映画プロメテウス感想(ネタバレあり)

昨晩、リドリー・スコット監督の映画「プロメテウス」を見てきました。

人類にとって、「人類創世」こそが最大の神秘であり、未だ多くは謎である。その人類の起源が、じつは遠く離れた銀河からやってきたとしたら?

映画「エイリアン」の前日譚というだけでなく、SFやサイエンスファンをも惹きつける「人類創世」をテーマにしたこの映画、エイリアンシリーズとは直接の関連性はないけど、世界設定もほぼ同じ。スペースジョッキーやフェイスハガーのような寄生生物、ウェイランド社など、シリーズを見てきた人たちには馴染みのあるものばかり。上映中に「これは・・・」と思うようなシーンも多くて楽しかったです。

以下ネタバレを含みますので、ご注意ください。

この映画を見ていて感じた疑問や謎について考えてみます。

エンジニアの目的は?

まず、冒頭でエンジニア(地球人にそっくりの異星人)が、自らの肉体を損壊させ、その肉体が川に流れて有機生命体が誕生するというシーンは、とくに地球という設定ではないそうですが、エンジニアが様々な星でこのような実験を行なっていたのではないかという風に考えられます。そして、この理由はいくつか考えられると思うのですが、例えば、彼らの母星に環境破壊などの危機が迫り、他の惑星で自分たちのDNAを使った生命体を育ててモニタリング、環境に適応できるのかをかを見極めていたとか。だから、人類が育ったのを確認して、彼らを滅ぼし、自分たちが移住しようとしたのではないでしょうか?

メレディス・ヴィッカーズは人間?

劇中で船長が冗談で「あんたはロボットか?」と聞いていましたが、その後の沈黙した時間や、そのパーフェクトな容姿から、もしかしてアンドロイドなのかと思った人も多いのではないでしょうか?これについてはどちらでも良いと思いますが、ウェイランド社の社長と対面したときに、人は一代で終わったほうが良いというセリフのあと、二人が少し涙ぐんでいたようなシーンから、私は彼女が過去に亡くした娘をそっくり模倣した(もしくは脳を移植した)アンドロイドなのではないかと思いました。社長と年が離れすぎているのも不自然ですし。だから、プロメテウスの続編ではもう一回出てくるのではないかと期待しています。

ウェイランド社の目的は?

ウェイランド・コーポレーション(ウェイランド湯谷社)はエイリアンシリーズで何度か出てくる巨大複合企業。過去の作品を見た人ならなんとなくわかっていると思うのですが、「エイリアン」を地球に持ち帰るためには人の命よりもそちらを優先するブラック企業です。社長自身は地球人より高度なテクノロジーを持つエンジニアに不老不死の技術を期待していたようですが、アンドロイドのデビットはもっと別の目的で動いていたように思います。恐らく、ウェイランド社はバイオテクノロジーによって、新しい生命体を誕生させ、アンドロイド事業よりさらに巨万の富を築きたいのではないでしょうか。

ショウ博士とデビットはどうなる?

ショウ博士はエンジニアの母星に行き、人類創世の理由と、なぜ人類を滅ぼそうとしたのかという理由を知りたいということですが、アンドロイドのデヴィッドの存在は宇宙人の言語をしゃべれる翻訳機としてなんでしょうね、良く考えられている。気になるのは宇宙船で生存していたエンジニアと対面したとき、最初は静かにしていたのに、デビットがしゃべりはじめた途端に怒りだしたというところです。映画のタイトルであるプロメテウスとはギリシャ神話に出てくる神で、人類を作り、彼らに火を与えたそうですが、それにより文明が生まれ、それを怒った神ゼウスがプロメテウスを磔にしたという。エンジニアがプロメテウスなのか、それともゼウスなのかわかりませんが、もしかしたらアンドロイドのデビットの存在が神の領域に人間が足を踏み入れたと受け止められてしまったのか。人類を滅ぼそうとした理由は別にあるのかもしれないし、そもそも滅ぼそうとしたのではないのかもしれません。

続編の製作決定

いろいろと勝手に想像してみたわけですが、いささか消化不良の感もあるこの映画。もう少し人類の謎を描いてくれても良かったのにねー。と思っていたら続編の製作が正式に決定したようです。これだけの伏線をどこまで回収してくれるのか、またエイリアンシリーズとの接点が生まれるのか?今から楽しみですね!

エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、精巧なアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、砂漠に広がる明らかに人の手により造られた遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れる。しかしその惑星では地球の科学では計り知れない異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかる……。

【関連リンク】
公式サイト:http://www.foxmovies.jp/prometheus/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です