iPhone 7(ブラック&ピンクゴールド)を購入。ついでにイヤホンもワイヤレスにしてみた。

img_0089

予約しなくても無印7ならすぐ買える。ただし色による。

予約していたiPhone 7 Plusが発売日には入荷しないとのことだったので、早々にiPhone 7に切り替え、発売日に無印7のブラックとピンクゴールドをゲットすることができた。家電量販店の店員さんに確認したところ、iPhone 7 Plusは発売日にはわずかしか入荷せず、iPhone 7に関してはジェットブラック以外は在庫があるとのことだった。予約販売のせいか店頭も落ち着いた様子。新型スマートフォンの発売に人々が熱狂して行列した時代も今は昔という感じでしょうか。

さて、まだApple Payが利用できない状況ではありますが、早速iPhone 7を使用してみました。iOS 10はベータで使用していたので違和感なく使えていますがiPhone 6Plusだったので画面が小さいこと、3D touchの押し加減に戸惑っています。(すぐに慣れましたが)

ホームボタンの設定はすぐに変更した

ちなみに、ホームボタンを押し込んでロック解除は面倒なので設定を変更しました。設定>一般>アクセシビリティ>ホームボタン>指を当てて開く

また、何かを設定していてホームボタンにグッとなる触覚も、設定>サウンドと触覚>システムの触覚をオフにすることでグッとしなくすることができる。

メッセージのエフェクト出ない人は視差効果をオンにしよう

あと、画面の視差効果を減らすの設定をオンにしていると、メッセージなどで文字にエフェクトをかける機能が利用できなくなるのでご注意ください。それにしてもメッセージのエフェクトてんこ盛りすぎ。世の中はLINEとか使ってる人が多いと思いますが、うちの家族はメッセージ活用しているので楽しいです。

使ってみての感想

iPhone 6 Plusから無印7への変更で画面サイズが小さくなったのは違和感があったけどすぐに馴染んだ。やはりこのサイズ感は使いやすい。スボンのポケットに入れておけるのでワイヤレスのイヤホンも使えるし。防塵・防水機能が強化され、今まで日本人がガラケーで当たり前だったことが実現されたiPhone7は正当な進化を遂げたのではないかと思います。これでApple Payが利用できるようになったらと思うと今から楽しみですね。その時は改めてレビューします。

img_0105

Monster / Clarity HD Wireless購入

ついでと言ってはなんだけど、イヤホンもワイヤレスに。9/15に発売されたばかりのMonsterの1万円を切るお手軽価格のワイヤレスイヤホンだ。Bluetoothで接続するタイプなんだけど、充電は1.5時間で5時間の連続再生が可能。最近は8時間連続再生が可能なモデルも多いけど、iPhone 7に対応したイヤホンを聴き比べてみた結果、ClarityHD High-Performance Wireless Earbudsに勝る迫力のあるサウンドのものはなかった。(Lightningケーブルでアンプ内蔵したタイプのイヤホンが音圧があってよかったけど)

なぜ、ヘッドホンにしないかというと、私はお昼休みに会社の近所のコーヒースタンドや公園にぶらりと出かける時に音楽を聴く。そういった時にサッと取り出せて聞けるのはイヤホンだから。単純にそれだけの理由。

とにかくハウジング部分も大きいのでド迫力のサウンドが特徴的。接触ノイズもなく、歩きながらでも全く問題ない。もちろんマイクで通話することも可能だ。これは久々に良い買い物したなと思った。購入はeイヤホンさんで。Amazonとかではまだ売ってないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です