Office for iPadがついに登場

マイクロソフトが新戦略発表会で「Office for iPad」を発表

噂されていた「Office for iPad」がついに登場しました。アティヤ・ナデラ新CEOがマイクロソフトの新戦略発表会で紹介し、同時に世界135カ国でリリース。アプリは無料でダウンロードできるとのことですが、利用にあたってはOffice 365への加入が必要。

iPad向けに一から作られたアプリ

このOffice for iPadは完璧にiPadに最適化されていて、ルック&フィール、タッチ操作などを実現。マイクロソフトいわく「iPadのためにデザインされた、まごうかたなきOffice」とのこと。

日本での利用は先送り

素晴らしい、早速試してみようと思ったら、なんと日本では提供が先送りに。個人向けのOffice 365が利用できないことと、日本ではオフィスはプリインストール版の需要が高いためだからとか。じつは海外のOffice 365とApple IDがあれば利用できるとのことですが、日本語などの表示は問題ないそうですね。

それにしても、Microsoftが大胆なマルチプラットフォーム戦略に打って出ましたね。これからはパッケージではなく、サブスクリプションやサーバーOSが主力になるのでしょうか。10年前では想像も出来なかったことがここ数年で巻き起こってますね。

マイクロソフト:Officeブログ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です