WWDC 2014が開幕!OS X Yosemite、iOS 8などなど

アップルのWWDC 2014が6月2日より開幕。(日本時間3日午前2時より)キーノートスピーチでは新しい「OS X Yosemite」と「iOS 8」が発表されました。新機能盛りだくさんです!

OS X Yosemite(OS X 10.10)

osxyosemite

OS Xの名称は「Mavericks」から「Yosemite」へ!YosemiteではウインドウなどのUIがiOS 7と同じようにフラットデザインになりました。見た目だけでなく、アプリのモーションなども大幅にiOS化しています。

iCloudの機能強化として「iCloud Drive」も発表されました。これは、OS XでiCloudに保存した書類をDropboxのようにフォルダで管理が可能になります。OS X、iOS、Windowsのクロスプラットフォームで利用可能。

osx_design_view_finder

iOSとの連携も強化され、iPhone上で書きかけのメールがMacで続きが書けるようになります。さらにMacとiPhoneで通話が連携され、iPhoneの着信をMacで受けることも可能に!マイクとスピーカーで通話が可能になります。また、AirDropがiPhoneとMacで連携が可能になり、iPhone以外のSMSがメッセージに表示可能に!これは嬉しい機能改善です。

mac_and_ios_mac_phone

その他、通知センターもサードパーティーのウィジェットが追加できるようになり、さらに使いやすくなりそうです。SafariやMailアプリでも様々な機能追加がなされ、使いやすくなっています。

Yosemiteの正式リリースは秋。ベータ版は本日リリース。パブリックベータは夏よりリリース開始です。もちろん、無料です!!

iOS 8

iOS 8については、iOS 7とUIなどでの変更点はなく、iOSとOS Xとの連携機能など、機能向上がメインとなりそうです。サードパーティーアプリもiOSとの連携が強化されます。アプリ同士の連携はもちろん、コントロールセンターへのウィジェット追加やサードパーティーのキーボードなどが利用可能になるようです。

通知センターやメッセージアプリが大幅に機能強化。メッセージのグループ機能も便利そうだし、音声や動画をメッセージに挿入するのもワンタッチ。通知センターも通知バー上で返信などが可能となり、かなりインタラクティブに。

噂されていた「Healthkit」ですが、こちらはフィットネスアプリの情報をまとめる役割となりそうです。また、ユーザーの健康情報を医療機関のアプリへ連絡して警告などの通知を受け取ることが可能になるのだとか。

そして、まだ詳しくはわからないですが「Homekit」が発表されました。これは家の家電などを操作出来る機能です。たとえば監視カメラ、ガレージのドア、照明などがiPhoneのアプリやsiriでコントロール可能に。これは便利そうだけど、日本の家電は対応してくれるかな??

iOS 8の正式リリースは秋。ベータ版は本日より配布開始。

感想

その他、開発者向けに新しいAPIや開発言語「Swift」などが次々に発表され、あっという間に基調講演も終了。デベロッパーにとっても期待度の高い内容でした。さすがにMac、iPhoneと、ハード&OSを手がける会社だけあって、その相乗効果が存分に発揮されていましたね。クラウド化を推し進めるAppleですが、OS X、Macの存在価値もまだまだ高そうです。

期待されていたハードウェアの発表はありませんでしたが、お楽しみは、もうすぐだと思いますので楽しみに待つとします!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です