iTunes Matchのマッチング終了した!

ついに、日本でも始まったiTunes Match!だが、しかし・・・

一昨日、日本で開始されたiTunes Match。喜んだのもつかの間、サービス開始に群がった人々が同時に大量のファイルをアップロードし始めたせいか、ステップ2のマッチング作業がなかなか進まないという事態に陥りました。これは私だけでなく、周りの人々も同様で、3日目になっても終わらない人がかなりいると思われます。Twitterを眺めていると、作業が途中で止まった人の嘆きや恨み節であふれています。それにしても、25,000曲以上の大量の音楽ファイル持ってる人がこんなにも多かったのかと、正直驚きを隠せないですわ。(中には10万曲以上の猛者も・・・)

処理の原因となっているファイルを排除

そんな阿鼻叫喚とした状況のなかで、事態の解決に近づくべく有用な情報が多数出てきているので、作業が進まない人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

私が参考にしたのはスマートプレイリストにより進捗をモニタリング、止まっていると思われるファイルを対象外にして再度マッチングするというものです。

酔いどれオヤジのブログwpさん:

iTunes Match ステップ 2で止まっていたが、この方法でやっと利用できるようになりました

ちなみに、私はスマートプレイリストは使わずに、iTunesのミュージック内で破線で表示されている雲マークのファイルを念のためデスクトップにバックアップしてから、ローカル&iCloudの両方から削除して、iTunesをサインアウト。その後、iTunes Matchをオンにしてみたところ、一晩中、うんともすんともいわなかったマッチング作業が一瞬で終わりました。あの苦労は、なんだったんだ・・・(汗

unmatch

その後、待機中で止まっていたファイルたちを一度、iTunesからAACファイルに再エンコードしようと思っています。無事に全部アップ出来たら、次は低ビットレートのファイルを256kbpsにアップグレードしてみたいですね〜。いやいや、でも疲れた。。。

以上、途中報告でした。

追記:待機中のデータで詰まっていたと思われるデータがどれなのか、特定するのはできませんでしたが、削除した(退避させた)データをアイコン表示にしてアルバムアートワークが把握できる状態にして並べてみると、かなり昔にエンコードしたファイルのようです。エンコードに問題があったファイルなのかもしれませんね!

追記:そういえば、一番気になっていた、アーティスト名、ジャンル名を英語で運用していた人、ご安心ください。勝手に日本語に置き換わることはありません。削除していたファイルは日本語でダウンロードされますが、使用中のファイルはそのままです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です