【冬休みやりこみゲーム】圧倒的世界感という言葉がふさわしい「Battle Field V」

はい、最近はFallOut 76はすっかり起動しておりませんで、「Battle Field V」ばかりやっています。Fallout 76はちょっと休止したいと思います。

というわけで、「Battle Field V」ですが、EAの誇る「Battle Field」シリーズの最新作で、13作目の本作品は10年ぶりにWW2を舞台にした内容になっています。10年という歳月で大きく進歩したゲーム技術、ハードウエアの進化により可能となった描画性能。極限までリアルに描かれた戦場の様子は一見の価値あり!

私はオープンベータ版をプレイしていたときから、このゲームは気合が入っていて、凄いと思っていたのですが、正式版は多彩なマップで遊べるのはもちろん、64人での壮絶なマルチプレイや、ストーリーモードなど様々なゲームモードがプレイ可能。なんといっても日本語の音声もあるので、存分に世界観を楽しむことができます。

そのほか、デイリークエストやキャラクターのカスタマイズなどやりこみ要素もたくさんあります。本作品では分隊での行動が重要視されていて、分隊のメンバー同士は回復や弾薬の補給などを行うなど、お互いにカバーすることが求められ、分隊ポイントを使用すれば、分隊長が重戦車の出動やミサイルによる爆撃などの戦場支援を要請することが出来るようになります。

まぁ、とにかくすごい迫力で手に汗握ること間違いなし。とりあえずは、マルチプレイでワイワイと楽しみながら、冬休みはまったりとキャンペーンをプレイしたいと思います!

はじめてのアパラチアは危険がいっぱい【Fallout76はじめました】

FO76買ってみた

どうも!最近はゲームの話題多めですが、タイトルのとおり、つい先日発売されたばかりの話題作「Fallout76」を始めてみました!

私はPS4は所有していないのでPC版です。残念なことにマルチクロスプレイが不可能ということで、PCの人はPS4の人と一緒にプレイ出来ないようです。友達はみなPS4なので、しばらくはボッチプレイになりそうです。

ゲームの購入は公式の「Bethesda Game」のオンラインストアではなく、ゲームの通販サイト「Green Man Gaming」です。なんと今なら12%オフで購入出来ちゃいます。海外サイトですがゲームコードも問題なく利用出来て、日本語化もされていてまったく問題ありませんでした。

シリーズ初オンラインマルチプレイ

評判が高かった前作「Fallout 4」に続く本作「Fallout76」ですが、今回はオンラインゲームとなって、同じサーバーの人たちと協力してプレイすることが可能となりました。これについては賛否両論あるようですね。自分はFallout初体験なので違いを比較することはできませんのであしからず。

プレイの様子は弟者さんの動画を見ていただければ一目瞭然ですね。私はBFVを購入しようと思っていたので、リサーチ程度にとどめていたのですが、これを見てしまったがゆえに購入を決めてしまいました。

はじめてのアパラチア

50GBほどのデータをダウンロードして、キャラメイキングに30分くらい時間をかけて、やっとのことでFO76の世界、アパラチアへと降り立ちました。翌日にまた同じサイズのアップデートがきたときは、もうこのゲームやめようかなと少し挫折しました。

オンラインということで、さぞかしプレイヤーで賑わっているいるのかと思っていましたが、実際はすれ違う人もまばらで人が少ない印象。これはサーバーの仕様なのか?たまたま接続したサーバーが人が少ないのか。個人的にはもっと同時接続人数を増やしてほしい。キャンプも人来なくて寂しいではないか!

友達と楽しそうにプレイする方々を横目に一人寂しくMAPを歩く。クエストは突然変異した動物や狂ったロボットなどを倒しながら進めていくMMORPGによくあるお使い系ですが、ちょっと単調な感じです。もう少しレベルが上がるとドラマチックになるのでしょうか?

