ストロベリーナイト観ました!

AppleTVに「ストロベリーナイト」登場!

映画「ストロベリーナイト」をAppleTVでレンタルして見ました。この映画は誉田哲也さんの刑事モノ小説「姫川玲子シリーズ」の「インビジブルレイン」という作品が原作になっています。(ちょっとややこしいね)キャスティングはフジテレビのテレビドラマ版とほぼ同じ。

結論から言うと、面白かった!

映画は原作と違う部分もあるので、原作ファンには賛否両論があると思いますが、私は映画と割りきって見るタイプなので気にしません。映像作品は映像や音響が大事な要素。役者の表情や声で何を伝えたいのかがハッキリとわかる。役者冥利につきるという部分ですよね。竹内結子さんが演じる姫川の時折見せる悲しげな冷たい瞳は惹きこまれるものがあります。菊田役の西島秀俊さんの無言の演技。これまた男前です。

そして、ストーリーもテンポよく展開していたし、脚本も良かった。原作の重厚な警察組織の描き方、時折混ざってくる井岡ちゃんのコミカル要素もちゃんと表現されていましたからね。最終的に姫川班最後の事件となり、エンディングも姫川らしくサバサバしていたので、ちょっと寂しい気持ちになってしまったけど、原作の方も続編があるし、もしかしたら映画も期待出来るかも!?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です