盛りだくさん、Appleの新製品発表イベント

iPad、iPad mini、MacBook Pro、MacProなどの新しいハードウエアの発表と、フルリニューアルされたiLife、iWork、そして無料になったOS X Mavericksなどなど、かなり盛りだくさんな内容でしたね。さすがにOne more thingはありませんでしたが、十分見応えのある内容だったと思います。個人的にはすぐさまMavericksインストールしちゃいたいです。(しました。)

本日の発表ではティムのスピーチが今までよりさらに力強く感じられました。そしてクレイグやエディ・キューの登場も増えて存在感が増してきましたね。チームで連携がしっかりとれている、そんな印象を受けました。

スリムで薄いiPad Air登場!

hero

まず、AppleのウエブサイトのHTML5を使ったアニメーションがすごい(笑)まず、一番の特徴としては筐体のデザインがiPad miniのようになって、スリムで薄型になったこと。わずか7.5mmの厚さは500グラムを切る軽さを実現しています。これは、miniとの差別化が微妙になった気がする。そして、iPhone 5sと同様にA7チップとM7チップも搭載してよりパワフルに。モデルはWI-FIとセルラーそれぞれにスペースグレイとシルバーの2色、容量は16GB、32GB、64GB、128GBの4モデルがあります。11月1日発売で¥51,800から。

Retina搭載となったiPad mini

overview_hero

ついにRetinaディスプレイを搭載したモデルが登場です。7.9インチのディスプレイで、2048×1536ピクセル、326ppiの高解像度。ハッキリ、クッキリ見えるって素晴らしい。A7チップとM7チップを搭載しています。モデルはWI-FIとセルラーそれぞれにスペースグレイとシルバーの2色、容量は16GB、32GB、64GB、128GBの4モデル。こちらは11月中の発売で¥41,900から。

MacBook ProもRetinaディスプレイを搭載

gallery4_2256

インテルの新しい第4世代モバイルプロセッサを搭載したことで、さらにパワフルに、そして省電力化を実現しバッテリーでの駆動時間も9時間となりました。スタンバイなら30日間。グラフィックスもIntel Iris Graphics搭載でより滑らかで高速に。Wi-Fiも802.11acに対応していますよ!

MacProも忘れちゃいませんぜ!

macpro

いつ発売になるのかと気になっていましたが、12月発売で決定したようです。こちらは米国製を強調していましたが、お値段は4コアが¥318,800で、6コアが¥418,800です。

その他、OS X MavericksやiLife、iWorksなど

OS X Mavericksが本日からダウンロード開始。驚いたのは無料での配布ということ。AppleはOSなどの浸透させ方が上手ですね。WindowsやAndroidに比べると最新OSへのアップグレード率が非常に高い。Mavericksは大きな変更はないけれど、全体的にとても洗練されたOS Xになりました。

iBooksがMacでも使えるのもうれしいですね。そして、カレンダーや地図のデザインもシンプルになってiOSとの調和が素晴らしい。忘れてはいけないのが、今回のアップデートまでおあずけだったiCloudキーチェーン。これが利用可能になりました。地味に便利な機能ですので後日記事にしてみたいと思います!

mavericks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です