FO76で面白いなと思ったのは、自分のホームグラウンドを作る「C.A.M.P」と呼ばれるハウジング要素だったり、廃品をかき集めて武器や防具など装備をつくるクラフティング。

そして、完全なおまけだけど、スクショを撮影する「Photo mode」なる機能があるのだが、これがまた面白い。FO76の世界は美しいから、あらゆる場所に行っては写真を撮っている模様。いまは紅葉が綺麗ですね。

昨晩は、自分よりレベル下のプレイヤーが指名手配されていましたので、PvPモードにして一丁ヤッてみようかと思いましたが、すぐとなりにLV51のパワーアーマーきたいかついキャラがうろついていたのでやめました。チキンです。

というわけで、社会人ゲーマーなので夜な夜なプレイをして、レベル上げもゆっくりになりますが、まずは初めてのFalloutわからないなりに楽しんでみたいと思います。

挫折して「Battle Field V」に移行していたら笑ってくだせぇ。。。

PS.Photo modeが保存されない人へ

保存するフォルダ名が「ドキュメント」→「My Games」→「Fallout76」→「Photos」となっていると思いますが、「ドキュメント」を「Document」に変更で保存されるようになると思います。

「Diablo Immortal」しばらくないと思ってたDiabloの新作きた!

Blizzardが「BlizzCon 2018」にて、Diabloの新作「Diablo Immortal」を発表しました! しかも、今回はスマホでプレイできるそうです。

使用できるキャラクターはおなじみ「バーバリアン」「ウィザード」「デーモンハンター」「モンク」「クルーセイダー」「ネクロマンサー」のほか、新しいクラスも追加されるとのこと。気になりますね~。

ロープを降りたり、船の上で戦ったり今までにはないアクションもあって楽しそう。

スマホに最適化されたUIをそなえ、マルチプレイにも対応し、協力プレイが可能とのこと。アイテムの作成も行える模様。

でもスマホでもこれだけのクオリティということで、それなりのスペックが要求されるかも。でも、ストレス発散したいときに気軽にハクスラ出来るのは良いかもね。

気になる人は公式ページより事前登録すると、これからはじまるベータテストに参加できるらしいですよ!

公式ページ

https://diabloimmortal.com/ja-jp/

幻想的で思わず引き込まれる世界観のゲーム「GOROGOA」

ゲームの紹介動画を見て、一目惚れして即ポチした。まるで海外の絵本のような美しく幻想的な世界観をベースに、主人公の少年を動かして5色のオーブを集めていくというインタラクティブなパズルゲーム。イラストをクリックして拡大したり、ドラッグして位置を変えたり。難易度はそんなに高くないので子供でも楽しめると思います。とはいえ、今までにない感覚のパズルゲーム、ひとたび始めてしまったら最後まで一気にやってしまうことでしょう。秋の夜長におすすめです。

ニンテンドーSwitch、iOSアプリ、STEAMなどで発売中(STEAMは割引セール中です!)

夏だ!「アサシンクリード・オリジンズ」で古代エジプトを散策して楽しもう!

いやはや、暑い夏日が続いておりますね。夏らしく海や山に出かけるのも良いですが、あまり無理をせずクーラーで冷やした家の中でゲームするのも良いものです。

ゲームは最近ではLoL>PUBG>Fortniteという流れで遊んでいましたが、STEAMのセールで50%オフでお安くなっていたUbisoftの「assassin’s creed origins(アサシンクリード・オリジンズ)」をポチってみました。

もともと、アサシンが主人公のアクションゲームなのですが、最新作はアサシンのルーツ?であるエジプトを舞台にしたシリーズでして、CGで描かれたリアルなエジプトの世界が美麗で素晴らしいのですが、このゲームの開発陣のエジプト研究レベルがすごくて、世の中の古代エジプト研究者を驚かせたというエピソードがあります。

そんなアサシンクリード・オリジンズですが、じつは一切戦闘などをやらない「ディスカバリーツアーモード」というのがあります。エジプトの市民の暮らしを観察したり、ミイラづくりを見学したり、ピラミッドについて学んだり、といった具合に楽しいミッションがいろいろとあります。昔から世界ふしぎ発見!のエジプト編を楽しみに見ていた私にとっては、まさに神コンテンツ!

