六本木・国展・ミッドタウン

連休最終日は家族4人でお出かけ。毎年恒例となりましたが国展での美術鑑賞をしてからミッドタウンで食事やショッピングをしてのんびりとした1日を過ごしました。

国展は知人が出展していることもあり招待状をいただいたら必ず行くようにしているのですが、そもそも国展については日本を代表する公募展ということしか知らなかったので改めて調べてみると、その歴史はかなり古く、1918年(大正7年)から97年も続く公募展だったんですね。第二次世界大戦が激化した1945年だけが唯一開催されなかったそうです。草創期には外国作家の作品も特別陳列していたとのこと。私たち家族はそんな歴史的背景や美術の蘊蓄などはお構いなしに、作品から得られるインスピレーションそのままに感想を口にしては感心したり、笑ったりして楽しんでいます。

展示されていた作品の中にイラストの余白部分に不思議な暗号のような文字列が描かれている作品がありました。少女とパソコンというモチーフを見てピンときた私。これはキーボード配列で英語や記号をかなに変換すれば文章の内容がわかるかもしれないから、とりあえず家に帰って暗号を解読してみようと写真を撮ってドヤ顔したのですが・・・。確認したらただの記号の羅列でした(笑)もしかしたら暗号のロジックが他にあるのかもしれないので一応写真のせておきますね。

IMG_3579

 

国展の後はリーズナブルで本格的なベトナムの味が堪能できる「PHO NAMU」で昼食したあと、ミッドタウンで買い物。メルボルンのオーガニックコスメで最近よく見かける「Aesop」やフルーツたっぷりのアイスバーで有名な「PALETAS」などのニューショップがオープンしていました。オーストラリアのメルボルンってオーガニックコスメや料理なんかでは有名な土地みたいですね。PALETASのアイスバーはフルーツがゴロゴロ入っていて美味しかったです。紙コップにアイスバーを入れて渡されたので最初は??と思ったのですがフルーツが多く入っているせいか崩れやすいのですね。そのほかIDEE SHOPでインテリアや雑貨を、ファーバーカステルや伊東屋さんで文房具を見たり。

久々に4人揃っての六本木は楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です