macOS SierraでWi-Fiがスリープ解除後に切断する件【修正】

※記事の内容を修正しました。

macOS sierraにアップグレードしてはや数日が経過しましたが、特に大きな問題もなく、順調に稼働していました。しかし、マシンがスリープから復帰した時に、Wi-Fiが切断され、手動で再接続しなくてはいけない事が度々あって、最近、ほぼ確実に再接続しないとネットに繋がらない状況になっていました。

しかし、解決は意外とあっさり。ルーターを再起動したところ嘘のように復帰した模様。macOS側でネットワークの設定を削除して再設定しても変化しなかったのですが、ルーターを再起動したら一発でした。

2台のMacをmacOS sierraにアップグレード後、両方とも同じ状況になっていて、片方はネットワーク関係の初期設定ファイルを削除しても改善しなかったのが、ルーターの再起動で両方のマシンが改善されたのではないかと思います。

MacのOSをアップデートしてからWi-Fi接続にお困りの方、一度お試しあれ。

すみません、もう一台のiMacもルーターの再起動だけでは症状が再発してしまいました。ネットワーク関連ファイルも削除、ネットワーク環境も再構築し、再起動で今の所大丈夫のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です