文句を言う前に

最近、アップルのアプリのレビューで言葉の酷さが目につくようになった。課金されたはずなのに再請求された「金返せ!詐欺!」とか「ユーザー様なめとんのか!」みたいなの。もちろん、アプリに原因があるとは思うけど、貴方はリアル店舗でもそんな言葉で、店員に食って掛かっているのでしょうか?

昔からネットでは匿名性が高いから、一方的な物言いで相手を不利にさせるような人がいるけど、それはフェアじゃないと思う。もちろん、不具合の多いアプリに対しては忌憚ない意見が必要だが、他のユーザーも必ずしも同じ状況になるとは限らない。何が原因なのか、報告してきちんと解決に向けて収束させるべきだし、本当に気に入らないなら「返金」だって応じてくれるのだから。

アップルでは下記のようなオンラインレポートの窓口があるので、是非活用してほしいと思う。自分も購入後、利用できなかったアプリに対して何度か返金対応をしてもらっている。文句を言う前に出来ることやってみましょう。自分の利用環境にも何か問題があるかもしれない。致命的な問題に関する情報共有は大切だけど、自分の怒りを撒き散らす場所ではないはず。レビューとは評論・論評という意味だということを忘れないでほしいものです。

アップル:問題を報告する(要Apple IDサインイン)

https://reportaproblem.apple.com

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です