Apple製品の値上げについて

アベノミクスの影響とニュースでも取り上げられるApple製品の値上げ

円安の影響により、多くの輸入品が1〜2割程の値上げという状況になっているわけですが、ご多分に漏れずApple製品もiPadやiPodなどが価格改定となり値上がりしました。

突然の価格改定だったので、銀座のAppleストアでは店員に詰め寄ったお客さんもいたそうですね。Appleが今までに事前の告知をしたことなんてあるはずもないので、仕方がないと思う反面、(昨日買った人が一晩にして旧機種になるとか思えば、まだね・・・)せっかくiPadに興味をもった新規のお客さんには納得出来る値上げではないことも確か。きちんと説明する必要は企業として求められそうです。

下に週間アスキーさんの表を転載。80円台から100円になるって、こういうことだと客観的にわかって見やすいですね。日本って相当安くなっていたんですね!

下の方にあるMac製品はどうなるでしょうかね。利益幅が大きい商品はすぐには為替想定レートは変更しないかもしれませんが、アセンブリなどを一部北米に移行すると計画しているApple製品は今後もう一段階値上げする可能性はありそうです。

気になるのはアプリなども値上げになるのかということ。85円のアプリが100円に戻ることも十分に予想されます。アプリはまだ納得出来るのですが、元々が割高な楽曲の販売価格は据え置いていただきたいですよね。20130513_it_price03_c_cs1e1_x1000

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です