シンメトリー – 誉田哲也

このシリーズ、結構ハイペースで読んでいる・・・。んー。すっかり「姫」のファンになっているのかもしれない。誉田作品はとっつきやすい。物語のテンポの良さでグイグイと引き込まれるし、短編集だから気負わずに読めるところが良いですね。

個人的には、猟奇的な殺人事件の、異常な犯人とのサイコメトリックな駆け引きよりも、人間ドラマを感じさせる群像劇のほうが好き。本作品は姫川刑事だけでなく、脇役たちにもスポットがあたっていて楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です