一通りツアーをまわると、古代のエジプトについてかなり詳しくなること間違いなしでしょう。もちろん、アサシンですので建造物は可能な限り登ってしまうことが可能なので、ピラミッドの頂上から市内を一望するなんてことも出来ちゃいます。また、キャラクターもエジプト市民やギリシャの貴族、女王や兵士など様々変更できるので、なりきって楽しむのも一興。

メインのゲームの方も楽しいですが、しばらくはこのディスカバリーツアーモードをお酒でも飲みながらまったり楽しみたいと思います。

謎解きゲーム「Please, Don’t Touch Anything」

500円の価値は十分にあるインディゲーム

Steamゲームの紹介です。「Please, Don’t Touch Anything」というこのゲーム。とてもレビューの評価が高かったのでプレイしてみました。ゲームは謎解き系です。ある部屋で留守を頼まれる主人公が、部屋を出ていく同僚に「何も触らないでね」といわれるが、目の前のパネルには気になる赤いボタンと「Restart」というレバーのみ。これは気になって触りたくなるのが人間ってものですよね。。。

謎解きはかなり難しいけど地道にクリアしていこう

ゲームは単純なボタンクリック系の脱出ゲームかと思いきや、記憶が必要になるもの、数学的なものなど、さまざまなタイプの謎解きがあり、かなりハイレベルですね。あまり詳しくは書けないけど、ある行為も、やり方によっては全く異なる結末になるところが面白いです。クリアするたびにある変化に気が付くはずなので、また別の方法を探ってみて!(順番も関係している・・・!!?)

ゲームの感想

500円で十分楽しめた!頑張れば1日でクリアできるかもしれない。シンプルなBGM、昔っぽいドット絵がいいかんじで中毒性があります。私はお正月休みに家族で助け合ってクリアしたけど、攻略系サイトは一切見ていません!想像力、閃き、動体視力、記憶力を総動員させれば必ず解けるはず。なかにはgoogle先生の力を借りる問題もあるけど、それは攻略法ではなく調べるためのものだから問題ない。ちなみにiOS版もあるみたいですね。

画像はクリア少し前のもの

というわけで、あなたも購入ボタンをポチッと押してみよう!

神秘的な水中世界を探索するゲーム「ABZU」をプレイしてみた!

美しい神秘的な水中世界を探索する「ABZU」

STEAMでセールだったので「ABZU」を購入してお正月休みにプレイしてみました。このゲームはダイバーのの少年(?)を操作して色鮮やかな海の中を自由に泳ぎ回りながら、探索するアドベンチャーゲーム。

とにかく言葉では言い表せないほど美しい海の世界に、ついついゲームの進行を忘れて泳ぎ回ってしまいます。物語を進めるにつれて海の世界も、深海へと変化していき、そこに住まう生物たちも変化していきます。大型の魚はつかまって一緒に泳ぐことも可能。

ゲームとしてはシンプルだけど世界観がすごい

ゲームは主人公を操作して進めていくだけの簡単なもの。セリフもテロップも何もないけど、美麗な映像と抒情的な音楽によってストーリーがしっかりと展開されていき、時を忘れて感動的なエンディングへと誘います。

プレイ時間は2時間くらいだから、ちょっとした映画を見ているようです。海を探索することによって実績が解除されるアチーブメントシステムもあるので、時間をかけてゆっくりと海の世界を堪能するのも良いと思います。

感想

とにかく海の世界や癒しが欲しい人にはぴったりのゲーム。美しいグラフィックを盛り上げる神秘的な音楽も素晴らしいですね。ちょっと部屋を暗くして大画面でプレイすると感動モノなので、一度プレイしてみてほしい。とてもリラクゼーション効果のあるゲームだと思います。ただし、アクションや謎解きを期待している人には物足りないかもしれない。

追記:フルスクリーンモードで画面が緑色になってしまう人へ

フルスクリーンモードでプレイすると画面が緑色になって、点滅してしまう場合がある。筆者の場合、NVIDIAコントロールパネルでディスプレイ>解像度の変更でNVIDIAのカラー設定を使用することで解消された。ご参考まで。

STEAM:ABZU

【SWBF2】スター・ウォーズ バトルフロントIIやってみました!

