システム環境設定>>ネットワーク>>詳細>>DNS

google

  • 8.8.8.8
  • 8.8.4.4

Cloudflare(オススメ)

  • 1.1.1.1
  • 1.0.0.1

清澄白河をブラっとしてきました。

インスタグラムの方にも写真をアップしましたが、日曜日に清澄白河を散策してきました。春爛漫ってかんじで、歩いていると汗ばむほどの陽気でしたが、気持ち良い1日でした。満開の桜も見れました。

清澄白河はブルーボトルが出来る前後からカフェや雑貨屋がかなり増えてきておしゃれなエリアになっています。半日ほど散策するにはピッタリですね。ちょっとだけおススメのスポットをご紹介します。

続きを読む 清澄白河をブラっとしてきました。

「後で読むサービス」PocketからInstapaperに乗り換えてみた

5年間使用してきたPocketからInstapaerへ

最近、見直し&乗り換えがマイブームな私。今度は長らく愛用してきた「後で読むサービス」の「Pocket」から「Instapaper」に乗り換えてみました。Pocketは5年前よりずっと使っていましたが、最近Instapaerが無料ですべての機能を使用出来るようになったことを知り、試してみることにしました。

InstapaperはシンプルなのがGood

まず、私的に、一番肝心なのが画面のデザインなのですが、Instapaperはシンプルで良いですね!白地でスッキリしたインターフェイス、アイコンなど一目で気に入りました。余計な装飾は一切なしの潔いかんじが好感持てます。スマホ版もほぼ同じUI。

Pocketからの移行は簡単

Pocketのアカウントのオプションから、「HTMLをエクスポート」します。これをInstapaperでインポートするだけです。

Instapaperの便利な機能

記事をアーカイブしたり、シェアすることはもちろんのこと、いろんな事が出来て便利です。

・ハイライトがつけられる(気になる文章をマーカー+メモできる)


・全文からの検索が出来る(これすごい!)
・kindleへ保存した記事を自動転送(1日1回、記事を転送してくれます)
・背景色だけでなく、書体や1行の字詰めをカスタマイズ可能
・記事をフォルダで管理できる
・日本語は対応してないけど速読モードあり
などなど、無料で利用出来ます。

ちょっと落とし穴あった

さて、Instapaper良いね!と喜んだのも束の間、Instapaperへ記事を落とし込むために使うRSSリーダーの「Feedly」がスマホでは普通に使えるのに、PC版では有料でないと保存できないことが判明。

これは困ったぞということで、調べてみるとFeedlyの代替えとして「Inoreader」なるリーダーを発見しました。こちらも無料で使えるのですが、高機能で日本語にも対応しているし、評判も良さげなので、こちらも移行することにしました。

Inoreaderの移行はAPI連携で完了!

そして、Feedlyからのデータの取り込みは、こちらはエクスポートしたファイルをアップロードして取り込むのではなく、API連携でWEB経由でデータをインポート出来ます。分類カテゴリーも記事も完璧に移行完了しました。

画面はPC版ですが、iOSアプリもAndroidもあります。こちらも有料版と無料版とありますが、無料版でもかなり設定が充実しています。表示するレイアウトや文字サイズだけでなく、既読設定もいろいろ。アカウントの切り替えもできるから仕事とプライベートでの運用も出来て良いかも。

感想

まだ読んでないので既読が0%の状態。ステータスいろいろ見れて楽しい。

というわけで、「Feedly → Pocket」という流れを、「Inoreader → Instapaper」へと思い切って変えてしまったわけですが、感想としてはやってみて良かったなと。とくに、Inoreaderが優秀でしたね。これは非常におすすめ。コラボ機能、特定キーワードのハイライターもあるし、Feedを読みに行くタイミングや記事の既読率なんかも統計として確認出来るので、半年とか一年で分析してみたいと思います。

慣れ親しんだものを変えることは勇気がいりますが、一度立ち止まって考えること大切です。調べてみるといろんな発見があります。サービスや日常のルーチンも現状が本当に良いのだろうか?と常に疑問提起してみましょう。もちろん、検討したうえで変えない決断や使ってみて戻ることも大事ですけどね!

夜寝るときにパソコンをスリープにするとLEDランプが点滅して落ち着つかないという人のために

LEDライトが眩しいのだよ

自分の使っているパソコンで唯一不満なのが、夜寝るときにスリープさせるとLEDランプが青白く、ピカピカと点滅すること。

普段は全然気にならないけど部屋を真っ暗にすると、さすがにLEDランプはまぶしい。どうにかならないかといろいろと調べてみたところ、いくつかのやり方があることがわかった。

LEDランプをどうにかする方法

1.物理的にLEDランプを外してしまう

外したらさすがに光らないけど、ディスクのアクセスがわからないのは困るよね。線を外すというやり方もあります。

2.LEDランプの上から遮光シールを貼る

ランプの上から遮光性のあるシールを貼ることで眩しい光を50%~80%ほどコストカット出来るそうだ。しかし、amazonで調べてみると結構なプライスに驚く。そんなに使わないしなぁ。あ、でも家中の電化製品のLEDに使えるか。

3.BIOSの設定を変える

これが本命です。自分のパソコンだと「ACPI Setting」で出来ました。

「Power LED」という項目がありますね。これがデフォルトでは「Blinking(点滅)」になっていいますが、「Dual Color」にすればOKです。

大体のパソコンはこのような「Blink」か「Dual」のような設定があると思います。これで寝るときはスリープにしても完全に消灯してくれるので、安心して眠ることが出来ます。無事成功です!