ワン・デイ 〜23年のラブストーリー〜

アン・ハサウェイ演じる真面目な女性エマと、ジム・スタージェス演じるプレイボーイのデクスターの23年間を描いたラブストーリー。

iTunesのランキングで上位にランクインしていたので観てみました。

感想・思ったことつらつらと書いてみます。
以下ネタバレあり。

23年間、7月15日だけでラブストーリーが描けるのか?

物語の主人公エマとデクスターは互いに惹かれながらも、恋人にはならずに友情を選び、毎年、二人の出会った記念日である7月15日に会う約束をする・・・。ここで皆同じ事を思ったはず。二人とも23年間よく予定が空いてたなと。(実際は電話だけのときもありますが)しかし、そんな細かいツッコミはさておき、この7月15日を切り取って、23年間という長い時間を描くことで物語に深みが出たと思うのです。二人だけに焦点をあてずに、互いの仕事や恋愛など、環境の変化や出会う人達を織り交ぜることで、お互いの存在感や必要性がより際立ちました。

なぜ、すぐに付き合わなかったのか?

離れていても心はずっと通わせていた二人。では、なぜすぐに付き合わなかったのでしょうか?それは・・・二人共、大切な関係を壊したくなかったからですよね。付き合っていればすぐに関係が終わっていたかもしれない。そうなりたくなったからこそ、エマは恋愛関係にしなかったし、その気持をデクスターもわかっていたんですよね。

エマにとってのデクスター

プレイボーイで、ノリの軽いデクスター。女性は敬遠するタイプだと思うのですが、なぜエマはそこまで惹かれたのか。コメディアン志望のイアンはエマを誰よりも愛してくれていましたし、ピアニストの新恋人もイケメンで魅力的だと思います。でもデクスターは特別だった。その理由は3つあると思います。

1つ目は作家を目指すエマも共感出来る、繊細な感性の持ち主だったから。出会った日のやりとり、聖人の日の話。ちょっとふざけているようでも、なかなかのロマンチストだと思います。2つ目はいつも笑いを忘れないユーモアの持ち主。元恋人のイアンは、コメディアンなのに彼女を笑わすことが出来なかったと、最後に語っていましたが、デクスターと一緒のエマはいつも笑顔でしたよね。エマを心からリラックスさせるのはデクスターでした。3つ目は、女性がの母性本能をくすぐるような無邪気さ。失敗したり、ヘマをやらかすようなデクスターはエマには放っておけない存在だったのだと思います。これら3つがデクスターが特別な存在となった理由だと思います。

エンディングには賛否両論

他の人の感想を見ると、エンディングに関しては完全に賛否両論のようです。やっと一緒になることができた二人なのに、あまりに突然に、悲しい別れが訪れるからです。個人的にもハッピー・エンディングになってほしかったけど、最後に、初めて出会った日の二人のやりとりが回想されていくシーンにとても感動しました。あのシーンがあってこそ、どうして二人が23年間思い続けられたのかがわかるような気がしました。なので、映画のエンディングとしてはすごく良かったと思います。

PS.最後のエンドロールで、聞いたことのあるオジサンの歌声が聞こえてきたと思ったら、コステロでした。ノッティングヒルの恋人でも主題歌を歌っていましたね。コステロ=ラブロマンスという図式が定着しているのでしょうか?

アン・ハサウェイ、ジム・スタージェスの共演で、ロンドンとパリを舞台に23年間に及ぶ男女の愛の軌跡を描いたラブストーリー。監督は「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ。しっかり者のエマと自由奔放で恋多きデクスターは、互いにひかれ合いながらも友人でいることを選び、親友として毎年7月15日を一緒に過ごすと決める。旅行や恋愛相談など友人としての交際を続けながらも、エマは秘かにデクスターを思い続けていたが、あるときデクスターから別の女性と結婚することを告げられ……。

Pocket

「ワン・デイ 〜23年のラブストーリー〜」への2件のフィードバック

  1. annaさん、コメントいつもありがとうございます!
    お時間のあるときに、ぜひ。最後の20分、目頭が熱くなりますよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です