アメリカンスナイパー観ました!

昨晩、レイトショーにて話題の新作「アメリカンスナイパー」を観てきました。本作品の主人公はイラク戦争でアメリカ海軍特殊部隊「SEALs」の狙撃手として160人の武装勢力を殺害し「伝説」と呼ばれたクリス・カイルという実在する人物。彼がイラク戦争に従軍した自伝書をクリント・イーストウッド監督が映画化しました。

少しネタバレあり

映画の中ではクリスら祖国のために命を捧げる勇敢な兵士たちの姿だけでなく、イラクでの戦闘に疲れ戦争の意義に疑問を持つ兵士たちや、負傷した帰還兵、身体は無事でもPTSDに悩まされている兵士たちの存在が描かれています。イラク戦争で勝利したアメリカですが失ったものは相当大きかったのではないでしょうか。

従軍を終えて平穏な家庭にもどったクリスですが、ある帰還兵のPTSDリハビリのトレーニングで射撃場に出かけたときに、その帰還兵に射殺されてしまいます。味方を助ける為とはいえ160人を狙撃して命を奪ったクリスも因果律という宿命には逆らえなかったのではないかと思いました。そのときの様子は映画で描かれず、テロップでの説明とその後の彼の追悼のパレードやセレモニーの様子が映し出されそのままエンドロールとなります。当時の当事者たちは戦争が終わったことによるカタルシスを感じたのではないかもしれない。でも、現在シリアやイラクでは新たな脅威が起きているわけでそんな状況で多くのアメリカ人は何を思ったのかが知りたいですね。

そんな見る人よって全く異なる感想を生み出して議論を巻き起こす映画を作ってしまうクリント・イーストウッド監督は素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です