完全ワイヤレスイヤホン「ANKER Zolo Liberty」がすごい!

はじめての完全ワイヤレスイヤホンはANKERに

ついに、完全分離型のワイヤレスイヤホンにしてみました!

購入したのは充電機器でおなじみANKERの 「Zolo Liberty」というモデル。ANKERのオーディオ機器なんか大丈夫?と思っている人はこのイヤホンを使ってみたらその認識は覆されるとおもいますよ。とにかくすごくよく出来てる!

ちなみにこの会社、最近はオーディオ製品のほか掃除機や加湿器まで幅広く展開していて、これから楽しみなメーカーです。

開封の儀!

外箱はこんな外観。イエローのカラーはいままでのAnkerとは違うイメージ。吊り下げフックがついていたので上に引っ張って開けるのかと思ったら、横開きのパッケージでした(笑)

製品の内容物はこんなかんじ。イヤホン、充電器ケース、USBケーブル、イヤーチップ(×2セット)、イヤホンカバー(×3セット)

イヤホンのセットアップ

というわけで、さっそくセットアップして使ってみます(ドキドキ)

専用の充電ケースからイヤホンを取り外すだけで自動的にイヤホンの電源がオンになるとのことなのですが、購入時はケースと別にイヤホンがパッケージされていたので、一度ケースに入れて取り外してみた。LEDランプが白く光り電源オン。

iPhoneで使用するときは「設定」の「Bluetooth」から「Zelo Liberty」が表示されていればタップしてペアリングさせて接続完了。よくあるワイヤレスイヤホンのようにペアリングのときに電源ボタン長押しとか必要なし。

イヤホンの装着感は問題なし

意外と大き目(ハウジング部分が)なのが気になっていたイヤホンですが、耳に装着したら、イヤーチップ部分は問題なくフィット。グラグラすることもなく、歩いたり、ジャンプしても外れることはなさそうだ。製品には付属でシリコン製のイヤーチップやカバーがついているけど全然必要なさそう。というか、カバーは付けない方が良い気がする。

いざ、実聴!完全ワイヤレスとは思えない音質!

お気に入りの音楽をいくつか視聴してみた。前述したハウジングの大きさもあって、しっかりと迫力のある音だ。低音がずっしりと響き、中音域もメリハリのある音で気持ち良い。高音域はあまりキラキラしていない感じで、ロックやエレクトロ、EDMにはかなり向いていると思う。キー高めの女性ボーカルやクラシックはどうかなと思って試してみたけど、音割れもなく、とくに違和感はなかったのでオールマイティだと思う。完全ワイヤレスなのに、こんな音質とはまったく素晴らしい!

製品の良いところ、気になるところ

一番良かったのは電源のオン・オフ&iPhoneとの接続がケースからの出し入れで済むということ。これはかなり便利。さらに素晴らしいのはケースに入れれば最大で24時間の再生が可能となること。一回の充電では3.5時間と短めだが、日常の使用では全然問題ないと思う。

購入時に気になっていたたのは左右のイヤホンの接続性。完全ワイヤレスイヤホンだから仕方ない部分もあるかなと思っていたけど、家の中で数時間視聴してみた限りでは接続が切れることは一回もなかった。ふつうのBTワイヤレスイヤホンと同等。

また、地味に便利な機能としては、右側のイヤホンのカバー部分を2回押すと、iPhoneのsiriなど音声アシスタントが使えること。(外じゃ使わないけどね!)

