これが私の優しさです 谷川俊太郎詩集

何かに行き詰まったり、気持ちを入れ替えたいときには、大抵は音楽を聞くか、詩集を読むことにしている。いわゆる小説というものは心に余裕がないと読めないものだけど、詩は音楽に似ていて、自然に心に響いてくれる。私は何かを感じたいときには、谷川俊太郎さんの詩集を適当にピックアップして読んでいる。谷川詩集には優しさと心を透明にする魔法があるからです。

谷川詩集で好きなのは初期の頃の作品で「二十億光年の孤独」や「62のソネット」など。この「これが私の優しさです」には、そんな初期の作品の他、代表作が数多く収録されているので、谷川作品に初めて触れるにはおすすめの一冊だと思います。

そして、より谷川詩集を好きになりたい人は、このDVDを見ることをおすすめします。本人の朗読や、半生を語る貴重なインタビューが収録されています。谷川俊太郎の優しくて透明な言葉の秘密もこれを見て納得です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です