CHVRCHES – The Mother We Share

昨年の夏頃から日本でも人気急上昇中、グラスゴー出身の3人組バンド「CHVRCHES」。ボーカルのローレンが可愛いとネットでも評判ですが、彼女は大学時代は法律を専攻し、ジャーナリズムの修士号をもつ才女。音楽活動をする前はフリーランスのジャーナリストとして活動をしていたそうです。ネット上で彼女の論文や、他のアルバムのレビューなどの和訳を読みましたが、思考がとても理論的で、随所に見られるウィットな表現は、とても頭の良い人なんだろうなと感じました。なんて、彼女のバックグランドとか書いてみましたが、私も彼女の天使のようなルックスと透明感のある歌声に魅了された一人なワケで(笑)あと、バンドのローファイでフラットなサウンドも没入感があって良いですよね。(←とってつけたw)

現在、来日中の彼らですが、今年のサマソニにも来てくれると良いな!

chvrches01

CHVRCHES(チャーチズ)

グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)で結成した3人組バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。2013年3月、配信と12インチシングルで『リカヴァーEP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。海外ではデペッシュ・モード、トゥー・ドア・シネマ・クラブのサポートを務め話題沸騰中。同年7月、日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。(via:hostess)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です