【SWBF2】スター・ウォーズ バトルフロントIIやってみました!

ここのところ仕事でハードな日々が続いていましたが、なんとか片付いてほっと束の間。発売日が待ち遠しかったゲームの「スター・ウォーズ バトルフロントII」を夜な夜なプレイしています。

このゲームはハイクオリティな映像でファンにとっては垂涎モノなのですが、課金要素が強すぎて大批判を浴び、現在は課金要素を一時停止中とのこと。発売元のEAとしては開発費を少しでも回収すべく課金要素を強めにしたいと思うのですが、課金要素が強いほど、無課金の人との差が大きくゲームバランスが悪くなってしまうので難しいところですよね。バトルフロントIIがどこに着地するのか気になりますが、とりあえず、数日間プレイしてみて、かなり面白いゲームだというのは間違いないのでご安心を。無課金でもスターウォーズの世界好きには十分楽しめる内容ですし、実際に2日間で全ヒーローアンロックできるようですし。(廃人プレイですが)

バトルフロントIIの良いところ

超美麗の映像
もはや映画のようなCGクオリティ。シネマティクスだけじゃなく、プレイ中の画質もすごいクオリティ。爆発、光線だけじゃなく、木漏れ日や、建物、地面の質感に至るまでディティールがすごい。実際のマルチプレイの様子が以下の動画。HDにしてご視聴ください。

キャンペーンが秀逸
前作ではなかったキャンペーンモードが搭載されています。帝国軍の特殊部隊員が主人公のストーリーが展開されます。単なるドンパチだけでなく、ドロイドを操ったり、忍び寄って敵を倒したりと、映画のようで楽しいです。

マルチプレイの大乱戦の楽しさ
40人の同時対戦でのドンパチが楽しい!ストームトルーパーで突撃して散るのもよし、ジェダイのライトセーバーでバッタバッタとなぎ倒すのも爽快です!もちろん歩兵戦だけでなく、AT-ATや戦闘機などにのって参加することもできるので、スターウォーズの世界を思う存分に堪能できます。

バトルフロントIIの残念なところ

キャラの性別などを選べない。
ここ、感情移入するのに大事なところ!

まぁ、不満なところはそれぐらいというわけで、全般的には大変満足度が高いです。本作品は拡張コンテンツも無料なのもうれしいですね。はやくグリーヴァス将軍とかオビワン・ケノービとか使いたいですね。スターウォーズファンはとりあえず買いましょう。PS4、PCでプレイできます。

ぶらりと秩父へ行ってきた

この3連休は気持ちよく晴れて嬉しいですね!最近は雨ばかりだったのでインドアなかんじでしたが、金曜日は長男のクロスバイクの試乗に付き合ってサイクリング。かなり久々に息子とサイクリングでいろいろと話せて楽しかったです。そして、土曜日は思い立って紅葉を観に電車で埼玉県の秩父へ行ってきました。レッドアロー号じゃなくて、急行などを乗り継いで行ったんですけど、途中で乗り換えがあわただしくて、それはそれで楽しかった。

西武秩父駅に降り立つと、すぐ目の前には武甲山が。切り取られた山肌が妙に迫力がありますよね。駅前には「祭の湯」という温泉施設が今年の4月にオープンしたばかりなんだそうで、お客さんで賑わってました。温泉・お土産屋・フードコートが一体化した施設は観ているだけでも楽しいですね。フードコート内の売店にあったジェラートがちょっと珍しいのですが、秩父の日本酒「秩父錦」や、ウイスキーの「イチローズモルト」などお酒のジェラート。日本酒の風味がするジェラートはとても美味しかったのでおすすめです。


そしてもう一つの目的地、ミューズパークという大きな自然公園の中にあるカフェ、「メープル・ベース」へ。秩父の山も紅葉が綺麗でしたが、この公園内のイチョウ並木も綺麗でしたね。メープル・ベースでは秩父の楓の木を使ったメープルシロップ作りで有名なお店。残念ながら秩父の楓のメープルシロップはすでに売り切れということですが、パンケーキを食べて公園内を散策。レンタルサイクルなどもあっていろいろ楽しそうです。

帰りに祭の湯で日本酒の飲み比べを。このセットで600円。宮城県のお酒と地元秩父の日本酒を飲み比べてみました。どれも本当に美味しい。秩父は水が美味しい(いろんな川の源ですからね)のでお酒が美味しいんですよね。個人的には秩父錦がおすすめです。まろやかだけど後味がすっきり辛口で美味しい。

そういえば、日本酒によくついてる「正宗」という名前。なんで同じ名前がついてるんだろうと帰りの電車で話題になったのでグーグル先生で調べてみたら、むかし「桜正宗」という酒造のお酒が有名でよく売れていたので、他の酒造が真似してつけたのが始まりなんだって。そしてなぜ、「正宗」と名付けたのかは調べてみてください。面白いですね。

というわけで、話がそれてしまいましたが、秩父は本当に良いところでした。次回は宿泊していろんなところに行ってみたいかな。夏の長瀞も良いですし、冬は「秩父夜祭」という日本でも有名な夜祭もあって、これも楽しそう。

