【速報】AppleがBeatsを3000億円で買収

apple-beats-music2

かねてより噂されていたAppleによるBeatsの買収ですが、30億ドル=3,000億円というAppleとしてはかつてない、多額の買収金額で実現した模様。Beatsはヘッドフォンで有名な会社で日本でもコアなファンが多いと思います。海外では有料サブスクリプションタイプの音楽配信サービスもてがけています。

買収で一番気になるのは、Appleがどういう形でBeatsを扱っていくかですよね?ブランドとして残すのか、配信サービスも含めて完全に吸収してしまうのか??

Beatsのアイコンとも言える二人、ドクター・ドレとジミー・アイオヴィンですが、そのままAppleに入るらしいです。でも、個人的に気になるのはイアン・ロジャーズです。この人も音楽業界ではかなり顔が広い人なんです。ドレとアイオヴィンはWWDCに登場して華々しい音楽イベントでもやりそうな雰囲気。

個人的に思うのは、AppleはBeatsの音楽配信やヘッドフォンの技術というより、ブランド力を買ったということだと思います。海外ではiTunesで大きなシェアを持つAppleですが、サブスクリプション型のビジネスモデルのSpotifyや、Pandraに対抗していかなくてはなりません。さしあたり、ドレとアイオヴィンという知名度と影響力のある二人を起用して、ブランド力を強化して乗り切っていこうという考えなんでしょうね。もちろん、ブランドエンゲージメントの高いBeatsの顧客達も獲得できるわけですから、Appleにとって3000億円は、決して高くない買い物だということです。Appleとしては「大きな発表」にしたいはずですし。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です