Star Wars: Commander

IMG_3175

スター・ウォーズ好きにはたまらないRTSゲーム

この「スター・ウォーズ:コマンダー(SWC)」というゲームはスマホで大人気の「クラッシュ・オブ・クラン(CoC)」というRTSゲームと同様のシステムですが、スター・ウォーズという世界を舞台に、帝国軍や反乱同盟軍のおなじみのキャラクター&メカが、所狭しと活躍する、まさにスター・ウォーズファンに向けた内容となっています!

詳しくはこちら

帝国軍か反乱同盟軍どちらを選ぶ!?

まず始めに、プレイヤーは帝国軍か反乱同盟軍のいずれかの陣営を選択してスタート。プレイはストーリーに沿って未ミッションをクリアするチャプターモードと、ライバルの基地を攻略する対人戦モードがあります。まずはチャプターモードを進めていくと、ゲームの仕組みを理解しつつ、軍備も整ってくると思います。

反乱同盟軍と帝国軍でユニットの優劣はありませんが、現時点では帝国軍を選ぶプレイヤーが多いため、帝国軍だと自分の基地への攻撃を受けにくくて、防衛バトルがほとんどないようです。対して反乱同盟軍は襲撃されることが多いようですので、防衛をしっかりやらないと、貯蓄した資源を奪われやすいみたいです。

対人戦はユニットの種類や、配置など戦局にあわせた戦術が必要

対人戦では、自分の強さに合わせてマッチ検索された相手側の基地を攻略します。制限時間の2分以内に、指令本部(CoCでいうところタウンホール)を破壊すると勝利となります。ユニットによって、攻撃する相手ユニットの優先度が違ったり、防衛陣地の構築の仕方で戦況もだいぶ変わってくるところが面白いです。

また、中盤以降は相手の防衛陣地も強化され、攻略も難しくなってきますが、スター・ウォーズでおなじみの、チューバッカやハン・ソロなどのヒーローユニットの他、ミレニアム・ファルコンや、TIEファイターなどの空軍が使用できるようになるので、強固な防衛陣地を一気に破壊することができるようになります。

IMG_3170

 RTSは生産をあなどるなかれ

バトルだけでなく、生産も重要なのがこのゲーム。ゲーム内の設備やユニットの生産にはクレジット(お金)と合金(資源)が必要となります。それぞれ生産ユニットがあって、蓄えたクレジットと合金はそれぞれの保管所に蓄積されていきます。この保管所が破壊されると、相手に資源が奪われてしまうので、これらの配置は特に気をつけましょう。

軍隊ユニットは兵舎と工場をアップグレードすることで、アンロック(使用可能)されます。さらにユニットを研究所でアップグレードさせ、ベースのスペックを強化することが可能です。生産されたユニットはトランスポートと呼ばれる場所に駐屯されます。

基本的に生産はクレジットや合金の保管所をレベルアップさせて、保管容量を増やしながら、製造所もレベルアップさせていく流れです。すべてのユニットや設備がアップグレードされたら、指令本部をアップグレードさせて、使用できる設備を増やしていきましょう。

IMG_3178

分隊で他のプレイヤーと相互支援

SWCには分隊という機能があって、最大50人からなる分隊に加入することで、相互にユニットをやりとりする機能や、分隊同士のバトルに参加することができます。といっても積極的にやってる分隊は少ない感じ。メンバー加入だけして、ROMするメンバーが多いようです。

クリスタルについて

基本的に課金なしで遊べますが、クリスタルを使用することでユニットの製造や精錬所などの建築スピードを早めることができます。 また、製造や建築にはドロイドが必要なのですが、最初は2体しかいません。これらを増やすことで、作業できるタスクが増やせるので、是非ともそうしたいところですが、これには相当数のクリスタルが必要となります。クリスタルはフィールド上にある瓦礫などを撤去したり、チャプターをクリアすることで、わずかですが入手することができます。

ゲームの感想

このゲームはランキング上位の人も無課金だったりするので、課金しなくてもかなり遊べることは間違いないと思います。戦略と戦術次第で戦況もかわるので面白いです。惜しむらくは帝国軍と反乱同盟軍のプレイヤー数バランスが悪く、圧倒的に帝国軍が多いという状況でしょうか。チャプターを進めていくソロプレイならば気にならないと思いますが、対人(PvP)では同盟軍は攻撃を受けることが多くなるでしょう。また、ユニットがあらぬところを攻撃したり、AIがちょっとマヌケでという評判のようです。これは将来的に調整されていくと思いますので気にせずプレイするしかないと思います。全体的にはCoCの方が洗練されていて、さすがだなと思います。

とにかく、スター・ウォーズのファンを楽しませてくれることは間違いなしです。突撃するストームトルーパーや、AT-ATを眺めるだけでも楽しいですし、ブラスターなどの音なんかも映画同様なので、気持ちが上がります!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です