感染遊戯 – 誉田哲也

最近はネットもせずに読書とドラクエ三昧でした。先日、iBooksで「感染遊戯」がリリースされていたので早速、一気読み。本作品は姫川玲子シリーズのいわゆるスピンオフと位置づけられている作品で、時系列的にはブルーマーダーを先に読んだほうが良いのかなとも思ったけど、電子書籍は文庫の値段で読みたいので仕方がないのです。

以下ネタバレあり

本作品の主人公はもう完全にガンテツ。今までは姫川を目の敵にして口汚く罵る嫌な存在ではありますが、ベテラン刑事としての直感力と不惑な行動で事件のヤマをガリガリと切り分け、ときには違法な捜査をさらりとやってしまうダーティーさがカッコ良かった。シリーズの主役である姫川は完全にサブキャラ扱いとなってて、ガンテツの嫉妬(?)の対象程度の描かれ方ですが、そのおかげでガンテツの個性が際立ちましたね。

それにしても誉田哲也は面白い。ぜひ読んでほしいと思うので詳細は書きませんが、チャプターが進行していく中で少しづつ繋がっていく数々の殺人事件と、最後の予想外のラストの展開に驚くことでしょう。本シリーズと違って扱う事件が多すぎるので、個々の描き方はちょっと薄い感じはしますが、よくまとめあげたなぁと関心しきりです。最後のオチも良かったですしね。

さて、あとはブルーマーダーを読んで姫川シリーズはコンプリート。その後はジウに行くか伊坂作品にいくか迷っています。個人的には推理モノというより刑事物が好きみたいだ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です