42

IMG_8106

また一つ歳をとってしまった!

平日ですがステーキ焼いてもらいました。早いものですが、あっという間に人生も折り返し地点を通過。仕事も自分の裁量で好き勝手やらせてもらっている感じですが、何事も広く、深く追求していきたいですね。まだまだ、これからが本番。覚えること、勉強することもいっぱいあるんです。もちろん、仕事以外でもいろいろなこと楽しみたいです。

まだまだ未熟な自分ですが、齢70歳を過ぎても現役で仕事を続けていらっしゃる人生の大先輩で、心より尊敬する方が好きな詩があるので、ここで紹介します。サミュエル・ウルマンという詩人の「青春の詩」です。私もこの詩がとても好きです。

「年齢」とともに「肉体的」な「衰え」は避けられませんが、「精神」というものは「目的」や「夢」を持ち続けることで、いつまでも若々しくいられるものだ、という解釈をしています。

青  春

原作 サミュエル・ウルマン

邦訳 岡田 義夫

青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や狐疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰(せいしん)、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる、希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)いつくし、皮肉の厚氷がこれを堅くとざすに至れば、この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です