自分らしい住まいかた。 – PEN

PENの2012年11/15号は「自分らしい住まいかた。」特集。人々の理想とする住まいについて、デザイナーズハウスから中古マンションのリノベなど国内外の事例を数多く紹介しています。

この中で自分が素敵だなと思ったのはIDEEのプレスの大橋さんが住んでいる築40年のマンションの部屋。家具や調度品などがこれまた見事に馴染んでいて、センスがとても良いです。ご本人曰く「置かれたものがばらばらでも、そこに通じる空気感にその人らしさが出てくるもの」これを聞いて、その通り!と思わず唸ってしまいました。

やはり、あからさまに同じスタイルで、いかにも◯◯の家具で揃えましたというよりも、なんとなく、それぞれは年代も様式も違うんだけど、全体として調和がとれいている方が、落ち着くと思うのですよね。住まいのトーン&マナーを大切にしたいと考える自分としてはとても共感いたしました。

そして、大橋さんの部屋の写真では、壁を一面だけブラウン系に塗ってあったのですが、これまたツボで、自分も以前より壁を一面だけ塗装するか、クロスを貼るかしてみたいと思っていたのでした。グリーン系か、茶系か悩むところですね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です