一点だけ気になったのが音量調節で、音声アシスタント経由か、スマホ側ボリュームボタンでしかコントロール出来ないということ。イヤホン側では一切操作できないのだ。とはいえ、イヤホンのボタンを一回プッシュすればオン・オフできるので、何かあったら切断すればよいかなと思うし、ボリュームの調節はそんなに頻繁にはしないので問題ないかもしれないけど。

感想まとめ

とにかく、驚くことが多かった完全ワイヤレスのイヤホン。イヤホンの左右がケーブルつながっていない気持ちよさ!iPhoneから離れて家の中を移動してもクリアーに音楽聞けるし、ちょっとした運動でも耳から外れることもない。そして、技術の進化もさることながら、この価格設定は非常に素晴らしいですよね。AirPodsなどと比較しても決して性能は悪くないと思うので、完全ワイヤレスイヤホンに興味がある人におすすめしたいですね!星★★★★★

追記:動画の音声について

ネット各所をチェックしていたときに、動画再生時の音声遅延についていくつか見かけたのだが、筆者の環境iPhone 7でWi-fiと4G接続時の動画再生では全く気にならなかった。動画を再生したのはYoutubeアプリ、AmazonのPrime Videoアプリだ。

 自分の購入したモデルの上位版もあります。こちらはケース仕様での音楽再生時間が48時間。Bluetoothも5.0になってより接続性能もアップしているようです。

 

夜寝るときにパソコンをスリープにするとLEDランプが点滅して落ち着つかないという人のために

LEDライトが眩しいのだよ

自分の使っているパソコンで唯一不満なのが、夜寝るときにスリープさせるとLEDランプが青白く、ピカピカと点滅すること。

普段は全然気にならないけど部屋を真っ暗にすると、さすがにLEDランプはまぶしい。どうにかならないかといろいろと調べてみたところ、いくつかのやり方があることがわかった。

LEDランプをどうにかする方法

1.物理的にLEDランプを外してしまう

外したらさすがに光らないけど、ディスクのアクセスがわからないのは困るよね。線を外すというやり方もあります。

2.LEDランプの上から遮光シールを貼る

ランプの上から遮光性のあるシールを貼ることで眩しい光を50%~80%ほどコストカット出来るそうだ。しかし、amazonで調べてみると結構なプライスに驚く。そんなに使わないしなぁ。あ、でも家中の電化製品のLEDに使えるか。

3.BIOSの設定を変える

これが本命です。自分のパソコンだと「ACPI Setting」で出来ました。

「Power LED」という項目がありますね。これがデフォルトでは「Blinking(点滅)」になっていいますが、「Dual Color」にすればOKです。

大体のパソコンはこのような「Blink」か「Dual」のような設定があると思います。これで寝るときはスリープにしても完全に消灯してくれるので、安心して眠ることが出来ます。無事成功です!

神秘的な水中世界を探索するゲーム「ABZU」をプレイしてみた!

美しい神秘的な水中世界を探索する「ABZU」

STEAMでセールだったので「ABZU」を購入してお正月休みにプレイしてみました。このゲームはダイバーのの少年(?)を操作して色鮮やかな海の中を自由に泳ぎ回りながら、探索するアドベンチャーゲーム。

とにかく言葉では言い表せないほど美しい海の世界に、ついついゲームの進行を忘れて泳ぎ回ってしまいます。物語を進めるにつれて海の世界も、深海へと変化していき、そこに住まう生物たちも変化していきます。大型の魚はつかまって一緒に泳ぐことも可能。

ゲームとしてはシンプルだけど世界観がすごい

ゲームは主人公を操作して進めていくだけの簡単なもの。セリフもテロップも何もないけど、美麗な映像と抒情的な音楽によってストーリーがしっかりと展開されていき、時を忘れて感動的なエンディングへと誘います。

プレイ時間は2時間くらいだから、ちょっとした映画を見ているようです。海を探索することによって実績が解除されるアチーブメントシステムもあるので、時間をかけてゆっくりと海の世界を堪能するのも良いと思います。

感想

とにかく海の世界や癒しが欲しい人にはぴったりのゲーム。美しいグラフィックを盛り上げる神秘的な音楽も素晴らしいですね。ちょっと部屋を暗くして大画面でプレイすると感動モノなので、一度プレイしてみてほしい。とてもリラクゼーション効果のあるゲームだと思います。ただし、アクションや謎解きを期待している人には物足りないかもしれない。