ここのところ仕事でハードな日々が続いていましたが、なんとか片付いてほっと束の間。発売日が待ち遠しかったゲームの「スター・ウォーズ バトルフロントII」を夜な夜なプレイしています。

このゲームはハイクオリティな映像でファンにとっては垂涎モノなのですが、課金要素が強すぎて大批判を浴び、現在は課金要素を一時停止中とのこと。発売元のEAとしては開発費を少しでも回収すべく課金要素を強めにしたいと思うのですが、課金要素が強いほど、無課金の人との差が大きくゲームバランスが悪くなってしまうので難しいところですよね。バトルフロントIIがどこに着地するのか気になりますが、とりあえず、数日間プレイしてみて、かなり面白いゲームだというのは間違いないのでご安心を。無課金でもスターウォーズの世界好きには十分楽しめる内容ですし、実際に2日間で全ヒーローアンロックできるようですし。(廃人プレイですが)

バトルフロントIIの良いところ

超美麗の映像
もはや映画のようなCGクオリティ。シネマティクスだけじゃなく、プレイ中の画質もすごいクオリティ。爆発、光線だけじゃなく、木漏れ日や、建物、地面の質感に至るまでディティールがすごい。実際のマルチプレイの様子が以下の動画。HDにしてご視聴ください。

キャンペーンが秀逸
前作ではなかったキャンペーンモードが搭載されています。帝国軍の特殊部隊員が主人公のストーリーが展開されます。単なるドンパチだけでなく、ドロイドを操ったり、忍び寄って敵を倒したりと、映画のようで楽しいです。

マルチプレイの大乱戦の楽しさ
40人の同時対戦でのドンパチが楽しい!ストームトルーパーで突撃して散るのもよし、ジェダイのライトセーバーでバッタバッタとなぎ倒すのも爽快です!もちろん歩兵戦だけでなく、AT-ATや戦闘機などにのって参加することもできるので、スターウォーズの世界を思う存分に堪能できます。

バトルフロントIIの残念なところ

キャラの性別などを選べない。
ここ、感情移入するのに大事なところ!

まぁ、不満なところはそれぐらいというわけで、全般的には大変満足度が高いです。本作品は拡張コンテンツも無料なのもうれしいですね。はやくグリーヴァス将軍とかオビワン・ケノービとか使いたいですね。スターウォーズファンはとりあえず買いましょう。PS4、PCでプレイできます。

PUBGやってみたよ

久々にゲームの話題です。

今自分がハマっているのは「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」略して「PUBG」というゲーム。

三人称視点のFPSゲームなんですが、面白いのはゲームのルール。プレイヤー総勢100人ほどが8平方キロメートルの島を舞台に、飛行機からパラシュートで降下。家や倉庫などに落ちている武器や装備を拾いつつ、最後の一人になるまで生き残りをかけて争うという、いわばバトルロイヤル。

生存可能ゾーンが時間を追うごとに狭くなっていくので、建物にずっと潜んでいるわけにはいかず、移動しているところを狙い撃ちされてしまったり、その逆もあったり。心理戦的なところもあって奥が深い!

武器はアサルトライフルやショットガンなど多彩。スコープなどのアタッチメントで強化できる。序盤に容量の大きいバックパックを拾うことが肝要。さらに救急セットやエナジードリンクは忘れずに拾いまくる。

最後の一人になることを「ドン勝」というんだけど、残念ながらまだ8位までしか達成できていません。焦って移動してるところを狙撃されることが多くて、まだまだ我慢が足りないのかも。待ち伏せしたほうが有利なんだよね。

というわけで、このゲームは面倒なレベリングも必要ないし、すぐに始められます。操作に慣れれば誰でも同じ土俵ってのが良いですね。プレイ時間もそんなに長くなくサクッと終るのでおすすめ!

自分もドン勝してみたい!

WindowsのPCを買った その2「キーボード&マウス編」

無事にWindowsパソコンが到着して、金曜日の夜からいろいろといじってます。それにしてもGTX1060 6GBの性能は文句なしですな。フレームレートの制限をかけなくても良くなったので滑らかに動きます。

ちなみにマウスとキーボードはロジクールのゲーミングタイプです。両方ともバックライトが光ります。(設定でオフにしたり、ブリージングさせたりすることが出来ます)見た目だけでなく応答性や打鍵感なんかもいろいろと試してみたのですが、予算的これが良いと思いました。

何事もシンプルイズベストにこだわってますが、今回はWindowsパソコンなので、とことんギークな感じにしてみようと思います。液晶モニターをアームスタンドに交換し、iMacに内蔵していたSSDを換装すれば完了。あとはスピーカー。Creativeのパソコン用スピーカーにするつもりです。

PS.CreativeのT10購入。これはいい買い物だと思う。この値段でこれだけの迫力のある音が出れば大満足ですね。ちょっとだけこもった感じもするけど、全体的にバランスがよい音。低音の響きが気持ち良い。