本日はジュリアン・ベイカー聴いて静かな午後を過ごしてみる

仕事もだいぶ段取りがついたけど、まだ予断はできない状況。来週が勝負どころ。コンペなど提案型の案件が次々と決まってうれしい反面、納期もほぼ同時並行なので仕事の取り方は気をつけなければならないと思うのであった。仕事の受注までの道のりは初期提案が最重要で、どこまで踏み込むかでだいぶ変わってくる。待ちの姿勢やプレゼン費用がかかることを躊躇していては仕事は取れないと思う。たとえ受注できなかったとしても良い印象を残すことって大切な布石だからね。獲得にかかる費用や手間も、もちろん限界はあると思うけど、その顧客のLTVをしっかりと意識して取り組むべきだと思う。入り口部分の利益なんてごくわずかだけど、どれだけ広げられるかどうか、想像力をもってやっていかなければいけないと、私は思います。

さて、週末の天気は良くないと天気予報でやっていたので、土曜日は家で過ごすことにしました。朝早く妻と買い物をすませて、午後はのんびりと自分の時間を過ごしてます。先日リリースされたばかりのジュリアン・ベイカーの2ndアルバムを聴きながら。1stでかなり完成された感があったのだけど、2ndも相当に素晴らしかった。彼女の歌声と静かなギターのアルペジオやピアノが心を揺さぶってきます。揺らぎ感がすごいんです。彼女の歌声は神への祈りのような。心の内から溢れる気持ち(希望・後悔・祈り)を表現しているような唄い方。少しだけ部屋を暗くして聴くとじつにしっくりとくる。

ジュリアンは信仰心の強い家庭で育ったけど、十代は孤独や精神不安から薬物に手を出したり、いろいろとあったみたい。現在の彼女からは想像できないけど、パンクバンドでボーカルをやっていたというから驚き。インディーズレーベルにこだわるのもパンク的な思想があるからなのか。とにかく、いろいろあった彼女だからこそ、あの唄い方なんだなと妙に納得した。

そんなジュリアンが、来年の1月に来日公演するとの知らせが。ぜひ、行きたいですね。

Wolf Aliceのライブ(渋谷WWW X)へ行ってきました!

渋谷のWWW Xで行われたWolf Aliceの単独ライブに行ってきました。仕事終ってから急いで渋谷に向かうも、WWW Xじゃなくて、間違えてクアトロに行きそうになってしまい、時間ギリギリ。会場に到着するとすでに満員で、横の入り口から入って前のほうになんとか入り込めました。客層は比較的に外人と、男子が多かったかんじ。若い女子は少な目で、私と同じ世代ぐらいのサラリーマンのおじさまもチラホラ。やはり、おじさんは美貌の持ち主、ボーカルのエリー目当てなんだろうなぁというわけで、なんか親近感を感じるのでした。

すぐにライブは始まり、一曲目は2ndアルバムの人気のシューゲイザーな曲「Heavenward」から。ドリーミーかつ壮大な曲で引きこませてから、1stのおなじみ「You’re A Germ」、2ndからシャウトな曲「Yuk Foo」とノリノリの曲を連続で演奏してみんなの心を鷲掴み。2ndアルバムの曲も多めだったけど、観客も盛り上がっていた。

好きな曲「Don’t Delete The Kisses」も演奏してくれた。最近はエレクトロやポップな曲ばかり聴いていたから、ロックなサウンドにガツンとやられましたね。名曲「Silk」は残念ながらやらなかったけど、それを差し引いても最高のライブでした。グランジロックかと思えばドリーミーな曲をやったり、本当に飽きさせることなくあっという間に時間が過ぎてしまった。

Wolf Aliceのライブは去年より、エリーの歌に迫力があったと思う。もともと上手なんだけど、やや演奏に負けている感があった。それが完全に払拭されていて、彼らはライブを相当こなしてきたんだろうなと思いましたね。どんどんパワーアップしていくWolf Aliceの今後から目が離せないです。

BECKの新しいアルバム最高かよ

お待ちかね!BECKの渾身の新アルバム「COLORS」がリリースされました~。もうね、タイトルの通り、色鮮やかな音楽がぎっしり詰まった1枚です。BECKって本当に唯一無二の存在ですね。良曲というか、神曲ばかりでハズレなし。ドライブにもパーティーにもおすすめですよこれは。今月の23日、24日と武道館とコーストでライブがありますね。残念ながら23日は先に予約したWolfaliceのほうに行きますが(これも楽しみなのだ)コーストは行きたいなぁ。

TOKiMONSTAの新しいアルバム「Lune Rouge」

すっかり秋も深まって涼しくなってきたと思ったら、日曜日はいきなり暑くなったりして、体調崩して風邪気味な人が多いみたいですね。今日は体育の日ということなので、朝から筋トレやジョギングなどをして、健康的に過ごしてます。ジョギングから帰ってきて、朝ご飯を食べながらTOKiMONSTAの3rdアルバム「Lune Rouge」を聴いてます。アジアンなテイストを随所に織り交ぜ、センスが良いメロディとビートが心地よいです。