追記:フルスクリーンモードで画面が緑色になってしまう人へ

フルスクリーンモードでプレイすると画面が緑色になって、点滅してしまう場合がある。筆者の場合、NVIDIAコントロールパネルでディスプレイ>解像度の変更でNVIDIAのカラー設定を使用することで解消された。ご参考まで。

STEAM:ABZU

iPhoneのガラスフィルム貼り初め

年末にガラスフィルム割れる

昨年の話になりますが、年末の大掃除で押入れから古い金属製筐体のHDDが出てきたので、中身を確認しようとしたら不注意で倒れてしまい、あろうことか私のiPhone 7のガラスフィルムが蜘蛛の巣のようにヒビが入ってしまいました。

すぐさま近所の家電量販店で液晶保護フィルム(ガラスフィルムではなく)を購入したのですが、iPhoneの曲面ガラスに対応したフィルムが、思いのほか貼りづらくて見事に失敗してしまったんです・・・。

AmazonでNimazoのガラスフィルムを注文

さすがに同じ店でフィルムを買うのが恥ずかしい小心者な私は、Amazonプライムを活用して翌日到着で手配することにしました。

AmazonでiPhone 7のガラスフィルムを検索すると、なんと「2枚入り」のガラスフィルムがかなりお安く売っているではないですか!メーカーは「Nimaso」というところでしたが、ガラスフィルムは「日本製素材旭硝子製」で硬度も9Hで透明度も高いとのこと。品質は良さそうです。

レビューを見ると評価は高めが多いようです。低評価レビューもありましたが、大抵は失敗した人のコメントだろうと思い購入しました。(この値段なので、さすがに2枚のうちどちらかは使えるんじゃないかというぐらいの気持ちです)

セット内容が充実していて、安心して作業できる!

パッケージが意外と高級感がありました。封がちょっと開けづらかったですが、内容物はガラスフィルムが2枚、アルコールパッド、仮止めシール、マイクロファイバークロス、ホコリ除去シール、スキージーが2セットと親切です。

無事、作業完了!

さて、肝心のガラスフィルムですが、iPhoneの画面にピッタリなサイズなので曲がって貼ってしまうと端から明かりが漏れてしまいそう。

でも、このガラスフィルムは個人的にとても貼りやすく、仮止めシールもついていたけど使う必要なかった。ガラスフィルムは硬さもあって持ちやすいので、位置合わせしやすいです。

貼った後にガラスの真ん中を指でタッチすると空気がきれいに抜けていきます。端も浮くことなく綺麗に仕上がりました。

感想

こちらのガラスフィルム、滑りも滑らかで、指紋もつきづらいです。そして透明度も高いので写真も綺麗に見えます。2枚入りで、この値段とはかなりコストパフォーマンス良いですね!気持ちにも余裕が出てきます。良い買い物をしたと思います。

iPhone X用


iPhone 8 / 7用

iPhone 8 Plus / 7 Plus用

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

皆さんは大晦日と元旦はいかがお過ごしでしたか?私は大晦日は「笑ってはいけない」を見て過ごし、元日の朝は家族でお節料理を食べてから神社に出かけるいつも変わらないパターンでした。

さて、話は変わって今後のブログの方向性についてのご報告です。普段よりご覧いただいている方はご存じだとは思いますが、20年以上のアップルユーザーの私が、どういう心変わりか昨年は自宅のパソコン環境をMacからWindowsに全面的に移行したために、昔のようにアップル製品を話題中心にした記事はおそらく相当減っていくと思われます。(もちろん会社ではアップルは使い続けていきますよ!)

ですので、今後は好きなカフェや音楽の話題、トラブルシュートやゲームやプロダクトの購入レビューなど雑記が中心になっていくと思いますが、たまにのぞいいただければ幸いです。拙い文章ではありますが、少しだけ人の役に立つ、自分ならではの視点に基づいた記事が提供出来ると良いなぁと思っています。

というわけで、今年もよろしくお願いいたします!

