カキモリの万年筆

先日、蔵前に出かける用事があったので、カキモリ文具店でショップオリジナルの万年筆と「Slumber」というくすんだブルーの顔料インクを購入。通常、万年筆は水性インクがほとんどですが、カキモリでは耐水・退色性能に優れた顔料インクを顔料絵具メーカーのターナーと共同開発したんだとか。水性しか使ったことがないので少々不安がありますが、ブルーの色が気に入ったのでいろいろと書いてみようと思っています。インクは全部で12色ありますが、色ごとにストーリーがあって面白いです。

さて、肝心の万年筆ですが、透明のプラスチックのボディでカジュアルな見た目ですが、ペン軸やクリップなどがゴールドの部品が使われていて、そこそこ雰囲気あります。普段はLAMYやKakunoなどの安価な万年筆を使用している私の個人的な感想では、こちらの製品も書き味滑らかで良いと思います。ふたの閉まりもしっかりしているし、何より軽いのが良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です