DropboxからBoxへ移行

box_ios_blogimage_1

キャンペーン中につき、無料50GBのストレージがもらえる!

オンラインストレージサービス「Dropbox」を2年間使い続けていましたが、最近、「Box」というサービスに乗り換えてみました。シンプルで使い勝手が良かったDropboxではありますが、容量は無料で2GB。さらに友達に紹介したりSNS連携することで、最大16GBまで無料にて拡張が可能です。自分は頑張って4GBまで増やしました。しかし、Boxというサービスは、最初からいきなり10GBがフリー。しかも、1月15日から30日間内にiOSアプリをインストールしてアカウント作成すれば、50GBものストレージが無料で獲得出来てしまうというのだから太っ腹です。

容量だけじゃない使い勝手の良さ

今回のキャンペーンは、新しいiOSアプリのアップデートを記念したものらしいのですが、試しにiPad miniにアプリをインストールしてみたら、すごく使い勝手が良いので驚きました。DropboxもiOS7の登場に合わせてアップデートされましたが、Boxのほうが断然使いやすいです。Boxは100以上のファイルフォーマットのプレビューが可能で、レンダリング速度の向上以外にもドキュメント内の検索など機能も充実しています。個人的にはエクセルファイルの表示がレイアウトも崩れず、とても綺麗だったのが決め手です。

Boxの特徴まとめ

  1. 共有の設定が簡単。ファイルやフォルダ単位で細かく指定が出来る。
  2. PDFやOffice系の書類の再現度が高い。
  3. 連携するパソコンやスマホのアプリも充実。
  4. 共有するメンバー(コラボレーター)の管理が楽である。
  5. ファイルやフォルダの文書内のリアルタイム検索が可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です