iPad mini Retinaを3日間使用してみました

IMG_7171

iPad mini Retinaが到着して、実際に使い込んだのは正確には2日間半ほどですが、気になったこと、感じたことをまとめてみたいと思います。

気になるディスプレイ

一番の特徴はRetinaディスプレイになったこと。前モデルと並べて比較すれば圧倒的に画質が向上し、小説などの活字は以前よりぐっと見やすく、写真も綺麗に表示されるようなったと感じます。よく利用しているEvernoteの文字が小さくて見づらいのですが、細い文字の視認性が向上して目に優しくなったと思います。これは間違いなくRetinaにして良かったなと思いました。

そんな素晴らしいRetinaではありますが、採用されていてるIGZOディスプレイが他社製品と比較してクオリティが低いとの話が。(比較機種と解像度が違うけどね)不安に思っている人も多いとは思いますので、あえて書きますが色・画質は気になるような問題はありません。しかし、残像問題(チェックの模様を長時間映したあとに画面を切り替えると残像がうっすらと残る)は自分のiPad miniでも確認しております。この残像はすぐに消えますし、通常の使用で影響があるわけでもないので、現状は気にしないで使用してみようと思います。

A5からA7への劇的進化!

使用していて大きく変わったなと感じたのは動作速度です。最新のA7チップを搭載しているので、前モデルより高速かつパワフルに動作しています。「CPUは最大4倍、グラフィックパフォーマンスは最大8倍も高速」というのは誇大な宣伝ではありません。画面の切替え、マップやiBooksの電子書籍の読み込みなども早くなりストレスを感じないのは嬉しいです。

重さについて

他のレビューを拝見していると変わらない、重さの違いがわからないという方も多いのですが、私はすぐにわかりましたね。気持ち、重たくなってます(笑)しかし、元々があの軽さですから、まったく気にならないレベルの話です。

その他

Wi-FIは2本のアンテナを組み込んだMIMOテクノロジーを採用して高速になったとのことですが、元々の回線速度以上に速くなる魔法ではありません。あくまでも体感的な話になりますが、以前よりはレスポンス、通信品質は向上したと思います。

残念だった点

Touch ID機能を期待していたのに、搭載されなかったのは残念です!

まとめ

iPad Airと比較が難しいという意見もありますが、私の場合はiPad Airは自宅でネットサーフィン、読書、ゲームなどエンターテインメント用の端末として使用しています。iPad miniは完全に仕事用です。あのサイズはB6サイズの手帳のように手に持って歩きやすいですし、カバンの中に収納するにはピッタリなんです。アクティブに持ち運ぶなら絶対にiPad miniだと断言したいと思います。

あと、iPad miniのスペースグレーの質感が好きです。なんというか男が好きな雰囲気を醸し出しています。そしてiPhone 5s同様にAppleロゴもクッキリと美しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です