スティーブ・ジョブズ1995見ました

AppleTVにて「スティーブ・ジョブズ1995」見ました。AppleTVは、今見たいと思った瞬間に、ベッドの中でも、ソファーの上からでも映画が購入出来てしまうのが素晴らしい。もちろん映画館も好きだけど、この視聴スタイルは素晴らしい。トイレに行くときも一時停止できるからね!

閑話休題、この映画は現在公開中のアシュトン・カッチャー主演の映画ではなく、本物のジョブズが登場するドキュメンタリー映像。アシュトンの方は今夜にでも見に行く予定ですが、最初にこちらを見ておくことにしました。見比べてみての感想も書いてみようと思います。

さて、本編は失われたと思われたテープがガレージから見つかり、それをリマスターしたものだそうですが、元はVHSなので映像の画質はさすがに悪い。登場するジョブズはAppleに復帰する1年前。Apple社を追われてNextを立ちあげ、ピクサーの買収などビジネスの成功と失敗を繰り返してきたジョブズは、髪も長く、さながら賢者のような風貌です。

インタビューでのジョブズはとても落ち着いていて、その言葉全てに自信が満ち溢れていました。インタビュアーが時折、間違いを指摘すると皮肉笑いを浮かべて切り返し、ブルーボックスの話やMacのチームの話をするときは無邪気な子供のような笑顔をみせたり。かと思いきやマイクロソフトやIBMについての話になると、さも神妙な顔つきで痛烈に批判してみたり。大抵の受け答えは目もそらさずに素早く出来るのに、ジョブズの信条に関する問いかけには、しばらく下を向いて沈黙し、その後、顔を上げてドヤ顔で話はじめるあたり、ジョブズは役者だなぁと思いました。まさにジョブズ節満開のインタビューです。とても楽しめました。これは永久保存版にしよう!

1995年夏、PCの誕生に関してのドキュメンタリーTVシリーズ” The Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires “の制作中、番組スタッフはマスコミ嫌い、インタビュー嫌いで知られるスティーブ·ジョブズとの貴重なインタビュー取材を実現させたものの、番組内ではそのインタビューのほんの一部のみを使用、残りのフッテージを収録した1インチテープマスターに関しては消失してしまっていた。
2011年のジョブズ死後、監督のガレージからそのインタビュー映像が収録されたVHSテープが偶然発見され、そのVHSテープを修復、HDマスター化し、この奇跡的ともいえるスティーブ・ジョブズの単独インタビュー映像が18年ぶりに甦った。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です