清須会議 – 三谷幸喜

「清須会議」見ました!といっても映画ではなくて、小説のほうです。

映画はそのうち見に行こうと思っていたのですが、たまたまiBooks Storeで三谷幸喜監督の小説を発見。サンプルをチラ読みしたら、衝撃的な面白さにポチッと買ってしまいました(笑)

以下ネタバレあり

物語の内容は史実にある「清須会議」。本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれたあと、織田家の家臣による家督問題を決定するために清須で行われた5日間におよぶ会議であります。

登場人物は織田家の老中筆頭である柴田勝家、信長の仇を討って武勲をあげた羽柴秀吉、勝家の親友でもある織田家臣団古参の丹羽長秀と、おなじく老中古参の滝川一益ら4人をはじめ、明智光秀亡き後に新たに老中に加わった池田恒興や、勝家の家臣である前田利家、秀吉の参謀である黒田官兵衛、そしてお市の方や寧などの女性陣など歴史上の錚々たる人物たちばかり。

して、その内容はといえば、いきなりの現代語訳。そして歴史を無視した内容。今までの歴史物語が好きな人からは非難轟々が出そうではありますが、とにかく三谷幸喜がこれでもかといわんばかりのユーモアと、コミカルな人物描写で清須会議の心理戦を面白おかしく仕立てています。この展開で大丈夫か?と途中不安になりながらも、気になって読み進めていってしまうのは三谷幸喜のストーリーテラーとしての才能でしょうか。映画だと思って読むと、実に楽しい物語でした。

これは、映画は絶対に見に行かないと。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です