映画「オデッセイ」見ました!

自分ってつくづくSF映画が好きなんだなと思った。スター・ウォーズは言うまでもなく、プロメテウス、ゼログラビティ、インターステラーと最近観た作品はどれもSFばかり。もともとSF小説好きというのはあるけど、さすがに偏りすぎなので次は恋愛やコメディ映画でも見ようと思います。

さて、肝心な「オデッセイ」の感想ですが、これまた期待通りの面白い作品でした!物語は火星探査の宇宙飛行士6人のうち、たった一人で火星に取り残された男の話。演じるのはマット・デイモン。人間が世界で独りきりという孤独感と戦いながらときにはジョークを交え淡々と記録用のビデオにしゃべりかける演技が素晴らしいですね。

主人公は救助が来るとしても4年後、31日分しかない食料でどう生き抜くのか?科学の力を駆使してサバイバルする姿に刮目しましょう!本当に驚きの連続でございました。科学の力ってすごいです。映画は二時間半で物語の進み方は単調ではありますが途中流れるBGMにはABBAなど懐かしのディスコソング満載でなぜかノリノリな雰囲気に。(なんと先日亡くなったデヴィッド・ボウイの曲「スターマン」も挿入歌として使われていました!)

この映画を見て強く感じたこと。諦めないで困難と戦うことって大切だなぁと。絶望するようなことであっても、目の前にあることを一つずつ解決していけば、道は開けるということ。最近、自分も仕事で悩ましいことが多いんだけど、この映画から勇気をもらいました。「自分の人生を生き尽くせ、人生万歳!」Viva la Vidaですよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です