日本印度化計画?かくして私は西葛西へ向かうの巻

最近、Wolf Aliceの新しいアルバムをヘビロテで聴いているんですが、「Yak Foo」という曲を聴いてるとなんかひっかかる。

そう思って何度も何度も聴いているうちに、あの曲を思い出した。・・・筋肉少女帯の「日本印度化計画」

はい、そう思ってるのは私だけだとは思いますが、日本印度化計画を聴いているうちになぜか無性にカレーが食べたくなったので、前から一度行ってみたかったインド料理のメッカともいえる、インド料理店や食材店が多い、西葛西へ行ってきました。高架下や駅前には飲食店も多いけど、案外落ち着いた雰囲気で住みやすそうな街ですね。

正直、いろいろなインド料理の店があって迷います。ネットや雑誌でいろいろと下調べはしていたのですが、実際に店舗の雰囲気で決めました。家庭料理的な店の「レカ」のビリヤニも大変魅力的ですが、今回はリーズナブルで美味しいと評判の「ムナル」へ行ってきました。

メニューはランチのセットから、タンドリーセットを注文。カレーは2種類から選べるとのことで、キーマとバターチキンにしました。辛さはマイルド、中辛、辛口、激辛から選べます。最近、ボンベイのカレーで汗だくだくになった私は無難に中辛でオーダー。カレーにナンとライス、タンドリーチキン、サラダとドリンク付きで1280円、ナンとライスはお替り自由(!)ナン、カレー、ライスは100円増しで大盛(!)というサービス満点なお店。

写真ではわかりづらいですが、ナンはチーズ入り。チーズが甘しょっぱくて美味しい。そしてカレーはサラッとしているタイプです。キーマはほどよい辛さでしたが、バターチキンはかつてない衝撃的な甘さ。これは、苦手な人もいるかもしれませんが、個人的には癖になりそうな甘辛具合でした。

食後は腹ごなしで西葛西の駅前を散策してから、もう一つの目的地、「スワガット・インディアンバザール」へ向かいます。ここはインドな食材のお店で、豆やスパイスなどがリーズナブル。そしてインドならではの珍しいお菓子や生活雑貨なんかも取り扱っていて、見ているだけでも楽しいです。

お土産にインドの紅茶と、珍しいクノールのスープ、ココナッツのクッキー、そして「ソアン・パブディ」なるインドの伝統的な菓子を購入。このお菓子、Youtubeでsoan pabdiで検索すると作り方の動画が出てきますが、砂糖を溶かして細く引き伸ばして糸状にしていったものを層にして型抜きする非常に手のかかる製法で、写真の見た目ではわかりづらいのですが、綿菓子のようなフワフワっとした食感です。そして甘い。でもカルダモンの風味がなんともいえない清涼感で、インドのお菓子って意外と奥深い感じ。

そんなわけで、はじめての西葛西でしたが、インドなお店と人が多くてとても楽しかったです。ことカレーに関して言えば、日本のカレー専門店のほうが日本人向きだとは思いますが、いわゆるインド料理店をお探しならば是非一度、西葛西へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ついに出ました!Wolf Aliceの2ndアルバム「Visions Of A Life」は名曲揃いで名盤決定!

待ってました!Wolf Aliceの待望の2ndアルバム「Vision Of A Life」がついに発売となりました。1stアルバムがあまりに完成度が高いから、2ndのハードルは相当高いぞと思っていましたが、すでに先行して発表されていた曲も含め、どの曲もWolf Aliceの魅力が満載。ときにはシューゲイザーで切ない曲かと思えば、ポップでノリの良い曲があったり、ハードコアで突き抜けた曲などバラエティ感があって楽しいです。これは名盤決定です!

Anna Of The Northの1stアルバム「Lovers」

ノルウェー出身のアンナとプロデューサーであるブレイディ・ダニエル-スミスのポップデュオのデビューアルバム。2014年のシングル「Sway」を聴いてからずっとアルバムの登場を楽しみにしていたんだけど、期待を裏切らない一枚でした。アンナの透明感ある歌声とやさしいトーンのシンセサウンドが心地よいです。このアルバム、アンナが製作当初に失恋していたため、失恋ソングばっかりの一枚なんだとか。なんとなく、切ない感が漂うのはそういうことだったのか。

Cigarettes After Sexの音楽はドリーミーだから本当に寝てしまう

Cigarettes After Sexというテキサス出身のドリーム・ポップなバンドが最近ツボってます。先日のHCANにも出演していた彼らの音楽は本当にドリーミー。ボーカルのグレッグ・ゴンザレスの甘美で退廃的な歌声に、ついつい、夢の世界へ誘われてしまいます。夜眠れない人は一度試してみてほしい。絶対にウトウトしてくるから。でも、決して退屈ってことじゃなくて、音楽的にも素晴らしい。カート・コバーンの娘、フランシスもこの人たちの音楽を絶賛していたそうですね。おすすめの曲は「Each Time You Fall in Love」です。