廃棄するMacのリサイクル回収はどうするの?

今年、2台のiMacが相次いで壊れてしまったので、年末に不要となったiMacの回収をアップルにお願いしました。

パソコンの回収ってお金かかるんじゃない?って思ってる人、じつは2003年以降に発売されたパソコンについてはパソコンリサイクルマークがついていてメーカーが責任をもって回収してくれるんですね。

というわけで、この制度を利用してアップルに回収してもらおうと思ったのですが、肝心のリサイクルマークってどこ??となりまして、Googleで調べてみるとリサイクルマークはシールとして製品に同梱されているとのことが判明しました。

しかし!・・・このシールは箱などと一緒に捨ててしまったようでどこを探しても見当たらない。これは無料でパソコンを回収してくれる業者に頼むか、それとも有料で回収かなぁと思っていたのですが、アップルに電話してみると意外な回答が!

なんと、電話でリサイクルシールを紛失した旨を説明すると、製品の販売年が2009年、2011年なのでリサイクルプログラムの適用になるとのこと!アップルの回収申し込みページでパソコンの型番を「iMac after 2006」とすれば良いとのこと。(リストの一番下の表記で申し込みすれば料金支払い不要となります。)さすがアップル!

あとは、エコゆうパック伝票が送られてくるので、梱包しておいた不要パソコンに伝票を貼りつけて集荷に来てもらえば完了です。

梱包はダンボール箱のほか、ごみ袋を二重にして破れないようにして包むでも大丈夫です。自分はさすがに長年お世話になったのでプチプチでしっかり梱包しました。

最近はネットで検索すると無料の回収業者も多いようですが、実際はいろいろと制約もあったりして、お金が発生するケースも。ここは安心安全なメーカーの回収がおすすめです。というわけで、無事無料にて回収完了したのでした。

2017年を振り返りつつ、個人的ベスト10曲を決めてみた

クリスマスあたりからめっぽう寒くなりましたね。風邪ひいてる人が多いようなので皆さんもご用心くださいな。私は28日で仕事納めでした。昨日より、大掃除したり、買い出ししたり。今年一年を振り返って、仕事では新規開拓を担当したりしてかなり忙しかったけど、総じて充実していたような。それなりに結果を残せたので良かったと思います。来年はさらに頑張っていく所存。

音楽のライブはあまり行けなかったけれど、家族でCOLDPLAY行ったのは良き思い出。全員が曲を熟知しているので楽しかった。あとはSigur Rósですね。FUJI ROCKのときも素晴らしかったけどけど、ホールでの計算された舞台演出には恐れ入りました。そして今年最後に観に行ったJapanese Breakfastのライブがとても印象に残りました。ミシェルに元気もらった。さぁ、来年はどんなライブが待っているのか楽しみです!

さて、世の中では音楽メディアや音楽好きな人たちが今年のベストアルバムとか今年のベスト曲なんかを発表されています。みんな本当に様々なジャンルやアーティストを聴いていて関心しきり。そんな音楽クラスタの方がの中でもとくに評価が高かったのは「Slowdive」でしょうか。私は正直に名前しか知らなかったので(ブリットポップ世代なもので)初めて聞いたのですが、一気にファンになりました。

というわけで、最後になっちゃいましたが、自分の中での今年のベスト10曲をセレクトしてみました。

https://itunes.apple.com/jp/playlist/2017-my-best/pl.u-qpRlaF3A7Jl

意外と普通な選曲でしたね(汗)でも、ノリが良いので許し下さい。私はみんなのおすすめ曲を聴きながら年を越したいと思います。今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!よいお年を。

CrevoのUSB 2.0デジタル顕微鏡がかなり楽しい!

