質問することの大切さ

仕事の話です。

最近会社にデザイナーの新人が入社しました。2社目ということで、まだ年齢も若くデザイナーとしての経験値も少ないのですが、とにかく好奇心が旺盛で業務のこと、会社のことなどいろいろと質問してきます。先日は一緒に外出したのですが道中では数分おきに質問をしてくるのでいささか話に疲れてしまいましたが、久々に新鮮な気持になり楽しかったです。

ふと自分の若いころを思い出しました。自分は入社したての頃は新人のくせにプライドが高く、先輩に質問することをためらいがちでした。結果、コミュニケーション不足から仕事で失敗をしてしまった苦い経験があります。その時しっかり反省して自分を正すことが出来たのですが、最近の若い人は自己完結型タイプが多いような気がします。皆頭も良くて仕事は出来るのですが、コミュニケーション不足から肝心なところが抜け落ちてたりする。

もちろん、人に頼らず自立しようという意識も大切だとは思いますが、こと仕事においては相手側の説明不足も大いにあり得るわけですから、トラブルを回避するためにも懸念される問題点や課題を出し尽くす必要があります。懐疑的な思考、好奇心が旺盛な人の方がトラブルも少ないですし、どんどん成長していくと思います。

また、上司から見れば自己完結型で他人とのコミュニケーションを面倒がる部下より、なんでも質問をしてくる部下の方が可愛く見えるもんなんです。なので若いうちの特権だと思って色々と上司に質問をするようにしてみてください。

何となく思ったこと書きましたが、新人が入ってきて嬉しいということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です