ARVE HENRIKSENを聴きながら想いを巡らせる

最近良く聴いているのがArve Henriksen(アルヴェ・ヘンリクセン)です。ノルウェー出身のミュージシャンで、ジャンルはモダンジャズといわれているけど、アンビエントミュージックですね。

彼の奏でるかすれたトランペットの音色はまるで尺八のようなんですが、サンプリングされた打楽器などの音源と美しく調和して、静かで、緊張感のある独特な世界観を醸し出しています。夜、静まり返った空間で、うっすらとこの音楽を流していると、とても癒されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です