ちょっと前の話になるけど、AmazonでCrevo社のUSBデジタル顕微鏡を購入した。個人的には、特に興味があるわけではなかったけど、Amazonのセールでかなりお安くなっていたし、理科大好きな妻が野菜や植物の表面などをマイクロスコープで観察したいなぁと言っていたのを思い出したのでポチっとしてみた。

しかし、実際に届いてから何となく使っていたら、顕微鏡での観察が思いのほか楽しい。操作も簡単だし、LEDライトがついているので被写体が鮮明に映る。さらにマイクロスコープは取り外してハンディタイプになるので便利。ついつい家にある様々な物を拡大してみたくなる。野菜の表面や、人間の肌とか頭皮とかはかなり面白いのだけど、個人的に最も驚いたのは日本の紙幣だ。印刷の版が緻密ですごい技術で造られているのがわかる。

じつはこの顕微鏡、製品に添付のCD-ROMのソフト「MicroCapture Pro」がWindows10に対応していないっぽい。しかも、メーカーのHPなどにも用意されていない模様。(連絡するとダウンロードリンクを教えてくれるらしい)ネットにはダウンロードサイトもあるがどこか怖い。しかし、慌てるなかれ。どこぞの怪しいソフトなどをダウンロードしなくても、最新版のWindows10では「USB Microscope」として普通に認識されるのだ。

肝心のキャプチャーソフトだが、Amazonのレビューでは「VirtualDub」や「VLC」などのキャプチャ対応のソフトであれば使えるとありましたが、これまたWindows10の「カメラ」ソフトにて静止画と動画のキャプチャーが可能でした。撮影した画像はカメラロールに保存されます。(連携していればOneDriveにも)動画の場合、mp4形式に保存されます。

今年のライブ納め「JAPANESE BREAKFAST」が最高でした!

もう今年も残すところあとわずか。仕事はかなり片付けたので、忘年会などが終わればもう少しホッと出来るのではないかと思ってます。そして今日はスターウォーズEP8「最後のジェダイ」を見に行くので楽しみです。

さて、というわけで先日の12月11日(月)になりますが、代官山UNITで開催された「JAPANESE BREAKFAST」のライブに行ってきましたのでレポートをば。サポートアクトは「ミツメ」と「TAWINGS」と盛りだくさん。

まず、「TAWINGS」からスタート。女性4人組のポストパンクバンドということですが、昨年デビューしたばかりにもかかわらず、海外アーティストのサポートアクトなどを何度も務めているようです。可愛さ+気だるさが絶妙でしたが、オリジナル感がもう少し出るとよいですね。ドラムの子が淡々と叩いていて良かったです。

お次はかなり実力があると評判の「ミツメ」です。ミツメだから勝手に3人組だと思っていたけど、4人組でした。これまたライブは初見でしたが、ギターもなかなかの迫力で良かったです。邦ロックも良いです。家に帰ってから彼らのYoutube観たら、また違った雰囲気なんで二度楽しめました。(Youtubeのコメントがウケた)

そして、本命の「JAPANESE BREAKFAST」ですが、いろいろと驚きの連続でした。まず、ボーカルのミシェル・ザウナーがかなり小柄なこと。MVとか観ているともう少し身長があるのかなと思っていたのですが、恐らく157cmくらい。小さくて可愛い。そんな彼女がライブで元気いっぱいに跳ねまわるものだから、これまた驚きでした。

声量もあって、声も良く通るから、ライブもかなり盛り上がってましたね。時折、チャーミングな笑顔ニコニコってするのにやられました。個人的には今年のベスト3に入れたいと思います。

というわけで、今年最後のライブとなってしまいましたが、楽しかったですね。来年はもっといけるといいなと思っています。

Macが壊れたのでWindowsに写真やiTunesのデータを移行した【追記あり】

さらば我が家のiMacよ

我が家のiMacが2009年モデルについで2011年モデルもご臨終となった。今年2台のMacが相次いで逝ってしまった。長い間よく頑張ってくれました。次はもう一台Windowsデスクトップを購入し、Macはノートにしようと思ってます。とり急ぎ、Macにあった音楽や写真という大事なコンテンツが利用できなくなるのはまずいので、現在の私のメインであるWindowsマシンに移行することにしました。

