ネイチャーリモ&Google Homeで家電スマート化計画【導入編】

以前、紹介したGoogle Homeですが、意外と活用しています。毎日テレビのON/OFFとSpoitifyの曲をかけるのに使ってますからね。でも、もう少しスマート家電らしい使い方ができても良いんじゃないの?と思っていたところ、家のTVのリモコンがおかしくなってきたので、赤外線リモコンを集約してコントロールできる機器を導入して、Google Homeで操作してみようということになりました。

【候補選び】

まず候補にあがったのが、以下の3つ。失敗してもダメージが少ない1万円以下の価格帯で、レビューや評価が高いものを抽出しました。

正直、どれも良いんですが、ラトックシステム「スマート家電コントローラ」は結構昔から発売されていたのでAmazonでもベストセラー認定、だけどアプリのUIがあまり好みではないのと、ハードウエアのデザインが黒なのがNG。

そして価格も丁度よくて、洗練されたアプリが良さげなLinkJapanの「eRemote mini」ですが、レビューも多くて参考になります。しかし、本体が円筒縦置きなので、設置場所に制限が出てくるので見送りました。

結果、導入決定となったのが、Nature, Inc.というところの「Nature Remo」という製品。正直メーカーの知名度はないですが、シンプルなハードウエアのデザイン。アプリもシンプルなので自分の好みに合っているということでこれにしました。なんといっても壁面にひっかけて設置できるのがグッド。

上位モデルもあり、こちらは温度、湿度、照度、人感センサーつき。他の人のレビューみたら赤外線の送信力はまったく同じで、湿度、照度、人感センサーがないだけとのこと。

Nature.Inc

公式サイト:https://nature.global/

【開封編】に続く!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です