HFS+ドライブはWindowsで読めません

うちはずっとMacでやってきたのでバックアップもHFS+フォーマットした外付けHDDドライブ。当然のことながらWindowsマシンにつないでもマウントすらしません。「HFSExplorer」というソフトをインストールしてHFS+フォーマットのドライブをマウントさせてバックアップデータをWindowsマシンにコピーしました。このソフトは別途Javaが必要になるので先にインストールしておきましょう。ソフトの使いかたは「Run HFSExplorer in Administrator mode」を起動して、Fileメニューより、「Load File System From Device」を選択して「AutoDetect」でスキャンして、ドライブからファイルを指定して任意の場所に「Extract」するだけ。

iTunesの移行

まずはiTunesの移行です。Macのときはバックアップデータを戻すだけで簡単に復旧できましたが、MacからWindowsへの移行ではファイル名の制約の問題もあるかもしれないし、事故が起きそうなのでやめました。ちょっと時間はかかりますがiCloudミュージックライブラリからダウンロードして戻す方法にしました。自分のライブラリが読み込まれれば、あとは必要な音楽データをダウンロードするだけなので簡単です。容量が多い人はコピーしたほうが良いでしょうけどね。また、今後はWi-Fi環境なのでApple Musicの曲はローカルにダウンロードしないことにして容量を節約するようにしました。

写真の移行

さて、一番の問題は家族の写真データです。Macの写真ライブラリをどうやって取り込むか悩みました。しかし、写真のフォルダの中身を見ているとライブラリの中に「Masters」というフォルダがあり、オリジナルの写真データが日付ごとにフォルダーに格納されていました。撮影日の日付などもファイルに記録されているので、Windowsのフォトにドラッグアンドドロップでカメラロールを持ってくることが出来るのです。(アルバムは無理です)ただし、今後の運用のことも考えて、Windowsのフォトではなくて、クラウドに保存するGoogleフォトを利用することにしました。高画質モードで容量無制限なのが素晴らしいと思います。(オリジナルデータのまま保存するには15GBの容量制限あり)自分の場合、最近はスマホで撮影することが多いし、昔の写真もファイルサイズが大きいわけではないので問題ないと思いました。

iPhoneのカレンダー

iPhoneのカレンダーはデフォルトをGoogleカレンダーに変更しました。これで、iPhone上で予定を追加したときにWindows上で使用しているGoogleカレンダーに同期されます。家族で共有するカレンダーはiCloudのカレンダーを使用し、仕事やプレイべーとの予定はGoogleカレンダーというわけです。

Macなくなったけど!

20年以上のMacユーザーとしては信じられない事態。今まで、Windowsが、同時に3台とか存在することはあっても、Macが存在しないことはなかった。慣れ親しんだMac OSがなくなるとやっぱりさみしい。これは紛れもない事実だけど、MacはWindowsと違ってシンプルでスマートで使いやすい。しかし、Windowsもいろんな事が出来るし、マシンは高スペックでもかなりお安い。ずっとMacばかり使っていた人間にとってはある意味新鮮で楽しい。というわけで、言い訳になってしまったが今回は当面の運用を考えて、コスパに優れたWindowsマシンをさらにもう一台買い足しする予定。ゆくゆくMacBook Airでも購入しようかなと思ってます。

【追記】
HFS+ボリュームをマウントさせるためのソフトはParagonソフトウエアの「HFS+ for Windows by Paragon Software」を使うともっと簡単です。無料ですし、安定しています。ダウンロードリンクは下記より。
https://backstage.paragon-software.com/jp/free/hfs-windows-free/